2018年4月1日(日)

11R

2018年4月1日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第62回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 |

予想

◎本命はスワーヴリチャード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.2

前哨戦の金鯱賞(G2)を好位からの競馬で快勝。緩い流れで折り合いを欠きながらも、逃げたサトノノブレスをきっちり捕らえ、勝ち切った。馬体もひと回り成長しており、4歳を迎えて充実ぶりが顕著。ライバル勢に乗り替わりが多い中、M.デムーロ騎手とのコンビ継続は心強い。課題の右回りさえ克服できれば、待望のG1タイトルに手が届く。

○対抗はサトノダイヤモンド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.3

前走・金鯱賞(G2)は前残りの展開を追い込んで0秒3差3着。海外遠征明けで状態面を不安視されていたが、ゴール手前から目を引く伸びを見せて、復調気配を感じさせた。ひと叩きされた今回は上積みが見込め、相性抜群の阪神コース(3戦3勝)。完全復活に期待がかかる。

▲単穴はアルアイン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.8

昨年の皐月賞(G1)をレースレコードで制覇。その後もハイレベルと言われる現4歳世代の第一線で好走を続けた。始動戦の京都記念(G2)は0秒2差の2着止まりだったが、勝ち馬と2キロの斤量差があったことを思えば上々の内容。操縦性の高さが大きな強みで、阪神(2戦2勝)との相性も良い。良馬場で能力全開なら、逆転の可能性もありそうだ。

△抑えはシュヴァルグラン。△穴はダンビュライト。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1・2勝目、シュヴァルグラン

昨年からG1に昇格した。その昨年は後に2年連続でJRA賞年度代表馬に選出されるキタサンブラックが、マカヒキ、サトノクラウンを降して優勝。また、さかのぼればメジロマックイーン、オルフェーヴルという歴代の名馬が名を連ねた出世レース。ここではG2時代を含める過去10年のデータを参考に傾向を見てみたい。

連対馬は1-7、3-1、6-9、1-8、6-1、1-2、2-6、4-1、2-5、1-7番人気のみ合わせで決まった。1番人気は4勝、2着3回と期待に応え、連を外した年も3、3、4着と好走。馬券対象率は90%を維持している。ただ、2、3番人気が3、1連対とアテにならず、6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…2回
6000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

6、9番人気のワンツーで2010年に2万5640円と荒れ、6000〜7000円台の高配当も2回。波乱含みの傾向を見せている。

また、3連単配当は、2万円台、8640円、10万円台、7万円台、1万円台、1670円、2万円台、1万円台、1万円台、2万円台。10年に10万馬券が出た以外は、7万円台以下に収まっている。ちなみに、3着は4、4、1、3、2、5、1、6、4、4番人気だった。

連対馬のクラス別は、G1組7頭、G2組9頭、G3組2頭、オープン特別組1頭、1000万下組1頭。20頭中16頭はG1〜G2からの臨戦馬。G3以下からの巻き返しは厳しくなっている。

路線別は4連対で有馬記念組と中山記念組が並び、京都記念組3連対。2連対のジャパンC組が続いている。連対馬20頭中13頭(65%)を占めている上記4組が有力だが、注目は昨年から、このレースのステップレース(1着馬に優先出走権)に指定された金鯱賞組の動向。その昨年は5頭が参戦して、2頭が馬券対象の2、3着に入線した。今年も引き続き、この組には警戒が必要だろう。

年齢別は4〜8歳以上馬が8、7、4、1、0連対。連対率は28、22、12、6、0%。4歳馬が世代をリードし、7歳以上の高齢馬は大苦戦している。

東西対決は3対17。連対率は11、18%。関西馬が強い。

性別は牡馬が114頭出走して18連対(連対率16%)、牝馬は9頭で2連対(同22%)。牝馬は連対数で見劣るものの、率で牡馬を逆転している。


◎……シュヴァルグランは昨年のジャパンCを勝利し、不利のあった有馬記念で3着。現役トップクラスの実力馬の1頭だ。3カ月以上の休み明けで(1.1.1.0)と久々を苦にしないタイプ。2個目のG1タイトルを奪取する。

○……海外遠征帰りの前走・金鯱賞でサトノダイヤモンドは3着。5カ月半ぶり、流れもスローで1馬身半届かなかった。海外2戦を除く11戦の成績は(7.1.3.0)と馬券対象率100%。たたき2戦目、逆転Vが期待できる。

▲……スワーヴリチャードは前走・金鯱賞を2番手から差し切り、重賞3勝目を飾った。右回りだとスムーズさを欠くが、それでも皐月賞6着、有馬記念4着。父ハーツクライ譲りの瞬発力にさらに磨きがかかったようだ。
△1……前走のアメリカJCCでミッキースワローは2着。先行2頭が残る中、後方から長くいい脚を使って2馬身差まで迫った。3走前のセントライト記念の決め手は世代トップ級。あの脚を再現できればV戦線に浮上する。

△2……ダンビュライトは準オープン勝ちの勢いで臨んだアメリカJCCを2馬身差で楽勝。昨年のクラシックで善戦止まりだったモヤモヤを一掃し、覚醒したかの走りを見せた。この距離は(1.0.2.0)と好相性。要警戒だ。

△3……前走の中山記念でペルシアンナイトは出遅れ。直線、G1馬の意地を見せて追い上げたものの、開幕週で前が止まらず5着が精いっぱいだった。2000Mに勝ち星はないが、皐月賞でアルアインの2着。こちらも警戒が必要だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミッキースワロー    
1 2 サトノダイヤモンド
2 3 ヤマカツエース        
2 4 シュヴァルグラン  
3 5 ペルシアンナイト      
3 6 スマートレイアー        
4 7 ゴールドアクター        
4 8 アルアイン  
5 9 トリオンフ      
5 10 サトノノブレス        
6 11 ウインブライト        
6 12 ヤマカツライデン        
7 13 マサハヤドリーム        
7 14 ダンビュライト    
8 15 スワーヴリチャード
8 16 メートルダール        

買い目

大多15=2 15=8 15-4 15-14 2=8
綾恵2=15 2=1 2-8 2-9 15=1
山田15=2 15=4 15=8 2=4 2=8 4=8
たま4=2 4=15 4=1 4=5 4=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。