IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年9月21日(土)

11R

2019年9月21日(土) | 4回中山6日 | 15:45発走

ながつきステークス

ダート・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:2200、880、550、330、220万円 |

予想

◎本命はヴァニラアイス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.11.9

夏のユニコーンS(G3)で4着に善戦すると、休み明けの前走・エニフS(L)も2着に好走。古馬とは初対戦だったが、クビ差の接戦に持ち込んで見せ場を作った。ダート転向後は、端午S(オープン)勝ちを含めて(2.1.1.1)。伸び盛りの3歳馬がオープン2勝目を狙う。

○対抗はウインオスカー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.10.1

前走・NST賞は7着と振るわなかったが、今回の中山ダート1200Mでは(2.1.0.1)と好相性。昨春にオープン勝ちを挙げ、3走前にも連対するなど舞台適性は高い。ひと叩きされ状態も良化しており、改めて注目したい。

▲単穴はヒロシゲゴールド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.09.3

△抑えはタテヤマ。△穴はカフジテイク。


今週のワンポイントアドバイス

条件ベスト、シュウジ

例年は開幕週に3勝クラスで行われているが、今年は「オープン」に条件が変更されて、時期も2週繰り下げられた。参考にできるレースがないため、データによる傾向分析は割愛しました。


◎……本命にシュウジを指名する。3月に芝からダートに転戦すると、1200M戦のオープン特別・千葉Sを快勝。続く京葉S(L)でも小差の3着に好走した。ここ2戦は芝と1400M戦で結果を出せなかったが、ベストの舞台で反攻する。

○……ヒロシゲゴールドは前走・交流重賞のクラスターCで1馬身差の2着。スタートの悪さを改善してスピードを存分に生かせるようになった。前走を含めてオープン入り後、3、9、2着。たたき2戦目で能力が全開する。

▲……割って入れば3歳馬のヴァニラアイス。春に端午Sを1分24秒1で快勝。勝ちタイムは同日の古馬3勝クラスを0秒2上回った。前走はゴール前で勝ち馬の強襲にあったが、勝ちに等しい内容。この距離も1戦1勝と底を見せていない。

△1……ウインオスカーは前走のNST賞で0秒9差の7着。4カ月ぶりでダッシュが鈍く、外々を回るコースロスも痛かった。この舞台は1、1、2、5着と好相性。休み明けをたたかれて、本来の先行力が戻れば差はない。

△2……前走の交流重賞・北海道スプリントCでタテヤマは11着。デリケートな面があり、初コースに戸惑ったか。2走前にオープン特別を勝ち、全6勝はダート1200M戦。立ち回りひとつで首位争いになる。

△3……カフジテイクは長期休み明けでの参戦。休養前にフェブラリーSで0秒1差の3着、前走の根岸Sでも0秒4差の3着と実績では抜けている。久々、6ハロン戦は少し忙しいかもしれないが、大駆けに警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ウインオスカー  
1 2 ニットウスバル        
2 3 ベック      
2 4 ラインシュナイダー      
3 5 ナンチンノン        
3 6 シャインヴィットゥ        
4 7 カフジテイク  
4 8 シュウジ    
5 9 クイーンズテソーロ        
5 10 ハングリーベン        
6 11 ヒロシゲゴールド  
6 12 クリーンファンキー        
7 13 ゴールドクイーン      
7 14 タテヤマ  
8 15 アポロノシンザン        
8 16 ヴァニラアイス  

買い目

大多16=1 16=11 16-7 16-14 1=11
綾恵3=16 3=14 3-4 3-7 16=14
山田11=1 11=8 11=13 1=8 1=13 8=13
たま8=11 8=16 8=1 8=7 8=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。