IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月3日(日)

11R

2019年11月3日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第57回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はルックトゥワイス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.28.2

春の目黒記念(G2)をレコードで快勝。大外から上がり最速で鮮やかに差し切り、初タイトルを獲得した。全6勝中5勝を左回りコースで挙げているサウスポー。そのうち3勝が休み明けだったように、久々を苦にすることもない。本格化した今なら、トップハンデ克服も可能とみる。

○対抗はアイスバブル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.28.4

前走・小倉記念(G3)は7着。終いの伸びを欠いたが、勝ち馬から0秒4差なら大きく評価を下げる必要はないだろう。当舞台で行われた前々走・目黒記念(G2)では0秒2差2着に好走。当時の勝ち馬ルックトゥワイスとのハンデ差は2キロに広がるため、逆転の場面もありそうだ。

▲単穴はムイトオブリガード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.28.8

3連勝の勢いで臨んだ昨年の当レースは2着に惜敗。上がり32秒5の末脚で追い上げたが、0秒1差届かなかった。前走・目黒記念(G2)5着後は休養を挟み、帰厩後の調教では好時計を連発。初タイトルを獲得して昨年の雪辱を果たしたい。

△抑えはノーブルマーズ。△穴はアフリカンゴールド。


今週のワンポイントアドバイス

素質開花、アフリカンゴールド

過去10年、連対馬は11-4、1-2、3-1、2-3、7-4、2-4、1-4、2-4、1-7、3-1番人気の組み合わせで決着した。上位1〜4番人気が5、4、3、5連対と人気に応えて好走。人気薄馬の台頭は7、11番人気のそれぞれ2、1頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…6回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

10年前の2009年に1万3520円の万馬券が飛び出したが、その後は13年の5050円が最高配当。ハンデ戦でも平穏に収まる傾向を見せている。

また、3連単配当は、92万円台、4万円台、4万円台、1万円台、7万円台、1万円台、1万円台、8290円、1万円台、4万円台。こちらも09年に92万馬券が出る波乱となったが、9回は8万円未満で決着している。ちなみに、3着は10、9、8、6、3、3、3、3、3、11番人気だった。

連対馬20頭のクラス別(着順)は、重賞(14、5、3、4、4、6、3、7、9、6、2、9着)組12頭、オープン特別(1、4着)組2頭、3勝クラス(1、2、1、1、3、1着)組6頭。重賞組とオープン組が計14連対と格上の強さを見せている。なお、前走成績を見ると、重賞組は着順に関係なく反撃可能となっているが、条件組は3着以内が連対への理想条件となっている。

路線別は5連対でオールカマー組がトップ。次いで、宝塚記念組、京都大賞典組、アイルランドトロフィー組、オクトーバーS組、六社S組が2連対で続いている。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、10、4、5、0連対。連対率は20、28、8、15、0%。4歳馬が他世代を大きくリードし、7歳以上の高齢馬は連対なし。8歳で出走するハードル界のレジェンドのオジュウチョウサンには気になるデータとなっている。

トップハンデ馬の成績は(1、4、9)、(1、8)、2、4、(2、3、8)、9、4、(1、5、8)、4、10着。ハンデ頭は3勝、2着2回とまずまずの実績を残している。

東西対決は関東馬79頭と関西馬87頭で争い、6対14。連対率はそれぞれ8、16%。長距離輸送で東上する関西馬が関東馬を圧倒している。


◎……アフリカンゴールドは去勢明け2戦目の前走で六社Sを快勝。気性の難しさで出世が遅れていたステイゴールド産駒の素質がようやく開花した。実績では見劣るが、六社Sは2年連続で2着馬を輩出している好ステップレース。名手ルメール騎手とのコンビで重賞初奪取を決めたい。

○……ここ2戦のノーブルマーズは、小倉記念で0秒1差の3着、京都大賞典で0秒5差の4着。あとひと押しが利かずに勝ち切れずにいるが、相手なりに走るしぶとさを見せている。東京コースも昨年、目黒記念2着。いつ大駆けがあっても驚けない。

▲……ムイトオブリガードは昨年このレースで2着。同舞台だった5月の目黒記念は5着止まりだったが、東京コースは(3.1.0.1)と得意。昨年に休み明けで六社Sを快勝したように鉄砲もOKで、56キロの斤量も背負い慣れている。

△1……今年5月にルックトゥワイスは目黒記念を日本レコード2分28秒2で差し切った。中間に外傷を負って復帰が遅れたが、調教自体は順調にこなしている。久々の実戦となるが、休養明けは(3.1.0.1)と走る。ここも好勝負に持ち込める。

△2……トラストケンシンは3カ月半ぶりの前走・六社Sで2着。好位追走からいい伸び脚を見せたが、0秒2差まで詰めたところがゴールだった。たたき2戦目の前進は確実で、斤量も前回より2キロ減。警戒が必要だ。

△3……穴を出せばタイセイトレイルか。3走前に阪神芝2400MのグリーンSを57キロを背負って、レース最速の上がりで差し切り勝ち。スタミナを改めてアピールした。札幌の近2戦はいずれも3着だったが、東京なら末脚がさく裂しても不思議はない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アフリカンゴールド  
2 2 タイセイトレイル      
3 3 ハッピーグリン    
4 4 アイスバブル  
4 5 ルックトゥワイス
5 6 ポポカテペトル        
5 7 ムイトオブリガード    
6 8 マコトガラハッド        
6 9 ノーブルマーズ    
7 10 トラストケンシン    
7 11 パリンジェネシス        
8 12 オジュウチョウサン        
8 13 ウインテンダネス      

買い目

大多5=4 5=7 5-1 5-9 4=7
綾恵5=13 5=4 5-1 5-3 13=4
山田5=3 5=4 5=10 3=4 3=10 4=10
たま1=9 1=7 1=2 1=5 1=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。