IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年8月10日(土)

11R

2019年8月10日(土) | 2回新潟5日 | 15:45発走

新潟日報賞

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | 3勝クラス(1600万下) (混合)[指定] ハンデ | 本賞金:1820、730、460、270、182万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はレノーア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.20.3

前走・由比ヶ浜特別(2勝クラス)は初対戦の古馬を相手に快勝。軽ハンデだったとはいえ、先行有利な展開で後方から鮮やかに差し切った。上がり3ハロンは32秒9と抜群の切れ味。引き続き軽ハンデ51キロなら、末脚が炸裂する。

○対抗はジョイフル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.20.5

近2戦はブリンカーを着用して5、2着。いずれも持ち時計を更新し、勝ち馬と0秒2差に好走している。大型馬らしく叩かれつつ状態も上昇カーブを描いており、そろそろ勝機があってもいいだろう。

▲単穴はアダムバローズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.20.7

△抑えはカレングロリアーレ。△穴はジュランビル。


今週のワンポイントアドバイス

速力上位、リカビトス

同条件で行われた過去5回のレースは、17、18、17、18、17頭立て。連対馬は6-8、10-1、6-11、4-1、7-8番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気馬の2、0、0連対は全くアテにならず、人気薄の6〜12番人気から計7頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
1000円台…1回
3000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……2回

2016年に2けた11番人気が2着に食い込み3万6870円と荒れ、昨年も伏兵馬同士のワンツーで1万420円と荒れた。

また、3着に1、5、2、11、9番人気が入線した3連単配当は8万、7万、42万、10万、24万円台で決着。こちらも10万円を超す高配当が3回も飛び出す波乱となっている。

連対馬10頭のクラス別(着順)は、3勝クラス(6、10、5、3、14、6着)組6頭、2勝クラス(1、1、1、1着)組4頭。3勝クラス組は前走成績に関係なく反撃可能だが、2勝クラス組は1着が連対への絶対条件となっている。

また、距離別は1200M3頭、1400M6頭、1600M1頭。このレースと同距離から臨戦した馬が好走している。

路線別は唯一、豊明S組から2頭が連対しているが、強気に推せる材料とはいえない。

年齢別は3〜7歳以上馬が4、13、40、17、13頭出走して1、2、6、1、0連対。連対率はそれぞれ25、15、15、6、0%。連対数で5歳馬、率で3歳馬が世代をリードしている。

関東馬50頭と関西馬37頭で争った東西対決は5対5で、連対率は10、14%。連対数は互角でも、率で関西馬が一歩リードしている。

性別は牡馬が53頭出走して10連対(連対率19%)、牝馬は34頭で連対ゼロ。夏に走るといわれる牝馬だが、連に絡んだことはなく、3着に2頭が入線しているだけ。大挙8頭の牝馬が出走しているが、手放しで飛びつけるようなデータはない。

また、連対馬10頭のハンデは(55、55)(55、53)(55、54)(55、57)(54、55)キロの組み合わせで決着。52キロ以下の軽ハンデ馬や57キロ以上の重ハンデ馬は苦戦中で、53〜55キロの馬が好成績を挙げている。

なお、トップハンデ馬は58キロ、57.5キロ、57.5キロ、57キロ、57.5キロを背負って3、14、3、2、8着。優勝したことはないものの、5回中3回で馬券対象の3着以内。ハンデ頭は無視できない存在となっている。


◎……リカビトスは前走の多摩川Sで出遅れ。直線でも追えないようなシーンがありながら0秒4差の7着。スムーズなら着差はもっと詰まっていた。初の1400M戦となるが、新潟の芝は2戦2勝と得意。発馬互角ならスピードで押し切れる。

○……前走の由比ヶ浜特別をレノーアは1分20秒3の好時計勝ち。中団追走から上がり32秒9の豪脚で差し切った。マイル戦にも勝ち星があるが、2勝を挙げている1400M戦がベスト。引き続き51キロの軽量だけに目が離せない。

▲……前走の豊明Sでジョイフルはレース最速の上がりで1馬身半差の2着。直線で勝ち馬とのたたき合いを制し切れなかったのは、2キロの斤量差か。昨年暮れの2勝クラス勝ちが7ハロン戦。この距離なら引き続きV争いになる。

△1……モアナは芝1400Mで(3.0.4.1)と好走。2走前はハナ差の勝利だったが、中団待機から良く伸びて勝利した。前走は4着に敗れたが、久々の6ハロン戦で忙しかったようだ。距離適性の高さは証明済みで、上位争いに食い込める。

△2……前走の豊明Sでアダムバローズは0秒5差の3着。勝ち馬には離されたが、ハイペースの2番手でしぶとい粘りを見せた。56キロを背負うハンデ頭だが、自身は前回より1キロ減。ここも上位争いが期待できる。

△3……カレングロリアはデビューから(3.0.1.1)の成績。着外は6着の1600M戦だったが、残る4戦は左回りの1400M戦。この条件では底を見せていない。昇級戦、古馬相手と楽ではないが、ここでも通用するスピードを秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コーディエライト        
1 2 ジュランビル      
2 3 レノーア  
2 4 ルタンデュボヌール        
3 5 コパノディール        
3 6 レッドオルバース        
4 7 アバルラータ      
4 8 リュウノユキナ        
5 9 モアナ  
5 10 リカビトス    
6 11 レオナルド        
6 12 ジョイフル
7 13 ボンセルヴィーソ        
7 14 カネトシブレス        
7 15 アンブロジオ      
8 16 ドゴール        
8 17 アダムバローズ  
8 18 カレングロリアーレ    

買い目

大多3=12 3=17 3-2 3-18 12=17
綾恵9=12 9=7 9-10 9-17 12=7
山田3=9 3=12 3=15 9=12 9=15 12=15
たま10=3 10=12 10=9 10=17 10=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。