IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年2月24日(日)

11R

2019年2月24日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第93回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はディアドラ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.44.7

前走は2度目の海外遠征・香港C(国際G1)で2着。少頭数でペースが落ち着いてしまい、外から猛然と追い込むも届かなかった。昨年は海外帰りのクイーンS(G3)を3馬身差で圧勝しており、今回も追い切りは好調。G1馬5頭と相手も揃ったが、直線一気の差し切りを狙う。

○対抗はエポカドーロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.48.1

近2走はともに4着だったが、前々走・神戸新聞杯(G2)はスタートで躓き、前走・菊花賞(G1)も距離が長すぎた感。この世代が古馬に勝っていることは事実で、クラシックの主役級だった同馬の実力は高く評価するべきだろう。逃げ馬の動向次第では、皐月賞(G1)の再現も考えておきたい。

▲単穴はステルヴィオ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.44.7

前走・マイルCS(G1)は内枠からの先行策で古馬相手に快勝。追い込み一辺倒から脚質の幅が広がり、もう一つの武器が加わった。当舞台ではスプリングS(G2)でエポカドーロに競り勝っており、コース・距離共に不安なし。ひと回り成長した今なら、この相手でも有力候補になりそうだ。

△抑えはスワーヴリチャード。△穴はラッキーライラック。


今週のワンポイントアドバイス

中山巧者、ウインブライト

例年、豪華メンバーで争われる中距離重賞戦。今年もG1馬スワーヴリチャード(大阪杯)、ステルヴィオ(マイルCS)、ディアドラ(秋華賞)、さらに昨年の覇者ウインブライトなど11頭が集結して激戦を繰り広げる。

過去10回の連対馬は1-4、13-12、1-4、3-7、2-3、2-4、3-2、1-4、3-8、2-5番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は3、4、4連対とまずまずの成績を残しているが、7〜13番人気からも伏兵馬が4頭連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……2回

10、17年に1万円台の高配当が飛び出したが、2000円未満の堅い配当も6回。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

また、3連単配当は1万円台、53万円台、4210円、9万円台、2万円台、3万円台、7520円、3780円、31万円台、4万円台。こちらも馬連万馬券の年に53万円と31万円と荒れたが、4けた配当も3回。馬連同様に両極端の結果が出ている。ちなみに、3着は2、5、3、4、8、3、4、2、7、6番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、G1組11頭、G2組1頭、G3組6頭、オープン特別組2頭。重賞組が90%を占めている。

路線別(着順)は有馬記念(1、7、10着)組と天皇賞・秋(13、1、5着)組が3連対でトップを争い、2連対で中山金杯(1、2着)組と白富士S(8、2着)組が続いている。なお、2けた着順から巻き返した馬も3頭おり、前哨戦の成績はあまり気にしなくてもよさそうだ。

年齢別は4〜8歳以上馬が6、6、6、1、1連対。連対率はそれぞれ22、24、18、5、7%。6連対で4〜6歳馬が世代争いを繰り広げているが、率で5歳馬が一歩リードしている。

東西対決は関東馬が11連対(連対率15%)、関西馬は9連対(同18%)。連対数で関東馬、率で関西馬が好成績を挙げている。

性別は牡馬が115頭出走して18連対(連対率16%)、牝馬は7頭で2連対(同29%)。牝馬は2連対のみの成績だが、率では牡馬を大きく上回っている。


◎……この舞台でウインブライトはスプリングS、中山記念を含め3戦3勝。さらに、年明けにトップハンデ58キロで中山金杯を制覇と中山のターフで無類の強さを誇っている。今年はG1馬5頭と強敵がそろったが、中山コースの鬼が連覇するとみた。

○……相手はスワーヴリチャード。ここ2戦は10、3着。昨秋の天皇賞は他馬と接触して戦意を喪失し、前走ジャパンCは3着だったが、この馬本来の走りではなかった。大阪杯を制したときがベストの状態。力通りなら突き抜けても不思議はない。

▲……ディアドラは2走前の府中牝馬Sで上がり32秒3の豪脚で差し切り勝ち。前走の香港カップは勝ち馬にまんまと逃げ切られたが、地力で2着を確保した。中山は紫苑S勝ちを含めて(1.1.0.0)。決め手勝負なら出番は十分ある。

△1……ステルヴィオは昨秋、毎日王冠2着からマイルチャンピオンSを制覇。G1の皐月賞やダービーでは善戦止まりだったが、1800M以下では連対率10割、常に首位争いに絡んでいる。ひと息入っての参戦でも侮れない。

△2……前走の菊花賞でエポカドーロは8着。スローペースの流れに距離も長く、勝ち馬とは0秒8差だった。相手はかなりそろったが、昨年の皐月賞馬。平均ペースで流れる中距離の1800Mは(0.1.1.0)と得意。はまれば一発が決まる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ウインブライト    
2 2 マルターズアポジー        
3 3 ラッキーライラック    
4 4 シベリアンスパーブ        
5 5 ディアドラ
6 6 トルークマクト        
6 7 ステルヴィオ
7 8 ハッピーグリン        
7 9 エポカドーロ
8 10 スワーヴリチャード  
8 11 マイネルサージュ        

買い目

大多5=9 5=7 5-3 5-10 9=7
綾恵9=3 9=1 9-5 9-7 3=1
山田10=7 10=5 10=9 7=5 7=9 5=9
たま1=10 1=5 1=7 1=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。