2018年11月4日(日)

11R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第18回JBCクラシック(GI)

ダート・右 1900m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はケイティブレイブ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.56.5

断然の1番人気に推された前走・日本テレビ盃(交流G2)では、58キロの斤量をものともせずに快勝。2番手に控える競馬でしっかりと勝ち切って、レーズぶりにも幅が出てきた。交流G1・2勝を含め、重賞8勝の実績はメンバー最多。休み明けをひと叩きされて順当に良化しており、昨年2着の雪辱を晴らす。

○対抗はオメガパフューム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから6戦4勝。前走・シリウスS(G3)は軽ハンデだったとはいえ、外から古馬をねじ伏せる好内容で初タイトルを奪取した。夏のジャパンダートダービー(交流G1)でもルヴァンスレーヴの2着に善戦しており、ハイレベルなダート3歳世代の中でもトップクラスの一頭。まだまだ伸びしろも見込めるため、一線級相手でも楽しみは大きい。

▲単穴はサンライズソア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.57.3

ダート通算(4.3.4.2)と堅実な成績。前走・シリウスS(G3)は休み明けでトップハンデを背負いながらも、3着を確保して力は示した。軽快なスピードが持ち味で、当舞台では前々走の平安S(G3)を逃げ切りV。まだモマれ弱い面はあるものの、スムーズに先行できれば簡単には止まらないだろう。

△抑えはアポロケンタッキー。△穴はサウンドトゥルー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

距離巧者、サンライズソア

【人気と配当】
過去10年、連対馬は1-2、1-2、4-1、1-2、5-3、1-2、3-1、3-4、2-3、4-3番人気の組み合わせで決まった。上位1〜5番人気が6、5、5、3、1連対。1、2着馬すべてが5番人気以内から出ている。

馬連配当は
3 け た……6回
1000円台…2回
2000円台…2回

2015年に3、4番人気の順でゴールした2630円が最高配当。伏兵馬の台頭はなく、全く平穏に収まっている。

また、3連単配当は3670円、560円、4万円台、250円、2万円台、1230円、3950円、1万円台、4230円、2万円台。こちらも最高配当は10年の4万4360円と波乱度は低い。ちなみに、3着は6、3、7、3、1、5、2、1、5、7番人気だった。

【ステップ】
連対馬20頭の前走は全馬ダートで、芝からの参戦はなし。また、3着馬を見ても10頭すべてがダートだった。

路線別(着順)は日本テレビ盃(1、3、1、1、1、1、3、1、1、2、3着)組が11連対でトップ。次いで、南部杯(1、2、3着)組3連対、2連対の帝王賞(1、2着)組の順。船橋競馬で行われた日本テレビ盃からの臨戦馬が好相性で、今年もケイティブレイブ(1着)など4頭が出走している。

【所属別】
関東馬3頭、関西馬16頭、地方馬1頭(船橋1頭)が連対。関西馬が強いが、関東馬も3連対と健闘している。

【年齢別】
3〜8歳以上馬が1、4、5、5、5、0連対。8歳以上の高齢馬は連に絡んだことはなく、3歳馬も1連対と苦戦している。

【性別】
牝馬は連に絡んだことはないが、今年牝馬の出走はない。


◎……本命はサンライズソア。前走シリウスS(3着)は4カ月半ぶりの影響もあったか、出して行くとハミを噛んでペースが速くなった。ダート1900Mは2戦2勝で、平安Sの勝ちの舞台。ハンデ戦から定量戦に替わるのも有利だ。

○……強敵はケイティブレイブ。2走前の帝王賞で2着に敗れて連覇の夢を断たれたが、2000M前後の交流レースで圧倒的な強さを見せている。ただ、今回はパワーだけではなくスピードが要求される京都が舞台。○にとどめた。

▲……2走前の帝王賞でアポロケンタッキーは11着。見せ場なく凡走したことが気がかりだったが、前走の日本テレビ盃で2着とキッチリと巻き返した。3カ月ぶりをたたき2戦目。550キロ台の大型馬の上積みも期待できる。

△1……ノンコノユメは今年のフェブラリーSで3年ぶりにG1を制した。前走の南部杯で4着となったが、5カ月の休み明けで11キロ減の馬体も響いたようだ。2000MはジャパンDダービーを勝ち、帝王賞2着。距離延長に不安はない。

△2……オメガパフュームは前走のシリウスSで◎サンライズソアを撃破している。不良馬場で激走した反動、53キロから55キロへの増量が気になり重い印を打てなかったが、末脚は堅実。スタートで遅れる悪癖を出さなければ、上位争いに浮上できる。

△3……穴を出せば昨年の覇者サウンドトゥルーか。8歳馬ながら2走前の帝王賞でケイティブレイブ(2着)と1馬身半差の3着に好走した。たたき2戦目で、斤量も前回の58キロから57キロと1キロ減。はまれば一発が決まる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 センチュリオン      
1 2 タガノゴールド        
2 3 シュテルングランツ        
2 4 サンライズソア  
3 5 アスカノロマン        
3 6 マイネルバサラ        
4 7 サウンドトゥルー  
4 8 ケイティブレイブ
5 9 ノンコノユメ    
5 10 テイエムジンソク      
6 11 カツゲキキトキト        
6 12 アポロケンタッキー    
7 13 オールブラッシュ        
7 14 オメガパフューム  
8 15 テーオーエナジー        
8 16 クリソライト      

買い目

大多8=14 8=4 8-7 8-12 14=4
綾恵14=8 14=4 14-1 14-16 8=4
山田8=7 8=9 8=10 7=9 7=10 9=10
たま4=8 4=12 4=7 4=9 4=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。