競馬 - 阪神ジュベナイルフィリーズ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月9日(日)

11R

2018年12月9日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

予想

◎本命はダノンファンタジー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.9

デビュー戦こそグランアレグリア(次走で重賞圧勝)の2着に敗れたが、ひと夏越して馬体が成長。この阪神1600Mで初勝利を挙げると、前走・ファンタジーS(G3)は一頭だけレベルの違う決め手で突き抜けた。終いは流す余裕すら見せるなど、能力は世代トップクラス。中間は古馬に先着して好調ぶりをアピールしており、G1戴冠の可能性は高い。

○対抗はシェーングランツ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.7

前々走(未勝利)で5馬身差の圧勝劇を披露し、続くアルテミスS(G3)で重賞タイトル獲得。4角13番手から豪快な直線一気を決め、末脚の非凡さを見せつけた。まだ発馬に課題を残すものの、直線の長い外回りコースなら挽回は可能。引き続き1600Mで行われることも好材料だ。長距離輸送を克服できれば、好勝負は必至とみる。

▲単穴はクロノジェネシス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから2連勝を果たし、2戦ともに上がり最速をマーク。前走・アイビーS(2歳オープン)は極端な瞬発力勝負だったが、上がり32秒5の末脚で差し切った。短期放牧でリフレッシュを図り、中間の動きも上々。急坂への対応がカギとなるが、決め手比べになれば出番がありそうだ。

△抑えはビーチサンバ。△穴はプールヴィル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

2歳女王奪取、ダノンファンタジー

2歳の女王決定戦。2戦2勝でサウジアラビアロイヤルC(G3)を制したグランアレグリアが朝日杯フューチュリティSに回るが、今年も豪華メンバーが集結した。過去10年のレースで傾向を探ってみたい。

連対馬は1-3、2-5、1-4、4-8、5-15、5-1、5-2、1-10、1-2、2-3番人気で決まった。上位1〜3番人気は5、4、2連対と可もなく不可もない成績だが、20頭中17頭が5番人気以内から出ており、人気薄馬の連対は8、10、15番人気の各1頭ずつと少ない。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
2000円台…2回
3000円台…1回
4000円台…1回
万 馬 券……1回

2012年に5、15番人気のワンツーで3万5990円の大穴となったが、残る9回は5000円未満で決着。フルゲートの18頭立てでも波乱度は低い。

一方、3着に4、6、8、1、10、8、4、3、3、4番人気が入った3連単配当は、1万、2万、2万、6万、304万、4万、2万、3万円台と、4250円、8560円。304万馬券が飛び出した12年を除くと、比較的平穏に収まっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組12頭、オープン特別組1頭、500万下組5頭、新馬組1頭、未勝利組1頭。オープン組が13連対と幅を利かせているが、500万下組以下にもチャンスある。

路線別は5連対でアルテミスS組がトップ。14年にG3に昇格してから4年連続で5連対と、その存在感をアピールしている。ほかでは、ファンタジーS組が3連対、2連対で赤松賞組と続いている。

また、前走成績は【14.4.1.0.1】(1〜5着)。20頭中18頭が前走で連対を果たし、3着を見てみても8頭が該当。馬券対象の30頭中26頭が2着以内に好走している。

東西対決は、関東馬が54頭出走して9連対(連対率17%)、関西馬は126頭で11連対(同9%)、関西馬が連対数でリードしているが、率で関東馬が上回っている。


◎……ダノンファンタジーがデビュー戦で敗れた相手は、次走のサウジアラビアロイヤルC(G3)を3馬身半差で圧勝したグランアレグリア。これと2馬身差なら悲観する内容ではない。阪神の芝1600Mは2走前に楽勝した舞台。牝馬同士なら能力上位は明らか。3連勝で2歳女王の座を射止める。

○……前走のアルテミスSでビーチサンバは半馬身差の2着。直線抜け出して、勝ったと思ったところを大外からシェーングランツの強襲にあった。05年の2歳王者フサイチリシャールの全妹。まだまだ上を目指せる存在で、デビュー勝ちの舞台に戻ったのも好材料だ。

▲……クロノジェネシスはデビューから牡馬を相手に2連勝。注目はその決め手で、特に前走の上がり32秒5は強烈だった。1800→1600Mに距離短縮となるが、阪神外回りなら問題ない。無傷の3連勝でビッグタイトルを狙う。

△1……前走のアルテミスSでシェーングランツは出遅れ。後方からとなったが、直線大外から一気に差し切った。展開がはまった感もあるが、東京のマイルを上がり33秒8で突き抜けたのは大きな自信となる。スタートの不安で評価を下げたが、末脚は確か。

△2……グレイシアは1番人気に推された前走のアルテミスSで11着。好位3番手でレースを進められたが、気性的な難しさを出したか、力を出し切れなかった。新馬、アスター賞の勝ちっぷりから、潜在能力の高さは証明済み。仕掛けどころひとつで巻き返しも可能だ。

△3……芝1600Mの新馬、サフラン賞をレッドアネモスは連勝。半馬身、クビ差の勝利で派手さはないが、勝負根性、自在性は大きな魅力。持ち時計が遅くスピード決着への対応がカギとなるが、混戦になれば出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ベルスール      
1 2 ジョディー        
2 3 プールヴィル      
2 4 シェーングランツ
3 5 メイショウショウブ        
3 6 スタークォーツ        
4 7 ウインゼノビア        
4 8 ラブミーファイン        
5 9 クロノジェネシス  
5 10 タニノミッション        
6 11 ビーチサンバ
6 12 レッドアネモス      
7 13 ダノンファンタジー
7 14 サヴォワールエメ        
7 15 ローゼンクリーガー      
8 16 グレイシア      
8 17 トロシュナ        
8 18 メイショウケイメイ        

買い目

大多13=4 13=9 13-3 13-11 4=9
綾恵9=13 9=11 9-1 9-4 13=11
山田11=13 11=4 11=15 13=4 13=15 4=15
たま13=11 13=9 13=4 13=12 13=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。