IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年9月29日(日)

11R

2019年9月29日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第53回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンスマッシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.5

前哨戦のキーンランドC(G3)を快勝し、重賞3勝目をマーク。昨夏から1200Mに絞って(4.1.0.1)と好成績を収めている。春の高松宮記念(G1)は4着に終わったものの、勝ち馬のミスターメロディとは0秒2差。内有利の決着で外を回るロスがあったため、決して力負けではない。父ロードカナロアも4歳春の高松宮記念(G1)は3着と勝てなかったが、秋にスプリンターズS(G1)を制し、最終的にはG1計6勝をマーク。偉大な父の足跡をなぞり、新スプリント王の座を奪取する。

○対抗はタワーオブロンドン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.06.7

今夏から1200Mに距離短縮して3、2、1着。前走・セントウルS(G2)は後続を3馬身突き放してのレコード勝ちでサマースプリント王者に輝き、高い短距離適性を示した。前走が中1週、今回は中2週と間隔は詰まっているが、この中間も引き続き好調をキープ。相性の良いルメール騎手とのコンビ継続(計5勝)も心強く、目下の勢いのまま一気に頂点を狙う。

▲単穴はミスターメロディ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.3

春の高松宮記念(G1)では好時計で実績馬を一蹴し、G1初戴冠。新王者として臨んだ前走・セントウルS(G2)は8着と振るわなかったが、休み明けで斤量58キロと条件が厳しかった印象だ。叩き良化タイプらしく、この中間の動きは順当に良化。荒れた馬場や急坂を苦にしないパワーは魅力で、課題の右回りを克服できれば、春秋スプリントG1制覇も夢ではない。

△抑えはモズスーパーフレア。△穴はリナーテ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

素質開花、タワーオブロンドン

秋のG1シリーズが開幕する。近年はロードカナロア、ストレイトガール、レッドファルクスがそれぞれ2年連続で連対。出走していれば人気を集めていたと思われる昨年のチャンピオン・ファインニードルが引退。スプリント戦線は一転、混戦模様になった。

今年はスプリントG1戦で春秋制覇を狙うミスターメロディ、前走の6ハロン戦をレコードで制したタワーオブロンドン。さらには重賞3勝馬で目下絶好調のダノンスマッシュなどスピード自慢16頭が顔をそろえた。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は6-2、10-3、3-9、2-1、1-2、13-2、1-11、3-2、1-5、1-11番人気で決まった(2014年は新潟競馬)。上位1〜3番人気が5、5、3連対とまずまずの成績を残しているが、6〜13番人気の伏兵馬も計6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…1回
2000円台…1回
4000円台…2回
5000円台…1回
7000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

上位人気が連からそろって消えた年はないが、11年に1万3030円の万馬券が出て、そのほか5000円以上の高配当も3回。フルゲート16頭立て(10回中8回)で行われることが多く、波乱含みの傾向を見せている。

一方、3着に8、7、7、9、15、5、9、9、7、13番人気が入った3連単配当は6万、35万、21万、1万、2万、19万、10万、18万、3万、20万円台。こちらも10回中6回で10万円を超す万馬券で決着。人気薄馬の食い込みに警戒したい。

路線別は8連対でセントウルS組がトップ。キーンランドC組が4連対で続き、2連対の高松宮記念組と安田記念組が並んでいる。

距離別は全馬芝からの臨戦で、1200M組17頭、1600M組3頭。前走1200Mをステップに出走した馬が好成績を挙げている。

年齢別は3〜7歳上馬が1、4、9、3、3連対。連対率はそれぞれ9、17、18、8、7%。5歳馬が他世代をリードしている。

性別は牡馬116頭と牝馬44頭で争って、14対6。連対率は12、14%。連対数で牡馬、率で牝馬が優勢となっている。

所属別は関東馬5連対、関西馬14連対、外国馬1連対。今年は外国馬の出走はなく、日本馬同士の戦いとなっている。


◎……タワーオブロンドンは6月からスプリント路線に切り替えて3、2、1着。一戦ごとに着順を上げ、前走のセントウルSは堂々のレコードVでスプリンターの素質を開花させた。中山の高速馬場は歓迎で、一気に頂点に駆け上る資質を備えている。

○……相手は春秋スプリントG1連覇を狙うミスターメロディ。春は初の芝1200M戦でいきなり高松宮記念を制したが、秋初戦のセントウルSは8着止まり。5カ月半ぶりに加え、レコード決着も響いたか。もともとはたたき良化型。今度は存分に力を発揮できる。

▲……前走のキーンランドCをダノンスマッシュは中団から差し切り、重賞3勝目。タワーオブロンドン(2着)より1キロ軽かったが、外を回るロスを挽回して最後は0秒1差先着している。中山は初めてで直線の坂がポイントになるが、G1級の能力を備えている。

△1……モズスーパーフレアは中山の芝1200Mで(3.1.0.0)。3月にこの舞台でオーシャンSを前半32秒3のハイペースで逃げ、1分7秒1の好タイムで押し切った。前走4着は休み明けで馬体重26キロ増。本番を見据えた仕上げだった。たたき2戦目の変わり身が期待できる。

△2……リナーテは16年に菊花賞、有馬記念を制したサトノダイヤモンドの妹。兄は長距離で活躍していたが、自身は芝1200Mで(4.1.1.2)とスプリント能力を発揮している。前走キーンランドCでタワーオブロンドンとタイム差なしの3着。混戦になれば出番はある。

△3……穴を開ければ3歳馬ディアンドル。デビューから一貫して芝1200Mに出走して(5.2.0.0)とまだ底を見せていない。重賞最高成績は前走の北九州記念2着。格下だが、今が伸び盛りの3歳馬で連対率も100%。舞台が2戦2勝の中山も後押しをする。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アレスバローズ      
1 2 ダノンスマッシュ
2 3 セイウンコウセイ        
2 4 リナーテ  
3 5 レッツゴードンキ      
3 6 ノーワン        
4 7 モズスーパーフレア
4 8 タワーオブロンドン  
5 9 ディアンドル      
5 10 ラブカンプー        
6 11 マルターズアポジー        
6 12 ダイメイプリンセス        
7 13 ミスターメロディ    
7 14 ハッピーアワー        
8 15 イベリス        
8 16 ファンタジスト      

買い目

大多2=8 2=13 2-4 2-7 8=13
綾恵1=8 1=16 1-2 1-7 8=16
山田7=2 7=5 7=4 2=5 2=4 5=4
たま8=13 8=2 8=4 8=7 8=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。