2019年1月12日(土)

11R

2019年1月12日(土) | 1回中山3日 | 15:35発走

第35回フェアリーステークス(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアクアミラビリス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.37.2

エリザベス女王杯(G1)を制したクイーンズリングの半妹。デビュー戦ではラスト2ハロン10秒6-11秒1を好位から抜け出し、非凡な素質を垣間見せた。キャリア1戦での重賞挑戦となるが、有力馬の除外により傑出馬は不在。長距離輸送をクリアできれば、タイトル獲得も可能とみる。

○対抗はアマーティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.8

前走・サウジアラビアRC(G3)は勝ち馬にこそ離されたが、2着馬とは1馬身差の3着。持ち時計も大幅に更新しており、デビュー2戦目ながらも上々の内容だったと言える。軽度の骨折で休養を挟んだものの、調教では軽快な動きを披露。牝馬限定戦なら出番は十分にありそうだ。

▲単穴はフィリアプーラ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.4

1600Mに距離短縮した前走で初勝利。前が崩れる展開が味方したとはいえ、4角11番手の大外から豪快に差し切った。走破時計も優秀で、引き続き同舞台。初めての重賞でも警戒しておく必要があるだろう。

△抑えはホウオウカトリーヌ。△穴はレーヴドカナロア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初V、フィリアプーラ

過去10年、連対馬は1-4、11-2、1-7、3-14、10-5、1-10、11-8、3-10、10-1、2-6番人気で決まった。上位1〜3番人気の4、2、2連対はアテにならず、6番人気以下から10頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
1000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…2回
9000円台…2回
万 馬 券……3回

3けたの堅い配当で決着したことはなく、万馬券3回は3万3120円、3万9140円、3万2220円と大荒れ。人気薄馬の食い込みに警戒したい。

また、3着に10、1、2、5、2、4、3、7、7、7番人気が入った3連単配当は、13万、8万、1万、50万、51万、13万、48万、7万、27万、4万円台。2けた人気馬の健闘が目立ち、10中6回で10万円超の万馬券が飛び出す波乱のレースとなっている。

連対馬20頭のクラス別(着順)は、重賞(6、9、10、13着)組4頭、500万下(3、11、8、3、9、2、2着)組7頭、新馬(全馬1着)組5頭、未勝利(全馬1着)組4頭。新馬、未勝利組の計9頭はすべて1着からの連対で、500万下組以上は前走着順に関係なく巻き返しが可能となっている。

ステップは3連対の阪神ジュベナイルF組がトップ。2連対で赤松賞組、サフラン賞組と続いている。しかし、今年は上記有力路線からの出走馬はいない。

キャリアは1〜7戦以上馬が5、3、3、6、1、0、2連対。連対率はそれぞれ20、10、8、22、5、0、20%。キャリア1〜4戦に連対馬が集中している。

関東馬132頭と関西馬28頭で争った東西対決は、17対3。連対率は13、11%。ホームで戦える利を生かした関東馬が優勢となっている。


◎……フィリアプーラはデビュー戦を飾れなかったが、2戦目の未勝利戦を快勝。勝負どころから早めに動いて、大外から豪快に差し切った。1分34秒4の走破時計も上々。引き続き中山のマイルが舞台なら、重賞初Vが期待できる。

○……前走のプリミエラムールはスタートを決められず中団の7番手。新馬戦ほど前に行けなかったが、直線追い出されると2馬身差をつけてゴール。切れる脚はないが、力強い伸びを見せた。マイルは経験済みで、混戦になれば出番は十分ある。

▲……前走のサウジアラビアロイヤルCでアマーティは0秒8差の3着。勝ち馬を強気に追いかけていった分、詰めが甘くなったが、2着とは1馬身差なら悲観するものではない。初の中山でも先行力を生かせれば差はない。

△1……アクアミラビリスはデビュー戦を上がり3ハロン33秒2の末脚で抜け出した。スローペースで時計は平凡だったが、追い出してからの反応は素晴らしかった。引き続きM.デムーロ騎手が騎乗。過度の高速決着にならなければV争いに加われる。

△2……新馬戦を快勝したあとアゴベイは500万下特別で0秒1差の2着。その前走はスタートで安目を売ったが、4コーナー最後方から大外に出して連を確保した。初のマイル戦に不安はなく、小回りコースに対応できれば差はない。

△3……レーヴドカナロアは札幌のデビュー戦を後方からレース最速の上がりで鮮やかに差し切り勝ち。前走は8着に敗れたが、出遅れ、3カ月ぶり、さらに距離短縮とマイナス要因が重なった。3頭の姉が阪神ジュベナイルFで2、1、9着。たたき2戦目の一変があっても不思議はない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 フィリアプーラ
1 2 アゴベイ      
2 3 エフティイーリス      
2 4 スカイシアター        
3 5 サンタンデール        
3 6 レーヴドカナロア    
4 7 ウィンターリリー        
4 8 ホウオウカトリーヌ    
5 9 プリミエラムール    
5 10 セントセシリア        
6 11 アクアミラビリス
6 12 チビラーサン        
7 13 グレイスアン        
7 14 レディードリー        
8 15 メイプルガーデン        
8 16 アマーティ

買い目

大多11=16 11=1 11-6 11-8 16=1
綾恵11=1 11=16 11-3 11-9 1=16
山田1=11 1=8 1=16 11=8 11=16 8=16
たま1=9 1=16 1=2 1=6 1=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。