2019年3月24日(日)

11R

2019年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第49回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンスマッシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.08.0

今年初戦のシルクロードS(G3)を制し、重賞2連勝。直線で前が詰まる場面があったものの、外に持ち出すと豪快に伸びて他馬を一蹴した。これで1200Mに路線変更してから4戦3勝、2着1回。父ロードカナロア(2013年の当レース覇者)のスプリント能力をしっかり受け継いでおり、さらなる飛躍が見込める器だ。父子制覇を達成し、新短距離王を襲名する。

○対抗はモズスーパーフレア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.07.0

現役屈指の快速馬。前哨戦のオーシャンS(G3)では、前半3ハロンを32秒3の超ハイペースを堂々と逃げ切り、スピードの違いを見せつけた。今週は栗東坂路で自己ベストを大幅に更新する4ハロン49秒2の好時計をマークするなど、まさに充実一途。名手・武豊騎手のエスコートで一気の戴冠を狙う。

▲単穴はレッツゴードンキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.4

前走・阪急杯(G3)は差し有利な展開で好位から粘り込み、2着を確保。2015年の桜花賞馬だが、7歳春を迎えても能力は健在だ。ひと叩きされて順当に良化しており、臨戦態勢は万全。当レースでは2年連続2着と涙をのんでいるが、雪辱を果たして、もう一花咲かせたいところだ。

△抑えはナックビーナス。△穴はロジクライ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

新短距離王、ロジクライ

昨年のJRA最優秀短距離馬のファインニードルが引退。空席になった「スプリント王」の座を目指して、新旧18頭の精鋭が激突する大激戦となっている。2009年からの過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は3-1、1-6、3-4、2-3、1-2、3-8、4-6、1-2、5-2、2-3番人気の組み合わせで決着した(11年は阪神競馬)。上位1〜3番人気は4、5、5連対と人気に応えて、人気薄馬は6、8番人気の2、1連対となっている。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
2000円台…3回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

14年に3、8番人気で決着した1万400円が最高配当。残る9回は荒れても7000円台止まり。フルゲート18頭立て(13年は17頭)でも比較的落ち着いた配当に収まっている。

一方、3着に15、3、11、1、10、1、3、3、1、10番人気が入線した3連単配当は、19万円台、2万円台、12万円台、5930円、2万円台、7万円台、8万円台、6690円、2万円台、6万円台。こちらは10万円超の高配当が2回あったものの、4けたの人気決着も2回。堅いか荒れるかを見極める必要がある。

路線別(着順)は7連対で阪急杯組がトップ。5連対でオーシャンS組が続き、シルクロードS組4連対の順となっている。

年齢別は4〜8歳以上馬が2、9、6、2、1連対。連対率は6、20 、14、7、4%。各世代から連対馬が出ているが、5歳馬が他世代を一歩リードしている。

性別は牡馬133頭と牝馬44頭で争い、16対4。連対率はそれぞれ12、9%。牝馬は苦戦しているが、ここ2年は連続2着に食い込み、反撃態勢を見せている。


◎……前走のロジクライはスタート直後に挟まれ、直線でも進路が開かず脚を余した。それでも0秒4差の3着と崩れなかったのは、絶対能力の高さの証明だろう。初の1200M戦となるが、流れに戸惑うとは思えず、新スプリント王に名乗りを挙げる。

○……相手は京阪杯、シルクロードSと重賞連勝で勢いに乗るダノンスマッシュ。好位から鋭く抜け出す安定したレースぶりは、偉大な父ロードカナロアをほうふつさせる。その父は4歳時は惜しくも3着。父よりも早くG1制覇達成なるか。

▲……ミスターメロディは前走の阪急杯で7着。初めて掲示板を外したが、直線で他馬と接触したのが響いたようだ。もともとは堅実なタイプで、中京はファルコンSを完勝したコース。NHKマイルC4着からも左回りは得意。1200M戦への距離短縮も歓迎だ。

△1……モズスーパーフレアはカーバンクルS、オーシャンSと連勝。ともに好発から一気にハナを奪い、後続に影をも踏ませぬ逃走劇だった。ただ、過去10年の勝ちパターンを見てみると、逃げて勝利したのは10年前のローレルゲレイロ1頭だけ。展開が厳しいと見て△評価とした。

△2……ナックビーナスは3年連続でオーシャンS2着からの臨戦。17年、18年は8、3着に敗れているが、昨年は0秒1差と見せ場十分だった。ここ2戦は天敵モズスーパーフレアに完敗しているが、走破タイムはいずれも1分7秒台前半。舞台が替われば大駆けも期待できる。

△3……レッツゴードンキは17、18年と連続で2着。明け7歳の牝馬だが、前走も休み明けの阪急杯でいったん先頭に立ち、1馬身差の2着に粘った。スプリントG1で2着3回の実績は上位。相性のいい舞台で、17年2月以来の白星を狙う。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スノードラゴン        
1 2 ラインスピリット        
2 3 ミスターメロディ      
2 4 セイウンコウセイ        
3 5 ティーハーフ        
3 6 アレスバローズ      
4 7 ショウナンアンセム        
4 8 レッツゴードンキ  
5 9 ナックビーナス    
5 10 ラブカンプー        
6 11 ヒルノデイバロー        
6 12 ロジクライ
7 13 ダノンスマッシュ
7 14 ペイシャフェリシタ        
7 15 モズスーパーフレア
8 16 デアレガーロ      
8 17 ダイメイフジ        
8 18 ダイメイプリンセス        

買い目

大多13=15 13=8 13-9 13-12 15=8
綾恵13=8 13=12 13-15 13-16 8=12
山田15=12 15=13 15=6 12=13 12=6 13=6
たま12=13 12=3 12=8 12=9 12=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。