2019年1月5日(土)

11R

2019年1月5日(土) | 1回中山1日 | 15:35発走

第68回日刊スポーツ賞中山金杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマウントゴールド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.4

重賞初挑戦の小倉記念(G3)でレコード決着の3着。続くオクトーバーSでオープン初勝利を飾ると、前走・チャレンジC(G3)では連対を果たすなど、キャリアを重ねて着実に力をつけてきた。引き続き相性の良い2000M戦(3.1.2.2)。小回り向きの先行力を武器に初タイトルを狙う。

○対抗はウインブライト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.3

この中山で(3.2.0.1)のコース巧者。昨年の中山記念(G2)では並み居るG1ホースをまとめて撃破した。前走・マイルチャンピオンS(G1)は初めての京都遠征だったが、0秒4差(9着)と着順ほど負けていない。得意の中山ならトップハンデでも好勝負になる。

▲単穴はエアアンセム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.3

昨夏の函館記念(G3)を制し、7歳にして待望の重賞初制覇。前走・福島記念(G3)は3着止まりだったが、上位馬より重いハンデを背負って0秒2差と力は示した。この中山も走り慣れており、前々走・オールカマー(G2)では一線級相手に4着。引き続きマークは外せない。

△抑えはアドマイヤリード。△穴はコズミックフォース。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

復活V、タイムフライヤー

過去10年、連対馬は4-2、1-5、1-11、2-4、2-4、5-8、4-1、3-5、1-6、1-2番人気の組み合わせで決まった。5、4、1連対の1〜3番人気はアテにならないが、人気薄からの連対も6、8、11番人気の計3頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…4回
2000円台…3回
3000円台…1回
8000円台…1回

2014年に5、8番人気でゴールした8390円が最高配当。万馬券などの高配当はなく、残る9回はすべて4000円未満に収まり、特にここ4年は2000未満の堅い決着となっている。穴党が、荒れる金杯と楽しみにしていたころの波乱は起こっていない。

また、3着に11、15、5、5、1、1、5、1、4、10番人気が入線した3連単配当は、23万円台、24万円台、5万円台、4万円台、9400円、5万円台、1万円台、1万円台、1万円台、1万円台。09、10年に20万円超の万馬券が飛び出したが、その後はすべて荒れても5万円台止まり。こちらも近年は平穏に収まっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組15頭、オープン特別組4頭、準オープン組1頭。準オープンなどの条件組の連対は厳しくなっている。

路線別は4連対でディセンバーS組がトップ。2連対でマイルCS、朝日チャレンジC(現チャレンジC)、中日新聞杯、福島記念組が続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が5、6、5、4、0連対。連対率はそれぞれ23、18、13、12、0%。5歳馬が連対数で一歩リードしているものの、率では4歳馬がトップとなっている。なお、高齢8歳以上馬は連対したことがなく、3着を見ても入線はなし。明け8歳馬のエアアンセムにとっては気になるデータとなっている。

トップハンデ馬の成績は(1、14)、12、12、12、(1、10、12)、1、2、3、2、11着。ハンデ頭は3勝、2着2回で、10回中5回で連対ならノーマークにするのは危険か。


◎……今年は荒れそうな予感。そこでタイムフライヤーで勝負してみたい。3歳時の昨年は未勝利だったが、菊花賞で後のグランプリ馬ブラストワンピース(4着)と0秒2差。明け4歳馬はハイレベルで、17年にこの舞台でG1ホープフルSを制した実績がある。コース、距離ともピッタリの中山で復活Vを決める。

○……相手はマウントゴールド。8月の小倉記念で2着とクビ差。オープン昇級初戦で3着を確保し、2戦目のオクトーバーSを快勝した。前走のチャレンジC(2着)では勝ち馬に離されたが、安定した先行力で常に上位争いに加わっている。前走から据え置きのハンデ、小回りの中山も合う。

▲……ナスノセイカンは前走ディセンバーSで0秒5差の9着。5カ月ぶりでも4コーナーでは突き抜けるかの手応え。直線で前が壁になり末脚は不発だったが、上々の内容だった。引き続き中山で、前回より斤量も1キロ減。スムーズな競馬で巻き返す。

△1……前走のチャレンジCでステイフーリッシュは0秒7差の3着。菊花賞(11着)のあとで万全とはいえない状態で、3着を確保できたのは収穫だった。まだ2勝馬で実績では見劣るが、ダービー(10着)での着差は0秒6差。混戦になれば上位争いに浮上する。

△2……ウインブライトは富士S10着、マイルチャンピオンS9着。昨秋の2戦は不慣れなマイル戦に加え、夏に脚部不安で札幌記念を回避した影響もあったようだ。58キロの斤量は楽観視できないないが、中山はG2を2勝している舞台。良化途上でも軽視はできない。

△3……前走のディセンバーSでアドマイヤリードは4歳春以来1年半ぶりの勝利を飾った。マイル戦はついていくのに忙しく結果を出せなかったが、距離を延ばして鮮やかに差し切った。1800M戦で3勝の力量なら、距離延長も苦にならない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タニノフランケル        
1 2 アドマイヤリード  
2 3 コズミックフォース    
2 4 ランガディア        
3 5 サンマルティン        
3 6 エアアンセム  
4 7 マイネルハニー        
4 8 マウントゴールド
5 9 ストロングタイタン      
5 10 ヤングマンパワー        
6 11 ウインブライト    
6 12 タイムフライヤー    
7 13 ナスノセイカン      
7 14 ブラックバゴ        
8 15 ステイフーリッシュ    
8 16 マイネルサージュ        

買い目

大多8=11 8=6 8-2 8-3 11=6
綾恵6=15 6=12 6-3 6-8 15=12
山田6=9 6=8 6=2 9=8 9=2 8=2
たま12=8 12=13 12=2 12=11 12=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。