2019年6月9日(日)

11R

2019年6月9日(日) | 3回東京4日 | 15:45発走

第36回エプソムカップ(GIII)

芝・左 1800m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はミッキースワロー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.5

一昨年のセントライト記念(G2)勝ち馬。前走の新潟大賞典(G3)は後方から32秒台の上がりで馬群を割って伸び、僅差2着まで追い込んだ。勝ち馬との斤量差が3.5キロあったことを考えれば、負けて強しの好内容。別定戦で斤量56キロの今回は、久々の重賞制覇に期待がかかる。

○対抗はプロディガルサン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.2

前走の谷川岳S(L)はメンバー最速の末脚で追い込むも、全体の上がりが33.6秒と厳しく2着まで。とはいえオープン特別で3戦続けて2着なのだから、ここでも上位評価できる一頭だろう。当舞台は(0.2.1.0)と3着を外しておらず、引き続き馬券には加えておきたい。

▲単穴はソーグリッタリング。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.44.6

前走・都大路S(L)を最速の決め手で差し切り勝ち。道中は馬込みを避けた中団で脚を溜め、直線で外へ出すと抜群の手応えで抜け出した。リステッド競争を連勝中で、前々走ではプロディガルサンに先着。東京コースにも不安はなく、重賞のメンバーが相手でも楽しみは大きい。

△抑えはダノンキングダム。△穴はカラビナ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、ソーグリッタリング

過去10年の連対馬は2-1、1-3、1-6、1-2、4-3、2-4、2-1、1-3、5-1、2-4番人気の組み合わせで決着。上位1〜3番人気は7、5、3連対と人気に応えて、残る5頭も4〜6番人気から3、1、1連対。全連対馬が6番人気以内から出ている。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…3回
2000円台…3回

最高配当は2014年に2、4番人気でゴールして2360円。大荒れは期待薄となっている。

また、3連単配当は2720円、3万円台、1万円台、14万円台、3万円台、4万円台、2750円、1万円台、4万円台、2万円台。15番人気が3着に入線した12年に14万円台の万馬券が飛び出したものの、残る9回は5万円未満に収まっている。こちらも大波乱は起こっていない。ちなみに、3着は3、9、2、15、7、8、4、6、6、5番人気だった。

連対馬のクラス別は、重賞13頭、オープン特別組6頭、3勝クラス(準オープン)組1頭。オープン組が連対馬の95%を占め、条件組の出番は少ない。

ステップは5連対でマイラーズC組がトップ。3連対で新潟大賞典組とメイS組が並び、都大路S組が2連対で続いている。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、32、44、38、53頭が出走して0、12、5、3、0連対。連対率は0、38、11、8、0%。連対馬は4〜6歳馬に限られ、中では4歳馬が抜けている。


◎……ソーグリッタリングの勢いを買いたい。今年に入って六甲S、都大路Sとリステッドレースをメンバー最速の上がりで連勝した。中でも前走はラスト200M付近から一気に突き抜ける強い内容だった。重賞出走は16年の京都2歳S以来となるが、能力は重賞級。3連勝でタイトルを奪取する。

○……前走のメイSでレイエンダは1番人気を裏切って9着。硬い馬場を気にして、直線でも内から張られて力を出し切れなかった。3カ月半ぶりを一度使われた上積みは十分。新馬戦から3連勝し、セントライト記念で2着の素質馬。待望の重賞制覇が視野に入った。

▲……ミッキースワローは前走の新潟大賞典で出負け。後方からとなったが、57.5キロのトップハンデをものともせず上がり32秒9の末脚で0秒1差の2着に迫った。ここは別定戦で56キロの斤量で戦えるのは有利。時計のかかる馬場にも対応できる。

△1……プロディガルサンは休養を挟んで、目下3戦連続で2着。あとひと押しがなく勝ち切れずにいるが、前走は上がり32秒6の末脚で追い込んだ。兄がリアルスティール、妹のラヴズオンリーユーは無敗のオークス馬。東京コースとの相性も良く、そろそろVを決めたい。

△2……6カ月半ぶりの前走メイSでブレスジャーニーは5着。3番手追走の馬が押し切るペースを後方から追い込んで0秒5差なら悪くはない。2歳時に3連勝で東京スポーツ杯2歳Sを制した素質馬。復調なれば軽視はできない。

△3……アンノートルは前走・湘南Sを1分32秒6の好タイムで差し切り勝ち。直線外の馬に再三寄られて追いづらいシーンがありながら33秒2の末脚を発揮した。準オープンからの参戦で分は悪いが、ここでも通用する地力を秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ショウナンバッハ        
2 2 ハクサンルドルフ        
3 3 ストーンウェア        
3 4 ソーグリッタリング  
4 5 アップクォーク      
4 6 サラキア      
5 7 プロディガルサン
5 8 ミッキースワロー
6 9 レイエンダ    
6 10 ソウルスターリング        
7 11 カラビナ      
7 12 ブレスジャーニー      
8 13 アンノートル      
8 14 ダノンキングダム    

買い目

大多8=7 8=4 8-11 8-14 7=4
綾恵7=8 7=6 7-5 7-9 8=6
山田4=14 4=7 4=8 14=7 14=8 7=8
たま4=9 4=8 4=7 4=12 4=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。