2019年3月9日(土)

11R

2019年3月9日(土) | 2回中山5日 | 15:45発走

第37回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)牝[指定] ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はミッキーチャーム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.5

軽快なスピードを誇り、デビューから(3.2.1.1)と好成績。前走・秋華賞(G1)では果敢に逃げて、勝ち馬のアーモンドアイから0秒2差の2着に粘り込んだ。今回は5カ月ぶりとなるものの、前向きな気性で久々は苦にしないタイプ。脚質的に小回りも合っており、ベストの1800M(3勝)なら押し切り濃厚だ。

○対抗はノームコア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.49.1

昨年のエリザベス女王杯(G1)で一線級相手に5着。1番人気に推された前走・愛知杯(G3)は出遅れが響いて2着に敗れたものの、勝ち馬に半馬身差まで猛追して力は示した。今回の中山では紫苑S(G3)をレースレコードで制するなど、3戦2勝、3着1回。スタートさえ決まれば勝機まである。

▲単穴はアドマイヤリード。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.3

一昨年のヴィクトリアマイル(G1)覇者。牡馬相手の前走・中山金杯(G3)は4着に敗れたが、実質トップハンデタイで0秒1差なら上々の結果だ。今回は牝馬限定戦の1800M戦(3勝)となるため、ハンデ頭でも有力な存在。引退レースで2つ目の重賞制覇を成し遂げ、有終の美を飾りたい。

△抑えはデンコウアンジュ。△穴はクロコスミア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

ラストランV、アドマイヤリード

2009年からの過去10年、連対馬は4-15、4-8、10-14、8-7、6-2、1-10=4、3-4、4-1、5-1、6-2番人気の組み合わせで決着した(11年は阪神競馬、14年は2着同着)。

上位1〜3番人気は3、2、1連対と絶不調で、人気薄の6〜15番人気から計9頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
2000円台…2回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

09、11、12年に2万1930円、4万330円、1万2780円と荒れたが、ここ5年はすべて3000円未満の配当に収まっている。

一方、3連単配当は、139万、12万、244万、62万、4万、2万=3万(2着同着)、2万、17万、4万、5万円台。4けたの順当な配当はなく、139万馬券や244万馬券が飛び出す難解な一戦となっている。ちなみに、3着は11、9、13、11、1、10=4(2着同着)、5、15、7、9番人気だった。

連対した21頭のクラス別は、重賞組14頭、オープン特別組3頭、準オープン組4頭。ハンデ戦ということもあり、格下準オープン組からも連対可能となっている。

ステップは4連対の愛知杯組がトップ。次いで、東京新聞杯組とターコイズS組が2連対で続いている。なお、最多連対の愛知杯組はここ5年に限ると、2勝、2着1回、3着3回と好走し、現在5年連続で馬券圏の3着以内を確保している。

年齢別は4〜7歳以上馬が5、10、6、0連対。連対率はそれぞれ10、19、15、0%。5歳馬が世代をリードしている。

また、連対馬のハンデは(56.5、54)(53、54)(53、51)(54、53)(56、54)(53、53=52)(54、54)(54、56)(53、56)(53、54)キロで決着。56キロ以上の重ハンデ馬の連対は4頭と少なく、81%は斤量54キロ以下の馬となっている。ただ、トップハンデ馬の成績は、(1、10)、(6、12)、(7、9、10、11、13、18)、14、6、9、(1、2、7、10)、(2、13)、2、(4、10、12)着。10回中4回で連対と上々の結果を残している。


◎……アドマイヤリードは昨年12月から横山典騎手とのコンビで、56キロを背負い牡馬相手にディセンバーS1着、中山金杯で0秒1差の4着と好走している。ここがラストランとなるが、メンバー中唯一のG1馬。牝馬限定戦で背負い慣れた斤量。有終の美を飾って第2の「人生」に旅立つ。

○……デビューからここまでノームコアは、紫苑S勝ちを含めて(3.1.2.1)の好成績。前走の愛知杯はスタートでつまずき、さらに前半62秒2というスローペースで2着に敗れたが、上がり3ハロンはレース最速の33秒5だった。中山は3戦して2勝3着1回と得意。ベストのコースで巻き返す。

▲……フローレスマジックは古馬になって初の重賞挑戦ターコイズSで、0秒4差の11着。スタートで後手に回り、直線でも窮屈になりスムーズさを欠いた。中山の芝1800Mは(2.1.1.0)と好相性で、軽量53キロ。発馬を決めて重賞奪取を決めたい。

△1……1000万下、準オープンと連勝した勢いで挑んだ前走の愛知杯で、ウラヌスチャームは0秒2差の4着。早めにポジションを取りに行って末脚が甘くなったが、見せ場十分の競馬だった。ハンデは前走据え置きの53キロ。直線勝負に持ち込めば差はない。

△2……ワンブレスアウェイは前走の愛知杯で待望の重賞初勝利。8番人気と評価は低かったが、好位4番手から正攻法の競馬で差し切った。繁殖入りが決まっており◎同様に今回がラストラン。全力投球で2個目のタイトル奪取に向かう。

△3……昨秋の秋華賞でミッキーチャームはアーモンドアイを相手に逃げて1馬身半差の2着。自分でペースを作り、1分58秒7の時計も優秀だ。5カ月ぶりと同型馬との兼ね合いがポイントとなるが、全3勝は芝1800M戦。大駆けに警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤリード  
2 2 ノームコア
3 3 カワキタエンカ        
3 4 アッフィラート        
4 5 クロコスミア      
4 6 ランドネ        
5 7 フロンテアクイーン      
5 8 レイホーロマンス        
6 9 ウラヌスチャーム    
6 10 デンコウアンジュ    
7 11 フローレスマジック      
7 12 ウインファビラス        
8 13 ミッキーチャーム
8 14 ワンブレスアウェイ    

買い目

大多13=2 13=1 13-5 13-10 2=1
綾恵13=1 13=2 13-9 13-14 1=2
山田2=13 2=7 2=10 13=7 13=10 7=10
たま1=2 1=11 1=9 1=13 1=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。