2019年4月21日(日)

11R

2019年4月21日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第54回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はフェアリーポルカ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.3

前走・君子蘭賞(500万下)は中団に控えて脚をためると、直線で楽々と抜け出し他馬を一蹴。ペースの違いがあったとはいえ、走破時計は同日の毎日杯(G3)を0秒4上回った。2000Mでデビュー戦を快勝しており、前々走・若駒S(オープン)では牡馬を相手に3着確保。初の長距離輸送が課題となるものの、牝馬限定戦なら有望視できる。

○対抗はウィクトーリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昨夏のデビュー戦でレコード勝ちの逃走劇を披露。その後2戦は控える競馬で連敗したが、前走(500万下)は逃げる形に戻して後続を完封した。ハナを切った際のパフォーマンスが高く、開幕週なら持ち味を存分に発揮できそう。同型の出方は気になるものの、主導権を握って勝機を掴みたい。

▲単穴はエアジーン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.02.1

休み明けの前々走は4着に敗れたものの、ひと叩きされた前走・ミモザ賞(500万下)を制して2勝目。課題の折り合い面に進境を見せ、距離延長をこなせたことも収穫だった。東京は初めてだが、末脚堅実で直線の長いコースは合いそう。重賞でも警戒はしておくべきだろう。

△抑えはセラピア。△穴はシャドウディーヴァ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

上昇度一番、エアジーン

過去10年、連対馬は2-3、1-4、9-15、1-2、1-2、4-6、2-1、3-2、12-10、1-13番人気で決着した。1、2番人気は5、5連対と期待に応えているが、3番人気が2連対と不調で、6番人気以下から6頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…4回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

2けた人気が連対した年に、10万3540円、3万2010円、1万3300円の万馬券が出ているが、2000円未満の配当も6回。堅いか、荒れるかの見極めが必要となっている。

また、3着に4、2、3、18、9、13、3、13、2、5番人気が入線した3連単は、1万円台、6830円、113万円台、16万円台、2万円台、108万円台、1万円台、22万円台、39万円台、11万円台。こちらは100万馬券が2回、ほかにも10万超の万馬券が4回と、大荒れの牝馬G2戦となっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組5頭、オープン特別組1頭、500万下組11頭、未勝利組3頭。格上の重賞組が有利というデータはなく、オークスへのプラチナ切符(2枚)に全力投球する500万下組以下の好走が際立っている。

路線別(着順)は4連対でフラワーC(2、3、2、3着)組と君子蘭賞(1、1、1、2着)組がトップを争い、ミモザ賞(2、1着)組2連対の順。

キャリア別は2戦以下〜8戦以上馬が26、33、26、32、18、17、21頭出走して、1、7、2、3、1、3、3連対。連対率はそれぞれ4、21、8、9、6、18、14%。キャリア3戦以上が理想で、8戦以上でも減点材料にはならない。


◎……デビューからエアジーンは1、4、1着。2走前は休み明けでラスト伸びを欠いたが、前走ミモザ賞でクビ差の接戦を競り勝ち、トライアルに進出してきた。相手は強くなるが、ハービンジャー産駒の素質馬で成長度は一番。2連勝でオークス奪取に向かいたい。

○……相手はフェアリーポルカ。大外18番枠に入った分、割り引いたが、前走の君子蘭賞を中団から鋭く伸びて快勝。芝1800M1分46秒8の勝ちタイムは、同日の毎日杯を0秒4上回った。初の長距離輸送をクリアできれば、オークスの出走権獲得も可能だ。

▲……ウィクトーリアはデビュー戦を3馬身差の2歳レコードで圧勝。その反動があったか、続く2戦を凡走したが、休養を挟んだ前走の中山芝1800Mを楽勝した。2勝はともに逃げ切り。ハナをたたけば押し切るスピードを秘めている。

△1……セラピアは前走の未勝利戦で、経験馬相手に後続を2馬身半突き放す完勝。スローペースだったとはいえ、ほとんど馬なりで上がり33秒3をマークした。決め手は優に重賞級。遅れてきた大物になるかどうか、ここが試金石となる。

△2……ウインゼノビアは前走・阪神ジュベナイルFで大敗したが、2走前のアルテミスS4着が高水準。初距離となるが、父スクリーンヒーローがジャパンCの優勝馬なら距離不問。久々の実戦に戸惑うことがなければ、ここでも十分通用する。

△3……シャドウディーヴァは東京芝2000Mを4戦して、1勝、2着2回、3着1回。4戦とも33秒台の上がりで、すべて馬券圏を確保している。中でも稍重の未勝利戦で2着を4馬身ちぎったレース内容は濃かった。ベストの舞台に戻ったここは軽視できない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ローズテソーロ        
1 2 シャドウディーヴァ  
2 3 エトワール        
2 4 ウィクトーリア  
3 5 ペレ        
3 6 ウインゼノビア    
4 7 アモレッタ        
4 8 パッシングスルー        
5 9 ジョディー      
5 10 セラピア  
6 11 ネリッサ        
6 12 エアジーン  
7 13 フォークテイル        
7 14 イノセントミューズ        
7 15 ヴィエナブロー        
8 16 クラサーヴィツァ        
8 17 レオンドーロ      
8 18 フェアリーポルカ

買い目

大多18=4 18=12 18-2 18-10 4=12
綾恵18=10 18=4 18-6 18-12 10=4
山田2=18 2=9 2=17 18=9 18=17 9=17
たま12=18 12=4 12=2 12=6 12=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。