競馬 - チャンピオンズカップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月1日(日)

11R

2019年12月1日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第20回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はクリソベリル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.52.1

デビューから5戦すべてを圧勝しているダートの新星。夏のジャパンダートダービー(交流G1)を制して3歳最強を証明し、秋初戦の日本テレビ盃(交流G2)では古馬を一蹴した。全兄にクリソライト(ダート重賞6勝)、叔父にアロンダイト(3歳でジャパンCダート制覇)を持ち、血統的な魅力も十分。計り知れないポテンシャルを秘めており、古馬の一線級相手でも楽しみは大きい。さらに連勝を伸ばし、無敗のまま頂点に上り詰める。

○対抗はゴールドドリーム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.1

一昨年の当レースを含めてG1・5勝を挙げており、このメンバーでは実績上位。今年も春のかしわ記念(交流G1)でインティらに快勝するなど、トップクラスで活躍している。前走・南部杯(交流G1)は球節炎からの復帰戦で本調子ではなかったものの、3着を確保。ひと叩きされて順当に良化しており、改めて期待したい。

▲単穴はチュウワウィザード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.1

ここまで13戦して(8.3.2.0)と複勝率100%。前走のJBCクラシック(交流G1)を制して初のビッグタイトルを獲得した。脚質に自在性があって末脚も堅実。本格化した今なら、中央G1タイトルにも手が届きそうだ。

△抑えはインティ。△穴はオメガパフューム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

実績上位、ゴールドドリーム

2013年まで「ジャパンCダート」として行われ、翌年「チャンピオンズC」と改称された。同時に舞台も阪神から中京に移った。今年は外国馬の出走はないが、統一ダートG1・5勝のゴールドドリーム、デビューから無傷の5連勝中のクリソベリル。さらに今年のフェブラリーSを勝利したインティなど、下半期のダート王者決定戦にふさわしい16頭が集結した。

過去10年、連対馬は1-5、1-8、1-5、6-3、3-6、2-8、12-3、6-1、8-1、1-8番人気で決まった。上位1〜3番人気は6、1、3連対の成績。1番人気は4勝、2着2回とまずまずの成績を残しているものの、2、3番人気が1、3連対と不振。代わりに6〜12番人気から8頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…4回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

15年に1万1040円の万馬券が出る波乱となったが、残る9回の最高配当は5470円止まり。平均頭数が15.7頭の多頭数戦でも大荒れにはなっていない。

また、3着に12、11、2、9、1、3、5、10、9、3番人気が入線した3連単配当は13万円台、9万円台、6180円、16万円台、2万円台、7万円台、31万円台、8万円台、15万円台、2万円台。こちらは10回中4回で10万円を超す万馬券が出る大荒れ。一筋縄では収まらない傾向を見せている。

ステップ(着順)はJBCクラシック(2、1、2、4、3、1着)組が6連対でトップ。5連対でみやこS(1、4、2、3、1着)組が続き、武蔵野S(1、1、1、7着)組4連対、3連対の南部杯組(1、5、1着)の順。上記4路線が有力で連対馬の90%を占め、残る2頭はJBCレディスクラシック(2着)とトパーズS(1着)からの出走だった。

今年は外国馬と地方馬の出走がなく、関東馬VS関西馬の争い。関東馬は3連対で、関西馬が17連対。連対率はそれぞれ12、13%。関西馬が連対数で関東馬をリードしているものの、率はほぼ互角。東西間格差はあまり気にしなくてもよさそうだ。

最後に枠別成績を見てみると、
1枠(1.1.2.14)
2枠(3.2.0.15)
3枠(0.0.3.17)
4枠(1.1.0.18)
5枠(2.1.3.14)
6枠(1.2.2.15)
7枠(1.3.0.16)
8枠(1.0.0.18)
(16〜18年は15頭立て。17年は15番が取り消し)。

内の1〜4枠が合計(5.4.5.64)で、外の5〜8枠が(5.6.5.63)。優勝回数はともに5回で、2、3着回数もほぼ互角。枠順の内外による有利不利は考慮しなくてもよさそうだ。


◎……ゴールドドリームは17年にこのレースを勝利して以降、G1ばかりに参戦して(4.4.1.0)の成績。前走・南部杯で3着と敗れて連を外したが、5カ月半の休み明けを思えば上々の内容だった。現役トップの統一ダートG1・5勝馬。たたき2戦目の一変が期待できる。

○……オメガパフュームは前走JBCクラシックでハナ差の2着。チュウワウィザードをとらえきれなかったが、ゴール前の勢いは明らかに上で、勝ちに等しい内容だった。昨年の東京大賞典、今年の帝王賞を制覇している実力馬。たたき2戦目の巻き返しを警戒したい。

▲……クリソベリルは7月にジャパンダートダービーを3馬身差で圧勝して3歳世代のトップに立ち、前走の日本テレビ盃で古馬を一蹴した。デビューから無傷の5連勝中。一線級との戦いは初となるが、素質は引けを取らない。流れに乗れば好勝負は必至だ。

△1……インティは前走のみやこSで15着と大敗。4カ月ぶり、斤量も最も重い59キロで同情の余地はある。2月のフェブラリーSでは好スタートからハナに立ち、そのまま押し切る見事なG1勝ち。勝ち負けできる地力があり、7勝中5勝がこの1800M戦。侮れない。

△2……チュウワウィザードはデビューから(8.3.2.0)と底を見せていない。さらに、重賞戦に限れば4勝、2着2回と連対率100%。ただ、中央での重賞勝ちが3走前の平安Sだけ。能力比較は半信半疑で△評価としたが、上位争いに加われるスピードは備えている。

△3……ウェスタールンドは6カ月半ぶりの前走みやこSで0秒1差の3着。3コーナーから馬群をぬいながら追い上げる器用さと勝負根性は光った。一度使われた上積みは大きく、前走に引き続き鞍上もスミヨン騎手。昨年2着の雪辱を果たす可能性も十分ある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タイムフライヤー      
1 2 モズアトラクション        
2 3 チュウワウィザード
2 4 インティ
3 5 クリソベリル  
3 6 オメガパフューム    
4 7 ワンダーリーデル        
4 8 ウェスタールンド      
5 9 サトノティターン        
5 10 ミツバ        
6 11 ゴールドドリーム
6 12 キングズガード        
7 13 ワイドファラオ        
7 14 テーオーエナジー        
8 15 ロンドンタウン      
8 16 ヴェンジェンス        

買い目

大多5=11 5=3 5-4 5-6 11=3
綾恵3=11 3=1 3-4 3-15 11=1
山田11=4 11=3 11=5 4=3 4=5 3=5
たま11=6 11=5 11=3 11=4 11=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。