2019年5月5日(日)

11R

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第24回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

予想

◎本命はグランアレグリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.7

前走・桜花賞(G1)を1分32秒7のレースレコードで快勝。4角先頭から豪快に突き抜け、後続をまるで相手にしなかった。距離適性を考慮してオークス(G1)は回避し、走り慣れた1600M(4戦3勝)の当レースへ参戦。この東京で新馬戦、サウジアラビアRC(G3)を連勝しており、コース適性も十分だ。牡馬相手でもG1連勝の期待は大きい。

○対抗はアドマイヤマーズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.9

昨年の最優秀2歳牡馬。1600Mで4戦全勝と好相性を誇り、昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)ではグランアレグリアに0秒4先着している。前走・皐月賞(G1)は4着に敗れたものの、本質的に2000Mは長かった印象。左回り(3戦2勝、2着1回)は苦にしないため、ベストのマイル戦なら復権のシーンもありそうだ。

▲単穴はダノンチェイサー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.7

前走・きさらぎ賞(G3)を制して重賞タイトルを獲得。2番手追走から楽々と突き抜け、ランスオブプラーナ(のちに毎日杯制覇)らを寄せ付けなかった。デビューから5戦4連対と底を見せておらず、長距離輸送も経験済み。課題の折り合いにも進境を見せているため、G1初挑戦でも警戒はしておきたい。

△抑えはファンタジスト。△穴はカテドラル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

変則2冠奪取、グランアレグリア

2009年からの過去10年、連対馬は10-5、1-5、1-2、1-3、10-6、1-17、3-4、1-2、2-13、6-2番人気の組み合わせで決まった。

上位1〜3番人気は5、4、2連対とほめられた成績ではなく、代わりに、6番人気以下から計6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
2000円台…2回
3000円台…1回
万 馬 券……4回

10回中4回で万馬券が飛び出す波乱で、そのときはすべて2けた人気馬が絡んでいる。一方、4000円未満の人気サイドの配当が6回。堅いか、荒れるかの両極端の傾向を見せている。

一方、3連単配当は238万円台、1万円台、7920円、26万円台、123万円台、68万円台、3万円台、3万円台、29万円台、12万円台。こちらも09、13年の238万、123万馬券のほか、10万超の万馬券が4回も出る大荒れ。穴党には楽しみなG1となっている。ちなみに、3着は13、3、4、15、8、12、2、12、6、9番人気だった。

連対馬20頭のクラス別はG1組4頭、G2組8頭、G3組6頭、オープン特別組2頭。前走が重賞なら格に関係なく連対可能となっている。

路線別(着順)は6連対のニュージーランドT(3、2、3、1、7、2着)組がトップ。3連対で毎日杯(1、2、2着)組が続き、2連対で皐月賞(5、8着)組、桜花賞(4、5着)組、スプリングS(2、12着)組が並んでいる。上記5路線が有力ステップで、連対馬の75%を占めている。なお、残る5頭は、ファルコンS(1着)、アーリントンC(1着)、橘S(1着)、フラワーC(1着)、アネモネS(4着)からの参戦だった。

前走成績は【6.5.2.2.2.3】(1〜5着、着外)。連対馬の20頭中17頭は前走5着以内に好走し、前哨戦で掲示板を外した馬の巻き返しは厳しくなっている。

また、距離別は
1400M……2頭
1600M……10頭
1800M……6頭
2000M……2頭

当レースと同距離のマイルから参戦の馬が強く、次いで1800M組。1400Mから距離を延ばした馬や2000Mからの臨戦馬は分が悪くなっている。

関東馬79頭と関西馬101頭で争った東西対決は、9対11。連対率はそれぞれ11、11%。連対数で関西馬が一歩リードしているものの、率は全くの互角。東西間格差は気にしなくてもよさそうだ。

また、性別は牡馬が154頭出走して16連対(連対率10%)、牝馬は26頭で4連対(同15%)。出走頭数の多い牡馬が連対数で優勢となっているが、率で牝馬が逆転。しかも牝馬の連対はここ4年で記録したもの。近年は牝馬から目が離せなくなっている。

最後に枠別成績(18頭立て)を見ると、
1〜4枠【5.3.4.68】(連対率10%)
5〜8枠【5.7.6.82】(連対率12%)
(1、2、3着、着外)

内枠80頭と外枠100頭で争い、1着馬は互角の5頭ずつとなっているが、2着馬、連対率で外枠がやや有利となっている。


◎……グランアレグリアは桜花賞で、朝日杯フューチュリティS以来の中111日でライバル17頭を一蹴。勝ち時計も前年のアーモンドアイのレコードを0秒4更新した。マイルがベストで、東京も2戦2勝。05年のラインクラフト以来、史上2頭目の桜花賞&NHKマイルCの変則2冠馬が誕生する。

○……相手はカテドラル。前走アーリントンCは出遅れて最後方18番手。はじめて経験する競馬となったが、直線ごぼう抜きにしてクビ差の2着。野路菊Sでヴェロックス(皐月賞2着)を負かしたことがフロックでないことを証明した。人気薄だが流れひとつで首位争いに浮上する。

▲……ヴァルディゼールは前走8着。成績からは狙いづらいが、そのアーリントンCは直線で馬群に包まれて全く追えず。それでも勝ち馬と0秒2差なら負けて強しの内容だった。シンザン記念をキャリア2戦で制覇した素質馬。力を出し切ればV奪取も十分ある。

△1……アドマイヤマーズは4戦全勝で2歳チャンピオンの座を射止めたあと、共同通信杯2着、皐月賞4着。G3、G1と2連敗中だが、2走前は不得手な瞬発力勝負、前走はやや積極性に欠けた競馬と敗因はハッキリしている。4戦4勝のマイルでの巻き返しを警戒したい。

△2……前走きさらぎ賞をダノンチェイサーは2馬身差で圧勝。さすがディープインパクト産駒といわしめるレースセンスや末脚を発揮した。ただ、今回は一瞬の切れ味が必要なマイル戦。皐月賞に出走せずにここに参戦してきた不気味さは感じるものの、今回は△にとどめたい。

△3……穴ならケイデンスコール。前走の毎日杯は0秒2差の4着に敗れたが、勝負どころでの不利をはね返し、レース最速の上がり33秒9の伸び脚は際立っていた。左回りは新潟2歳S勝ちを含めて【2.1.0.0】と得意。スムーズなら直線一気に突き抜ける可能性まである。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 クリノガウディー        
1 2 プールヴィル        
2 3 ダノンチェイサー  
2 4 イベリス        
3 5 マイネルフラップ        
3 6 グルーヴィット        
4 7 グランアレグリア
4 8 ヴァルディゼール      
5 9 ミッキーブラック        
5 10 カテドラル  
6 11 ロードグラディオ        
6 12 ワイドファラオ        
7 13 ファンタジスト    
7 14 ハッピーアワー        
7 15 ヴィッテルスバッハ      
8 16 トオヤリトセイト      
8 17 アドマイヤマーズ
8 18 ケイデンスコール      

買い目

大多7=17 7=3 7-10 7-13 17=3
綾恵17=7 17=3 17-15 17-16 7=3
山田7=17 7=10 7=13 17=10 17=13 10=13
たま7=10 7=8 7=3 7=17 7=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。