2019年8月18日(日)

11R

2019年8月18日(日) | 2回札幌2日 | 15:45発走

第55回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサングレーザー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.0

昨年の当レースを含め、札幌で3戦3勝の洋芝巧者。前走の安田記念(G1)は掛かるそぶりを見せ5着に終わったものの、0秒2差なら大きく評価を下げる必要はない。輸送で体が減りやすいため、滞在できる北海道は理想的。ライバルは休養明けや海外遠征を控えており、ベストコンディションで挑めるのも大きな強みだろう。適鞍で連覇を狙う。

○対抗はワグネリアン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.1

前走・大阪杯(G1)は半年の休養明けながらも0秒1差3着。上位2頭とは位置取りの差が出たものの、荒れた馬場をこなしてブラストワンピースに先着した。古馬になってからは心身ともに成長。初の札幌コースでも力を出せるはずだ。

▲単穴はフィエールマン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

菊花賞、天皇賞・春と長距離G1を2勝。好メンバーが揃った今回でも実績上位の一頭だろう。前走から距離は一気に1200M短縮されるが、1800〜2200Mで(2.2.0.0)と中距離も不安なし。凱旋門賞への挑戦に向け、結果が求められる一戦となる。

△抑えはブラストワンピース。△穴はクロコスミア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

コース巧者、サングレーザー

新潟記念(9月1日)まで全5戦で争われる「サマー2000シリーズ」第4戦。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は7-1、1-5、1-5、4-1、2-8、2-1、5-8、5-1、6-12、2-1番人気で決まった(2013年は函館競馬)。1番人気は7連対と人気に応えているが、2、3番人気が3、0連対と不振。代わりに6〜12番人気から5頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…5回
4000円台…1回
万 馬 券……2回

10回中7回は2000円未満の堅い配当で決まっているものの、1、2番人気がそろって期待を裏切った15年、17年に1万4080円、3万7670円の万馬券となる波乱の決着。人気薄馬の食い込みにも警戒が必要となっている。

一方、3連単配当は3万、3万、1万、1万、7万、1万、23万、2万、20万、1万円台。馬連万馬券の年に23万、20万円台の高配当となったが、ほかは荒れても7万円台止まり。全体としては平穏に収まっている。ちなみに3着は4、7、2、2、14、7、4、4、1、4番人気だった。

ステップ(着順)は函館記念(3、1、3、6、9、7着)組が6連対でトップ。宝塚記念(3、13、9、1着)組が4連対、2連対で安田記念(2、5着)組とオークス(1、2着)組が続いている。なお、上記路線からの参戦馬なら前走成績は気にしなくてもよさそうだ。

年齢別は3〜7歳以上馬が11、30、42、29、37頭が出走して、2、4、7、4、3連対。連対率は18、13、17、14、8%。連対数で5歳馬がリードしているものの、率では3歳馬が頭ひとつ出ている。

性別は牡馬125頭出走して17連対(連対率14%)、牝馬は24頭で3連対(同13%)。牡馬が牝馬をリードしている。


◎……G1馬4頭に加え、ここ2年の勝ち馬など一線級の14頭が顔をそろえた。本命に昨年の覇者サングレーザーを推す。その昨年は直線で力強く伸びてダービー馬マカヒキを撃破。続く天皇賞(秋)でも2着を確保した。今年はG1で12、5着と敗れているが、大阪杯はエンジンのかかったところでつまずき、安田記念は0秒2の小差。3戦3勝の札幌が舞台なら連覇のチャンスだ。

○……相手は昨年のグランプリホース・ブラストワンピース。今年の2戦は不本意な結果となったが、2走前の大阪杯は0秒3差、目黒記念は斤量59キロとどちらも悲観する敗戦ではない。秋最大の目標・凱旋門賞に向けてぶざまなレースはできない。

▲……ワグネリアンは昨年、ダービーを勝ち、秋の神戸新聞杯も快勝した。前走・大阪杯は6カ月ぶりだったが、0秒1差の3着とG1馬の底力を見せた。ここも4カ月半の休み明けとなるが、久々を全く苦にしないタイプ。フィエールマンとの同期対決も見物だ。

△1……フィエールマンは菊花賞、天皇賞(春)を制覇。ハナ、クビ差の勝利で派手さはないが、好位から直線抜け出すオーソドックスな競馬で2冠を獲得した。実績ナンバーワンの存在だが、初の洋芝で、一線級相手の2000M戦も初めて。印は△とした。

△2……クロコスミアはこれまで重賞で3着以内入線が7回あるが、そのときに最も人気を集めたのが5番人気。前走のG1ヴィクトリアマイルも11番人気で0秒1差3着の穴メーカーだった。今回も人気薄は確実。穴を出せばこの馬だ。

△3……ランフォザローゼスは父キングカメハメハ、母父ディープインパクトで祖母がエアグルーヴという超がつく良血馬。まだ1勝馬の身で勝ち負けに持ち込むには難しそうだが、馬券対象の3着になら狙えるか。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラストワンピース  
2 2 クルーガー      
3 3 ステイフーリッシュ      
3 4 ナイトオブナイツ        
4 5 ロードヴァンドール        
4 6 ランフォザローゼス      
5 7 エイシンティンクル        
5 8 ゴーフォザサミット        
6 9 フィエールマン
6 10 サングレーザー    
7 11 ペルシアンナイト    
7 12 ワグネリアン
8 13 サクラアンプルール        
8 14 クロコスミア    

買い目

大多10=12 10=1 10-9 10-14 12=1
綾恵12=9 12=11 12-2 12-3 9=11
山田9=12 9=1 9=11 12=1 12=11 1=11
たま10=1 10=12 10=6 10=9 10=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。