IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月28日(土)

11R

2019年12月28日(土) | 5回中山9日 | 15:30発走

第36回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はコントレイル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)を2歳レコードで圧勝し、デビュー2連勝。スローペースだった新馬戦とは一転して淀みなく流れたが、難なく対応して後続を5馬身突き放した。走破時計は今年の毎日王冠(古馬G2)と僅か0秒1差。デビュー2戦目でこの時計を叩き出したのだから驚異的だ。距離延長や小回りへの対応など課題はあるものの、あっさり克服できるだけの素質を持っている。

○対抗はワーケア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

こちらもデビューから2連勝。前走・アイビーS(L)は道悪をものともせず、ノーステッキで他馬を一蹴した。非凡な決め手を持っており、新馬戦に続いて上がり3ハロンは33秒台前半。折り合い面にも不安がなく、距離延長は問題ないだろう。3年連続のリーディングが確定しているルメール騎手の手綱でG1タイトルを狙う。

▲単穴はオーソリティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.02.9

新馬戦でブラックホール(のちに札幌2歳S制覇)に勝利すると、2戦目の芙蓉S(オープン)も制して2連勝。いずれのレースもスローペースの好位でしっかりと折り合い、力強い末脚で抜け出した。祖母は名牝シーザリオ、近親にもエピファネイアやサートゥルナーリア(昨年の当レース覇者)などのG1ホースがズラリ。この舞台を経験しているのも強みで、G1でも出番がある。

△抑えはヴェルトライゼンデ。△穴はブラックホール。


今週のワンポイントアドバイス

来春に飛べ、コントレイル

2019年の中央競馬フィナーレを飾るG1レース。皐月賞と同じ2000Mの舞台で2歳の精鋭13頭が覇を競う。昨年の優勝馬サートゥルナーリアは皐月賞を制覇。ほかにもこのレースに出走したレイデオロが翌年のダービーを制覇している。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい

連対馬は1-3、4-2、5-6、7-10、8-1、2-8、3-1、1-8、1-4、1-2番人気の組み合わせで決まった(2009〜13年はオープン特別、14〜16年はG2、一昨年からG1に昇格)。上位1〜3番人気は6、3、2連対と威張れた成績ではなく、6番人気以下からも6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
2000円台…3回
5000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

上位人気が連に絡んで3000円未満の堅い配当も7回あるが、7、10番人気で決まった12年に2万8380円の万馬券が飛び出し、14年にも9330円の高配当で決着。まだ脚質の固まらない2歳戦だけに波乱も視野に入れておきたい。

また、3着に8、3、12、2、2、9、2、2、8、3番人気が入線した3連単配当は1万円台、2万円台、64万円台、37万円台、3万円台、34万円台、7790円、1万円台、5万円台、3650円。こちらも4けた配当で決着する一方で、30万円を超す万馬券も3回。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

連対馬のクラス別は、重賞組3頭、オープン特別組2頭、1勝クラス組5頭、新馬組6頭、未勝利組4頭。20頭中15頭が1勝クラス以下から連対馬で、格上のオープン組はわずか5連対だけ。この時期の2歳重賞は、格より勢いを重視したい。

連対馬20頭の前走成績は【17.1.1.0.0.1】(左から1〜5着、着外)。2歳戦らしく前走勝利した馬が圧倒的に強い。さらに、ここ5年に限れば3着以内の15頭中14頭までが1着馬だった。

ステップは萩Sと葉牡丹賞からそれぞれ2頭ずつが連対しているが、強く推せる材料とはならない。

関東馬88頭、関西馬55頭、地方馬2頭で争った所属別は、12、8、0連対。連対率は14、15、0%。関東馬が連対数でリードしているものの、率で関西馬が逆転している。

キャリアは1〜5戦以上馬が6、8、1、3、2連対。幅広いキャリアから連対馬が出ているが、1、2戦馬が連対への有力候補となっている。


◎……前走の東京スポーツ杯2歳Sをコントレイルは5馬身差で圧勝。勝ちタイム1分44秒5は従来のJRA2歳レコードを1秒1上回り、秋の東京開催開幕週の毎日王冠と0秒1差と強烈だった。馬名は「飛行機雲」の意。無傷のG1制覇で来春のクラシックへ向けて飛び立つ。

○……ワーケアはデビュー戦、アイビーSと連勝。やや重馬場と重馬場でともに上がり33秒台の決め手を発揮した。まだ、モタれたり、物見しながら走っていて完成途上だが、パワーと瞬発力を兼備している。スピード競馬は未知数だが、◎を逆転しても驚けない。

▲……穴を出せばブルーミングスカイ。前走4着は勝負どころで閉じ込められ、追い出しを待たされたのが痛かった。相手は強くなるが、ポテンシャルは引けを取らない。スムーズな競馬ができればV争いが期待できる。

△1……ブラックホールは前走の札幌2歳Sで父ゴールドシップに初の重賞タイトルをプレゼント。父と同じように息の長い末脚で、しまいは確実に伸びている。速い持ち時計がなく高速決着になると疑問だが、直線のたたき合いに持ち込めれば出番はありそうだ。

△2……函館の新馬戦に続き、オーソリティは前走の芙蓉Sもノーステッキで快勝した。初戦で敗ったブラックホールがのちに札幌2歳Sを制覇。その比較からも能力の高さがわかる。3カ月ぶりとなるが、この舞台で勝っているのは大きな強みとなる。

△3……ヴェルトライゼンデは新馬、萩Sと連勝。重馬場、やや重馬場の勝利で時計は目立たないが、前走は3頭の真ん中でたたき合う競馬を制した。勝負根性が光り、小倉の圧勝で小回り適性は証明済み。スピード競馬に対応できる裏付けはないが、混戦になれば出番はある。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラックホール
2 2 コントレイル
3 3 ブルーミングスカイ      
4 4 ガロアクリーク        
4 5 ヴェルトライゼンデ    
5 6 ナリノモンターニュ        
5 7 ワーケア
6 8 クリノブレーヴ        
6 9 パンサラッサ        
7 10 ディアセオリー        
7 11 オーソリティ  
8 12 ラグビーボーイ      
8 13 ラインベック      

買い目

大多2=7 2=11 2-1 2-5 7=11
綾恵1=7 1=2 1-11 1-12 7=2
山田2=7 2=13 2=1 7=13 7=1 13=1
たま2=7 2=3 2=1 2=5 2=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。