競馬 - 皐月賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年4月14日(日)

11R

2019年4月14日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第79回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

予想

◎本命はサートゥルナーリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.6

前走・ホープフルS(G1)を制し、デビューから無傷の3連勝。直線で窮屈になる場面があったものの、狭いところを力強くこじ開けてG1タイトルを奪取した。母に名牝シーザリオ、半兄にG1ホースのエピファネイア、リオンディーズを持つ超良血馬で、ポテンシャルは世代屈指。今回は中106日という異例のローテがカギとなるが、調教では軽快な動きを見せている。前走で長距離輸送は経験しており、中山の急坂も対応済み。無敗のまま1冠目をつかみ取る。

○対抗はアドマイヤマーズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を制し、最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得。今年初戦の共同通信杯(G3)で初黒星(2着)を喫したが、勝ち馬のダノンキングリーより斤量が1キロ重かったため簡単に評価は下げられない。中間の調教では攻めを強化し、臨戦態勢は万全。さらなる距離延長が課題となるが、立ち回りの上手さを発揮できれば巻き返しは可能だ。

▲単穴はダノンキングリー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・共同通信杯(G3)でアドマイヤマーズを破り、重賞初制覇。前半1000M61秒5のスローペースにしっかり折り合うと、直線最内から上がり3ハロン32秒9の豪脚で鮮やかに差し切った。本馬もサートゥルナーリアと同様、デビュー以来3戦無敗。今回の中山コースでは、前々走・ひいらぎ賞(500万下)を圧勝している。決め手が生きる展開になるようなら戴冠のシーンも。

△抑えはヴェロックス。△穴はニシノデイジー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

距離経験豊富、ヴェロックス

舞台が阪神から中山に替わり、今週は牡馬クラシックの第1冠「皐月賞」が行われる。今年は3戦3勝のサートゥルナーリアとダノンキングリーに人気が集まる。しかし、ここ3年は1、2番人気が連から消えて高配当が続いている。無敗馬が勝利して本命党に軍配が上がるか、それとも「荒れるG1」として定着するのか。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は3-8、1-6、4-1、4-2、1-2、2-1、3-2、8-3、9-4、7-9人気の組み合わせで決着した(2011年は東京競馬)。

上位1〜3番人気の4、4、3連対は胸を張れる成績とはいえず、人気薄の6〜9番人気から計6頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
6000円台…1回
8000円台…1回
万 馬 券……2回

上位1、2番人気が連から外れた09年、16〜18年に6220円〜1万2880円の高配当が4回出ている。ただ、残る6回は2000円未満の堅い決着。堅いか荒れるかの見極めが必要となっている。

一方、3連単配当は、39万円台、3万円台、5万円台、1万円台、5920円、3万円台、1万円台、7万円台、106万円台、37万円台。一昨年に106万馬券が出る大荒れで、ほかにも37万馬券や39万馬券が出る波乱。人気薄馬の台頭も視野に入れておきたい。ちなみに、3着は4、11、8、3、3、8、4、1、12、8番人気だった。

路線別は6連対で弥生賞組がトップ。次いで、スプリングS組5連対、4連対で共同通信杯組、3連対の若葉S組の順。上記有力ステップが連対馬の90%を占め、残る2頭は毎日杯とアーリントンCからの参戦だった。なお、連対馬20頭中19頭は芝1800〜2000Mからの臨戦。中距離をステップにした馬が好走している。

また、出走間隔は中2〜8週で1、8、0、5、2、1、3連対。中1週の連闘馬や中9週以上の休養馬の連対はなく、中2〜8週が理想。ホープフルS以来3カ月半ぶりの出走となるサートゥルナーリアには試練のデータとなっている。

東西対決は関東馬が4勝2着0回、関西馬が6勝2着10回。関西馬が関東馬を圧倒し、3着を見ても「8対2」。関東馬は厳しい戦いを強いられている。

フルゲートの18頭立てで行われることも多く、枠の内外も気になるところ(15年は15頭、18年は16頭立て)。枠別の成績を見てみると、
1枠(1.0.1.17)
2枠(1.3.0.16)
3枠(0.1.1.18)
4枠(2.1.1.16)
5枠(0.1.2.17)
6枠(2.0.3.15)
7枠(2.2.1.23)
8枠(2.2.1.22)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠は9連対(4勝、2着5回)で、外の5〜8枠が11連対(6勝、2着5回)。先週の桜花賞は外枠有利のデータが出ていたが、こちらは内枠と外枠はほぼ互角。枠番による有利不利は考えなくてもよさそうだ。


◎……3戦3勝の人気2頭に死角ありと見てヴェロックスを本命に推す。デビューから5戦3勝で、敗れた2戦も勝ち馬とは半馬身、タイム差なしと差はわずかだった。重賞勝ちはないが、2000Mの若駒S、若葉Sとレース最速の上がりで連勝中。豊富な距離経験を生かし切ればG1奪取も十分可能だ。

○……サートゥルナーリアは3戦3勝で同舞台のホープフルSを制覇。3戦とも余力十分で、その性能の高さは疑う余地がない。ただ、高速決着の経験がなく、さらに今回は106日ぶりの実戦。未知な面に不安があり、2番手評価とした。

▲……ダノンキングリーも3戦無敗で参戦。前走の共同通信杯では上がり32秒9の豪脚で2歳王者アドマイヤマーズを一蹴した。2走前のひいらぎ賞圧勝から中山替わりもOK。初距離の2000Mに不安を残すものの、現時点での完成度は高い。

△1……アドマイヤマーズは4戦4勝で朝日杯フューチュリティSを制覇。先週の桜花賞を圧勝したグランアレグリアを完封した。前走はハナに立って後続の目標とされて2着に敗れたが、3着には4馬身差をつけた。好位で立ち回れば2歳王者の逆襲も十分ある。

△2……新馬戦、京成杯を連勝してエリートコースに乗ったラストドラフト。前走の弥生賞でまさかの7着に敗退したが、連勝時に好位追走から後続をねじ伏せた潜在能力は侮れない。走法から時計のかかる馬場は不向き。良馬場で巻き返したい。

△3……メイショウテンゲンはこのレースで最多6連対を果たしている弥生賞の勝ち馬。その弥生賞はライバルたちが雨で重くなった馬場に苦しむ中、直線楽々と伸びて重賞初制覇を飾った。高速決着になると未知数の部分もあるが、雨が降れば上位争いは可能だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤマーズ
1 2 サトノルークス        
2 3 ファンタジスト        
2 4 ダノンキングリー  
3 5 ランスオブプラーナ        
3 6 クラージュゲリエ        
4 7 ヴェロックス  
4 8 ニシノデイジー    
5 9 メイショウテンゲン      
5 10 シュヴァルツリーゼ      
6 11 ラストドラフト      
6 12 サートゥルナーリア
7 13 ブレイキングドーン        
7 14 ダディーズマインド        
7 15 クリノガウディー      
8 16 タガノディアマンテ        
8 17 アドマイヤジャスタ        
8 18 ナイママ        

買い目

大多12=1 12=4 12-7 12-8 1=4
綾恵8=12 8=15 8-1 8-10 12=15
山田12=1 12=4 12=7 1=4 1=7 4=7
たま7=12 7=4 7=1 7=9 7=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。