IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月23日(土)

11R

2019年3月23日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第67回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はエタリオウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年は日本ダービー(G1)4着、菊花賞(G1)2着とクラシックで活躍。まだ1勝馬の身だが、ハイレベルな現4歳世代の中でもトップクラスのポテンシャルを誇る。前走から5カ月空いたものの、早めに入厩して乗り込み量は豊富。待望の初タイトルを奪取し、本番の天皇賞・春(G1)に弾みをつけたい。

○対抗はルックトゥワイス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.32.7

前走・日経新春杯(G2)は勝負どころで外を回るロスがあったものの、上がり最速で猛追して2着。内から抜け出した勝ち馬とはコース取りの差があったことを思えば、負けて強しの結果と言える。6歳春を迎えたが、今が充実期。引き続き好勝負になりそうだ。

▲単穴はカフェブリッツ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

ダートでは頭打ちだったが、初芝の逆瀬川S(準オープン)を快勝。重賞初挑戦の前走・ダイヤモンドS(G3)では、好位から粘り込んで3着と改めて芝適性の高さを示した。今回は多くの有力馬が休み明けのため、順調に使われている点は強み。人気薄でも軽視はできない。

△抑えはクリンチャー。△穴はメイショウテッコン。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・日経賞

1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられる。

2走前の休み明けの中山金杯でブラックバゴは、レース最速タイの上がりで1馬身半差の10着。前走の京都記念でも直線でいったん先頭に立つ見せ場十分の競馬で、1馬身1/4差の6着だった。惜敗が続いているが、今回はたたき3戦目の走りごろ。前2走の鬱憤を晴らして差し切る。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 メイショウテッコン  
2 2 ゴーフォザサミット      
3 3 アクションスター        
4 4 サクラアンプルール      
5 5 ブラックバゴ      
5 6 ルックトゥワイス
6 7 エタリオウ
6 8 グランアルマダ        
7 9 カフェブリッツ      
7 10 ハッピーグリン    
8 11 チェスナットコート        
8 12 クリンチャー  

買い目

大多7=6 7=9 7-1 7-12 6=9
綾恵7=6 7=1 7-2 7-12 6=1
山田7=10 7=4 7=6 10=4 10=6 4=6
たま5=12 5=7 5=1 5=6 5=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。