IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月21日(日)

11R

2018年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第79回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はブラストワンピース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・新潟記念(G3)で古馬を一蹴し、3歳馬として35年ぶりの同レース制覇を達成。デビューから5戦4勝の戦績を誇り、唯一の黒星となった日本ダービー(G1)でも直線でスムーズさを欠きながら0秒2差(5着)と世代トップクラスの力を示した。夏の新潟から菊花賞に向かうローテは異例だが、この臨戦過程は青写真通りで仕上がりはすこぶる良好。折り合い面に不安がないことから、未知の3000Mにも対応できるはず。春の実績馬をまとめて破り、最後の1冠を奪取する。

○対抗はエポカドーロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

春の皐月賞(G1)を制し、日本ダービー(G1)では半馬身差の2着。2011年のクラシック3冠馬オルフェーヴル産駒の筆頭格で、さらなる飛躍が見込める器だ。前走・神戸新聞杯(G2)で初めて馬券圏外(4着)に敗れたものの、スタートで躓いて持ち味の先行力が発揮できなかったため、度外視していいだろう。ダービー馬ワグネリアン不在の今回は実績上位の存在。発馬を決めてスムーズなら、2冠達成も可能だ。

▲単穴はエタリオウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前哨戦の神戸新聞杯(G2)で2着。休養明けで馬体重14キロ増だったが、メンバー最速の上がりを発揮して、ワグネリアンに半馬身差まで迫った。前々走・日本ダービー(G1)でも先行有利な展開で後方から小差4着に追い込んだように、末脚は一級品。スタミナ豊富なステイゴールド産駒だけに、距離延長は好材料だろう。まだ1勝馬の身だが、展開次第では勝機もある。

△抑えはグロンディオーズ。△穴はジェネラーレウーノ。


今週のワンポイントアドバイス

ラスト1冠奪取、ブラストワンピース

クラシック3冠の最終戦。例年、「春の実績馬」VS「夏の上がり馬」で争われる。ダービー馬ワグネリアンは不在だが、そこで0秒2差の激戦を繰り広げた2〜5着馬がそろって参戦する。

一方、夏に新潟記念や佐渡Sで古馬を破った「上がり馬」も顔をそろえ、今年は大混戦となった。

ラスト1冠の「菊の大輪」を手にするのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-15、8-7、7-1、1-2、1-5、1-5、3-4、5-2、1-9、1-10番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7連対(6勝2着1回)と期待に応えているものの、2、3番人気が2、1連対と不振。代わりに、7〜15番人気から6頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
2000円台…2回
3000円台…2回
9000円台…1回
万 馬 券……2回

2008年に1万7820円、昨年も1万660円と荒れたが、4000円未満の配当も7回。毎年フルゲート18頭で争われている割に波乱度は低い。

一方、3着に9、6、13、3、7、3、7、1、6、13番人気が入った3連単配当は、52万円台、31万円台、33万円台、2190円、1万円台、1万円台、5万円台、3万円台、6万円台、55万円台。4けた配当で平穏に収まったこともあるが、10万超の万馬券が4回も飛び出す難解な一戦となっている。

クラス別は重賞組19頭と条件組1頭。条件組は09年の野分特別(1000万下)から臨戦したスリーロールス1頭と苦戦している。しかし、3着を見ると10頭中4頭が前走1000万下(1着)から馬券圏内を確保。実績は乏しくても勢いで入線して何度もアッといわせている。ちなみに、その4頭の人気は13、3、7、13番人気だった。

また、連対馬の前走成績を見てみると【7.5.6.2】(左から1、2、3着、着外)。20頭中18頭は3着以内。前哨戦で複勝対象に好走していることが理想となっいる。

ステップは神戸新聞杯組が14連対と他路線を圧倒し、セントライト記念組が4連対。東西のトライアルを経由した馬が、連対馬の90%を占めている。なお、残る2頭は札幌記念と野分特別からの参戦だった。

中3週組15頭、中4週組4頭、2カ月組1頭。神戸新聞杯とセントライト記念が有力ステップとなっているため、レース間隔も中3、4週組が有力となっている。

毎年18頭の多頭数で戦われるため、枠順による有利不利も気になるところ。そこで、枠別の成績を見ると、
1枠【3.1.1.15】
2枠【3.3.0.14】
3枠【1.0.1.18】
4枠【0.0.0.20】
5枠【0.1.2.17】
6枠【0.2.2.16】
7枠【3.2.3.22】
8枠【0.1.1.28】
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠が11連対し、外の5〜8枠が9連対。内枠と外枠に大きな差は見られないが、勝利数を見ると7勝と3勝。馬単、3連単の軸には内枠が有利になっている。


◎……本命にブラストワンピースを指名する。トライアル神戸新聞杯を使わず新潟記念に出走。大外から歴戦の古馬を子ども扱いにして豪快に突き抜けた。ダービーは5着だったが、着差はわずか0秒2。ラスト1冠を奪取できる資質を備えている。

○……皐月賞馬エポカドーロは秋初戦の神戸新聞杯4着。スタート直後に落馬寸前のつまずきで今までにない位置取り。1番人気には応えられなかったが、G1馬の意地で掲示馬を確保した。ダービー馬不在。2冠獲りのチャンスは十分ある。

▲……エタリオウは1勝、2着5回。1勝馬の身ながらダービー4着(0秒2差)、前走の神戸新聞杯(2着)でも長くいい脚を使ってワグネリアンを半馬身差まで追い詰めた。重賞勝ちはないが、菊花賞向きのステイヤー。決め手もG1級だ。

△1……ハイペースのセントライト記念をジェネラーレウーノは2番手から抜け出して完勝。心肺機能の高さをアピールして2個目のタイトルを手にした。前走は2番手に下げたが、ハナに立つのが理想。持久力勝負に持ち込めれば簡単には止まらない。

△2……メイショウテッコンは持ち前の先行力を生かして、ラジオNIKKEI賞を含む4勝の実績馬。前走の神戸新聞杯も、果敢に先頭を奪って0秒1差の3着と地力の高さを見せた。同型馬との兼ね合いがカギとなるが、たたき2戦目で前進は必至だ。

△3……前走の佐渡Sでグローリーヴェイズは古馬を相手に1分56秒6で差し切り勝ち。開幕週、展開に恵まれたとしても優秀な時計だった。春はきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着とひと息だったが、夏を越えての成長に警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アイトーン        
1 2 グレイル        
2 3 ブラストワンピース
2 4 ジェネラーレウーノ  
3 5 エポカドーロ  
3 6 メイショウテッコン    
4 7 ユーキャンスマイル        
4 8 カフジバンガード        
5 9 エタリオウ
5 10 アフリカンゴールド        
6 11 コズミックフォース        
6 12 フィエールマン      
7 13 タイムフライヤー        
7 14 グロンディオーズ    
7 15 オウケンムーン        
8 16 ステイフーリッシュ        
8 17 シャルドネゴールド        
8 18 グローリーヴェイズ      

買い目

大多3=5 3=9 3-4 3-14 5=9
綾恵9=3 9=4 9-5 9-12 3=4
山田3=14 3=9 3=6 14=9 14=6 9=6
たま3=5 3=9 3=4 3=6 3=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。