IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月12日(日)

11R

2019年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第14回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

予想

◎本命はアエロリット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.31.3

昨年の当レースは落鉄のアクシデントがあり4着に終わったものの、勝ち馬とは0秒1差。東京は(3.2.0.1)と相性が良く、一昨年のNHKマイルC(G1)を制覇し、昨年の安田記念(G1)でも2着と牡馬相手にも結果を出している。初の海外遠征となった前走・ペガサスWCT(国際G1)は9着に敗れたが、得意なコースで牝馬同士なら見直しが必要だろう。今週は美浦坂路で好時計をマークしており、遠征帰りでも上々の仕上がり。持ち前のスピードを武器に2つ目のG1タイトルを奪取する。

○対抗はラッキーライラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.4

一昨年に2歳女王の座を獲得し、昨年は桜花賞(G1)2着、オークス(G1)3着の実績。ハイレベルな現4歳世代の中でも屈指の能力を誇り、前々走・中山記念(G2)では強豪牡馬とクビ差2着の接戦を演じた。前走・阪神牝馬S(G2)は馬群に揉まれて8着に敗れたが、広い東京コースでスムーズなら、巻き返しが期待できる。

▲単穴はミッキーチャーム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.6

昨年の秋華賞(G1)で逃げを打ち、アーモンドアイの2着に健闘。前走・阪神牝馬S(G2)は好位から力強く伸びて抜け出し、重賞初制覇を飾った。脚質の幅が広がったのは大きな収穫で、初めてのマイルにも難なく対応。前々走の中山牝馬S(G3)が14着と長距離輸送に不安を残すものの、当日の落ち着き次第ではチャンスがある。

△抑えはプリモシーン。△穴はレッドオルガ。


今週のワンポイントアドバイス

G1奪取、ノームコア

春の古馬の女王決定戦に18頭の才女が集結した。例年は実力の抜けた馬が2、3頭いるレースだが、今年は主役不在。この春のG1で一番難解なレースとなった。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-11、1-8、2-1、4-7、1-12、11-3、5-12、7-1、6-11、8-1番人気の組み合わせで決まった。1番人気は3勝、2着3回とまずまずの成績だが、2、3番人気が1、1連対と大不振。代わりに、6番人気以下から10頭もの伏兵馬が連対している。

3けた…………1回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…2回
8000円台…2回
万馬券…………2回

2015年に3万6880円の大穴が出て、一昨年も4万2710円の波乱決着。人気薄馬の台頭が珍しくなくなっている。

また、3連単配当は8万円台、8万円台、3620円、7万円台、19万円台、40万円台、2070万円台、4万円台、91万円台、6万円台。こちらも10万超の万馬券が4回飛び出して、中でも15年の2070万5810円はJRA史上第5位の高額配当として記録に残っている。ちなみに、3着は7、11、3、3、5、6、18、2、7、7番人気だった。

出走間隔は中2週=2頭、中3週=1頭、中4週=8頭、中5〜8週=8頭、3カ月以上=1頭。15年にケイアイエレガントが4カ月の休養明けで2着に好走したが、20頭中19頭は3〜4月に1度はレースに出走している。1月の米G1ペガサスワールドCターフ(9着)から帰国初戦で参戦するアエロリットには気になるデータとなっている。

路線別は阪神牝馬S組が8連対でトップ。2連対で大阪杯組、中山牝馬S組、福島牝馬S組が続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が12、5、2、1、0連対。連対率はそれぞれ14、9、7、14、0%。連対数で4歳馬が抜けているが、率を見ると高齢7歳馬も健闘している。

東西対決は関東馬64頭と関西馬114頭で争って、4対16。連対率は6、14%。関西馬が強い。


◎……ノームコアは1番人気に支持された中山牝馬Sで0秒2差の7着。絶好の2番枠からだったが、内々で前が詰まり、完全に脚を余した。今回はレーン騎手(25)に乗り替わるが、来日3日目に新潟大賞典を勝利し、現在6勝(複勝率52%)の豪腕ジョッキー。G3を1勝の身だが、今一番乗れている騎手とのコンビでG1奪取を決める。

○……前走の阪神牝馬でクロコスミアは好位からの競馬で0秒1差の5着。直線で十分に追えないシーンもあったが、控える競馬にメドを立てた。東京は府中牝馬S(G2)勝ちの実績があり、エリザベス女王杯で2年連続2着。ここでも見劣らない能力を秘めている。

▲……レッドオルガは全5勝を左回りの芝1600Mで挙げ、東京でも2勝。前走の阪神牝馬Sは0秒1差の7着に敗れたが、右回り、3コーナーで外に振られるロスが痛かった。スタートに不安を残すが、この舞台は得意。強敵相手でも好勝負に持ち込める。

△1……サトノワルキューレは前走の阪神牝馬Sで0秒3差の9着。スローペースで後方からの馬には厳しい展開だったが、レース最速の上がり32秒8の豪脚で追い込んだ。マイル戦は今回2度目。スタートを決めて、うまく脚をためられれば大駆けが期待できる。

△2……前哨戦の阪神牝馬Sでラッキーライラックは断然の単勝1.5倍の1番人気を裏切って8着。直線内にモタれてまともに追えなかったが0秒2差まで詰め寄った。振り返れば一昨年の2歳女王。実力を発揮できれば一変も可能だ。

△3……前走の福島牝馬Sでデンコウアンジュは3年半ぶりの勝利。追い込み馬に不利な流れの中でレース最速33秒8の末脚で見事に差し切った。もともと末脚をタメて直線で勝負するタイプ。展開が向けば一昨年11番人気で2着の再現もある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アマルフィコースト        
1 2 レッドオルガ
2 3 クロコスミア      
2 4 ノームコア    
3 5 メイショウオワラ        
3 6 ラッキーライラック    
4 7 ミッキーチャーム    
4 8 デンコウアンジュ      
5 9 プリモシーン    
5 10 ミエノサクシード        
6 11 アエロリット    
6 12 ワントゥワン      
7 13 サトノワルキューレ      
7 14 レッツゴードンキ        
7 15 カンタービレ        
8 16 ソウルスターリング      
8 17 サウンドキアラ        
8 18 フロンテアクイーン      

買い目

大多11=6 11=7 11-2 11-9 6=7
綾恵2=4 2=18 2-7 2-16 4=18
山田11=9 11=2 11=12 9=2 9=12 2=12
たま4=3 4=2 4=6 4=8 4=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。