2019年9月8日(日)

11R

2019年9月8日(日) | 4回中山2日 | 15:45発走

第64回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

予想

◎本命はクリノガウディー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.5

朝日杯FS(G1)2着の実績馬が、前走の中京記念(G3)で復活。これまでの先行策から中団で脚をためる競馬に切り替え、グルーヴィットをハナ差まで追い詰めた。この夏でトモの緩さが解消されており、精神的にも成長。グルーヴィットより1キロ軽いハンデで走れる今回は、逆転の可能性もありそうだ。

○対抗はプロディガルサン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.5

前走・エプソムC(G3)は久々の重賞で6着。極端に遅いペースに戸惑い、力を出し切れなかった印象だ。中山コースでは距離を問わず(2.2.2.0)と安定。追い切りで調子の良さも見せており、良血馬の初タイトル獲得に期待がかかる。

▲単穴はグルーヴィット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.9

前走の中京記念(G3)で重賞初制覇。4角でステッキが入ると、最後まで長くいい脚を使って伸びてきた。初コースにハンデ3キロ増と課題は多いものの、追い切りでは絶好の動きを披露。春より更に磨きのかかった末脚で、サマーシリーズ初の3歳チャンプを目指す。

△抑えはディメンシオン。△穴はプールヴィル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

復活V、クリノガウディー

過去10年、連対馬は2-14、4-7、2-7、2-6、3-2、2-8、13-11、1-6、1-11、1-3番人気の組み合わせで決着した(2014年は新潟競馬)。

上位1〜3番人気は3、5、2連対とパッとしない成績だが、1番人気はここ3年連続で勝利を挙げている。

馬連配当は
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
4000円台…3回
万 馬 券……2回

3けた配当で堅く収まったことはなく、09年と15年に3万5760円、6万2380円の万馬券が飛び出す大荒れ。連対馬の20頭中9頭が6番人気以下からの連対馬。伏兵馬の台頭を警戒したい。

また、3連単配当は67万、6万、3万、5万、2万、15万、222万、1万、6万円台と5960円。こちらも15年に222万馬券が飛び出し、そのほか10万円を超す万馬券も2回。昨年は4けた配当ですんなり決まったが、波乱前提の馬券購入をお勧めしたい。ちなみに、3着は3、5、3、4、7、9、7、2、6、2番人気だった。

ステップは関屋記念組が5連対でトップ。次いで、2連対で七夕賞組とクイーンS組が並んでいる。

年齢別は3〜7歳以上馬が18、18、48、43、23頭出走して、2、3、9、3、3連対。連対率は11、17、19、7、13%。5歳馬が最多連対を果たしているが、出走頭数も最多。他世代の巻き返しも考えておきたい。

また、牡馬130頭と牝馬20頭で戦った性別は、15対5。連対率は12、25%。連対数で見劣る牝馬だが、率では牡馬を大きく上回っている。ちなみに、昨年は牝馬でただ1頭出走した3番人気のワントゥワン(53キロ)が2着に入線している。

トップハンデ馬は5、5、3、(2、4)、2、8、16、3、4、(8、10)着の成績。優勝はなく、2着2回、3着2回。トップハンデ馬は苦戦している。


◎……前走の中京記念でクリノガウディーはハナ差の2着。いつもの先行策ではなく、中団待機で直線鋭い伸びを見せた。もともと朝日杯フューチュリティS2着で、G1戦線でも期待がかかった素質馬。鞍上を戸崎騎手にチェンジしたここは単勝で勝負する。

○……ディメンシオンは前走の関屋記念で0秒1差の4着。スローペースで差し切れなかったが、次走につながる鋭い伸びを見せた。中山の芝1600Mは昨年暮れのターコイズSで小差の5着。仕掛けどころひとつでVチャンスがある。

▲……2走前のNHKマイルCでグルーヴィットは0秒5差の10着。直線前が壁で不完全燃焼となったが、前走の中京記念で重賞初勝利を飾った。ハンデ戦で前回より3キロ増となるが、マイルはベスト。上位2頭をまとめて差し切る末脚を秘めている。

△1……前走の朱鷺Sをストーミーシーは後方12番手からレース最速の上がり33秒6で差し切った。展開が向かなかったり、道中の不利で善戦止まりの競馬が続いていたが、はまったときの決め手はG1級。展開次第でV戦線に浮上する。

△2……プロディガルサンは昨年暮れからオープン特別で3戦連続2着のあと、エプソムC6着。前走は馬場が緩く、超スローの流れで前が残り力を出し切れなかった。スパッと切れるタイプではないが、末脚は堅実。脚の使いどころひとつで勝ち負けになる。

△3……前走の関屋記念でロードクエストは大外から追い込んで0秒3差の6着。最後方17番手から31秒9の猛烈な追い込みを見せたが、さすがにあの位置では苦しかった。トップハンデがどう出るかだが、決め手は一級品だ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 プロディガルサン
1 2 ジャンダルム      
2 3 カルヴァリオ        
2 4 クリノガウディー
3 5 ストーミーシー      
3 6 ヒーズインラブ        
4 7 ロードクエスト      
4 8 フローレスマジック        
5 9 グルーヴィット
5 10 トロワゼトワル      
6 11 ディメンシオン    
6 12 ヤングマンパワー        
7 13 プールヴィル    
7 14 レインボーフラッグ        
8 15 ハーレムライン        
8 16 キャプテンペリー        

買い目

大多4=1 4=9 4-11 4-13 1=9
綾恵10=1 10=9 10-2 10-4 1=9
山田9=4 9=1 9=13 4=1 4=13 1=13
たま4=11 4=9 4=1 4=5 4=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。