IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年10月27日(日)

11R

2019年10月27日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第160回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアーモンドアイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.5

前走の安田記念(G1)はスタート直後の不利が響いて3着に終わったものの、勝ち馬とは同タイム。上がり3ハロン最速32秒4の豪脚で後方から猛追し、負けて強しを印象づけた。昨年は牝馬3冠達成に加え、ジャパンC(G1)をレコードで制して年度代表馬の座を獲得。休養を経て秋初戦となるが、今週の追い切りでは軽快な動きを見せており、仕上がりは良好だ。現役最強の女傑がライバルたちを一蹴し、堂々と復権を果たす。

○対抗はサートゥルナーリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.1

今年の皐月賞(G1)を制するなど、デビューから6戦5勝。日本ダービー(G1)では気性面の若さを見せて初黒星を喫したものの、前走・神戸新聞杯(G2)はしっかりと折り合い、4角先頭の横綱相撲で他馬を圧倒した。現3歳世代トップクラスの能力を誇り、ひと夏を越えての成長が顕著。ポテンシャルの高さで古馬撃破の可能性もありそうだ。

▲単穴はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.00.1

前哨戦のマイラーズC(G2)を快勝して臨んだ安田記念(G1)だったが、結果はまさかの最下位(16着)。本馬もアーモンドアイと同様にスタートの不利に泣かされ、後方のまま馬群に沈んだ。本来は軽快な先行力が持ち味で、好位で立ち回れるタイプ。2000Mは弥生賞(G2)、金鯱賞(G2)を制して2戦2勝と距離も守備範囲だ。スムーズな競馬なら一変が期待できる。

△抑えはワグネリアン。△穴はスワーヴリチャード。


今週のワンポイントアドバイス

能力互角、スワーヴリチャード

今年は天皇陛下が御即位されたことを祝して「慶祝競走」として実施される。フルゲートにこそならなかったものの、レース史上最多10頭のG1馬を含む16頭の豪華メンバーで「盾」争奪戦が繰り広げられる。大方の見方は「絶対王者アーモンドアイ」と「3歳最強馬サートゥルナーリア」の一騎打ち。2強でアッサリと決まるのか、それとも第3の馬が出現するのか。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

過去10年、連対馬は5-7、1-4、7-2、5-1、5-1、5-2、1-10、1-7、1-2、2-4番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は6、4、0連対。1番人気はまずまずの成績を残しているが、3番人気がなぜか0連対の絶不調で、7、10番人気から計4頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…2回
7000円台…2回
万 馬 券……1回

2009年に5、7番人気の順でゴールして1万6490円と荒れ、7000円台の高配当も2回。波乱含みとなっている。

また、3着に1、2、6、2、3、1、6、6、13、6番人気が入った3連単配当は、10万円台、7480円、21万円台、3万円台、1万円台、2万円台、10万円台、3万円台、5万円台、2万円台。こちらも10〜21万円台の万馬券が3回も飛び出している。

連対20頭のクラス別はG1組7頭とG2組13頭。G3以下からの参戦はなく、3着を見てみても全馬G1、G2レースからの臨戦馬。G3以下からの出走馬は割引材料となる。

ステップは毎日王冠(1、5、1、9、2、3、7着)組が7連対でトップ。宝塚記念(5、2、3、9、9、1着)組が6連対で続き、3連対の札幌記念(1、2、1着)組の順。上記3路線が有力で、連対馬の80%を占めている。ちなみに、残る4頭はセントライト記念(1着)、京都大賞典(1着)、安田記念(11着)、オールカマー(1着)からの参戦だった。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、8、9、0、1連対。連対率はそれぞれ14、19、20、0、3%。5歳馬が他世代を一歩リードしている。なお、3歳馬は【0.2.1.11】の成績。ここまで優勝したことはなく、2着2回。サートゥルナーリアにとっては気になるデータとなっている。

所属別は、関東馬62頭、関西馬107頭、地方馬1頭で争って、8、12、0連対。連対率は各13、11、0%。連対数で関西馬、率で関東馬が優勢となっている。

東京の芝2000Mは1コーナー奥のポケットからスタートする。一般に外枠不利が定説。そこで枠番別の成績を見てみると、
1枠【1.3.0.14】
2枠【2.1.0.16】
3枠【0.0.2.17】
4枠【4.2.3.11】
5枠【1.1.0.18】
6枠【2.1.1.15】
7枠【0.2.2.23】
8枠【0.0.2.26】
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠が13連対(7勝2着6回)、外の5〜8枠が7連対(3勝2着4回)。定説通り、勝利数、連対数とも内枠が外枠を上回っている。

過去10年のデータでは、安田記念から直行した馬の連対は1頭だけ。また、3歳馬は2連対しているものの、優勝馬はなし。「絶対女王アーモンドアイ」と「3歳最強馬サートゥルナーリア」の2強対決に付け入るスキはある。


◎……昨年の大阪杯馬スワーヴリチャードを本命に推す。そのG1タイトルを奪取してから勝ち星はないが、6戦中4戦で3着。昨年のジャパンC、今春のドバイシーマクラシックでも3着の実績からここで通用する能力は明らか。東京では【2.2.2.1】と底を見せておらず、芝2000Mも3勝の実績。適度に時計のかかる今の馬場も歓迎だ。

○……アーモンドアイの前走・安田記念3着はスタート直後に隣の馬に寄られたのが敗因。前残りの展開の中、レース最速32秒4の末脚でクビ+ハナ差まで迫った。絶対能力の高さは周知の事実。秋初戦でどんなパフォーマンスを見せてくるか。

▲……サートゥルナーリアは出遅れたダービーこそ4着に敗れたが、そのほかの5戦はすべて完勝。特に前走の神戸新聞杯はスローペースの2番手で折り合い、2着を3馬身突き放す勝利だった。世代トップの決め手の持ち主。V争いは必至だ。

△1……秋初戦の毎日王冠でアエロリットは0秒2差の2着。マイペースの逃げでゴール前まで粘ったが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。左回りは得意で、東京コースも【3.4.0.2】と好相性。距離1ハロン延長でも軽視できない。

△2……ダノンプレミアムは8戦して【6.0.0.2】の成績。2度の着外は距離が長かったダービー(6着)とスタート直後に大きな不利があった前走の安田記念(16着)だけ。2000Mは2戦2勝と負け知らず。能力だけ走れれば当然V戦線に浮上する。

△3……前走の札幌記念でワグネリアンはレース中に落鉄のアクシデント。それでも好位でしぶとく立ち回って0秒2差の4着と地力を見せた。4カ月半ぶりをたたき2戦目。舞台は東京スポーツ杯2歳S、ダービーを勝利した東京コース。G1馬の意地を見せられるか。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カデナ      
1 2 アーモンドアイ
2 3 ケイアイノーテック        
2 4 スワーヴリチャード  
3 5 アエロリット      
3 6 ユーキャンスマイル        
4 7 スティッフェリオ        
4 8 マカヒキ      
5 9 ダノンプレミアム    
5 10 サートゥルナーリア  
6 11 ゴーフォザサミット        
6 12 ドレッドノータス        
7 13 ランフォザローゼス        
7 14 ワグネリアン  
8 15 ウインブライト      
8 16 アルアイン      

買い目

大多2=10 2=9 2-4 2-14 10=9
綾恵14=2 14=16 14-1 14-8 2=16
山田2=4 2=10 2=15 4=10 4=15 10=15
たま4=2 4=10 4=5 4=9 4=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。