IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月24日(日)

11R

2019年11月24日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第39回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:曇 | 馬場:重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はユーキャンスマイル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

今年に入って重賞2勝をマーク。前走の天皇賞・秋(G1)はアーモンドアイら現役最強クラスを相手に4着と健闘し、改めて地力強化を印象づけた。近7戦中6戦で上がり3ハロン最速をマークしており、直線の長い東京コースは合っている。長丁場のダイヤモンドS(G3)を快勝した実績から、距離延長も歓迎だ。前走の天皇賞・秋で先着を許したメンバーが不在となれば、G1タイトルにも手が届く。

○対抗はレイデオロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.23.9

昨年の天皇賞・秋(G1)以降は勝ち星から遠ざかっているが、この東京コースでは(3.1.0.0)と好相性。一昨年に日本ダービー(G1)を制し、ジャパンC(G1)でも連対を果たしている。現役屈指の力量馬で、このメンバーでは実績上位の存在。秋初戦のオールカマー(G2・4着)をひと叩きされて状態は上向いており、ベストの舞台でダービー馬の意地を見せたいところだ。

▲単穴はカレンブーケドール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.22.8

オークス(G1)、秋華賞(G1)でいずれも2着に好走しており、現3歳牝馬トップクラスの一頭。オークスはレースレコード決着で、この東京芝2400Mへの適性も上々だ。牡馬の一線級との対戦は初めてとなるが、このジャパンCは過去10年で牝馬が6勝と好成績。3歳の本馬には斤量53キロの恩恵もあり、念願のG1制覇も夢ではないだろう。

△抑えはワグネリアン。△穴はスワーヴリチャード。


今週のワンポイントアドバイス

ベストの舞台、スワーヴリチャード

今年は創設39年目にして初めて外国馬が出走しない。さらに、昨年の覇者でG1・6勝のアーモンドアイも回避と、例年に比べて小粒なメンバー構成となった。

しかし、ジョッキーに目を向けると、ムーア、スミヨン、マーフィー、デットーリ、ビュイック騎手が短期免許で参戦し、ルメール、M.デムーロ騎手と日本から外国人ジョッキーが加わる。世界の名手が府中の2400Mでどんな手綱さばきを見せてくれるか。別の楽しみが競馬を盛り上げてくれる。

暮れのグランプリ有馬記念と並んで日本最高賞金3億円のかかった国際レースを勝利するのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は1-2、4-1、2-6、3-1、1-7、4-3、4-7、1-5、5-2、1-4番人気の組み合わせで決まった。1番人気は6連対(4勝2着2回)と可もなく不可もない成績だが、2、3番人気が3、2連対とパッとしない。しかし、6番人気以下の伏兵馬の連対も、6、7番人気のそれぞれ1、2連対だけ。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
2000円台…3回
4000円台…1回
万 馬 券……1回

15年に4、7番人気のゴールで1万160円の高配当となったが、残る9回は荒れても4120円止まり。平均出走頭数が17頭の多頭数戦でも波乱度は低い。

また、3連単配当は1万円台、2万円台、32万円台、5550円、22万円台、9万円台、5万円台、3万円台、1万円台、2690円。4けたの堅い決着も2回あったが、11、13年には32万、22万円台の万馬券が飛び出す波乱。こちらは時として大荒れとなっている。ちなみに、3着は6、8、14、2、11、6、1、6、1、2番人気だった。

連対馬20頭のクラス別(海外を含む)は、G1組16頭とG2組4頭。G3戦以下から参戦の馬は苦戦している。なお、3着馬を見ても、G1組9頭とG2組1頭。日本が世界に誇る招待レースだけに「格」を重んじなければならないG1競走となっている。

路線別は10連対で天皇賞(秋)組がトップ。次いで、京都大賞典組3連対、2連対で凱旋門賞組と秋華賞組が続いている。上記4路線が有力で、残る3頭は菊花賞、エリザベス女王杯、神戸新聞杯からの臨戦馬だった。

年齢別は3〜7歳以上馬が5、8、7、0、0連対。連対率は19、16、16、0、0%。6歳以上馬は連対したことがなく、3着に7歳馬が2頭入線しただけ。マカヒキなど6歳以上馬4頭にとっては気になるデータとなっている。

性別は牡馬が12連対(4勝2着8回)、牝馬は8連対(6勝2着2回)。牝馬は連対数で劣勢となっているが、勝率と連対率では牡馬を大きく上回っている。

スタートしてから最初のコーナーまで約360Mあるが、多頭戦だけに枠の内外による有利不利も気になるところ。枠別の成績を調べると、
1枠(4.2.3.10)
2枠(1.0.1.17)
3枠(2.1.2.15)
4枠(1.0.0.19)
5枠(0.3.0.17)
6枠(0.1.0.19)
7枠(1.0.3.20)
8枠(1.3.1.23)

内の1〜4枠と外の5〜8枠に大別して、馬券圏内の1〜3着馬30頭に注目すると、内の1〜4枠から合計17頭が出て、外の5〜8枠は13頭。内枠有利のデータが出ている。さらに、優勝馬に限ると10頭中8頭が内枠。馬単や3連単の軸馬には内枠から指名したい。


◎……スワーヴリチャードは前走の天皇賞(秋)で0秒9差の7着。アーモンドアイには離されたが、4カ月ぶりを思えば悲観する内容ではない。もともとたたき良化型。東京の2400Mはダービー2着、ジャパンC3着。ベストの舞台で昨年3着のうっぷんを晴らす。

○……相手は3歳牝馬のカレンブーケドール。前走の秋華賞は内の経済コースを回り、直線狭いところをこじ開けて2着と勝負根性を見せた。53キロで出られるのは魅力で、オークス2着の2分22秒8も優秀。仕掛けどころひとつでG1タイトルに手が届く。

▲……レイデオロは今年未勝利ながら6→5→4着と着順を上げて復調ムード。前走のオールカマーは逃げた馬がそのまま押し切るスローの流れだったが、後方から0秒4差に迫った。東京の芝はG1・2勝を含めて(3.1.0.0)と得意。上位2頭に見劣らない決め手を備えている。

△1……ユーキャンスマイルは2月のダイヤモンドSを制覇。ステイヤーの印象が強かったが、ここ2戦の新潟記念1着、天皇賞(秋)4着と中距離に対応してみせた。左回りは4戦して3勝と得意。前走からの距離2ハロン延長を味方に一発を狙う。

△2……ワグネリアンは今年3戦して3、4、5着。昨年のダービー馬としては物足りない成績だが、ペースや展開に恵まれない中で大崩れしないレースを続けている。前走・天皇賞(秋)は掲示板止まりだったが、切れ味は健在。G1奪取の舞台で覚醒しても不思議はない。

△3……ムイトオブリガードは5カ月ぶりのアルゼンチン共和国杯を勝利。ジョッキーの好騎乗もあったが、強敵相手に好位3番手から抜け出す強い競馬だった。実績では見劣るものの、今の勢いなら大駆けも十分期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カレンブーケドール    
2 2 ワグネリアン
2 3 ウインテンダネス        
3 4 ムイトオブリガード    
3 5 スワーヴリチャード
4 6 ユーキャンスマイル  
4 7 ダイワキャグニー      
5 8 レイデオロ    
5 9 ルックトゥワイス        
6 10 ダンビュライト        
6 11 シュヴァルグラン      
7 12 タイセイトレイル        
7 13 エタリオウ        
8 14 マカヒキ        
8 15 ジナンボー      

買い目

大多6=8 6=1 6-2 6-5 8=1
綾恵2=5 2=15 2-4 2-7 5=15
山田2=6 2=11 2=5 6=11 6=5 11=5
たま5=1 5=8 5=2 5=4 5=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。