sportsnavi

2018年10月14日(日)

11R

2018年10月14日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第23回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアーモンドアイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞馬として臨んだ前走・オークス(G1)は、レース歴代2位の好タイムで2冠達成。余力十分に突き抜け、同世代が相手なら力が違うところを見せつけた。これまでの後方待機ではなく、中団からの競馬で圧勝した点は強調材料。通算5戦すべてで上がり最速をマークしたように、決め手も一級品だ。間隔が開いたとはいえ仕上がりは万全で、史上5頭目となる牝馬3冠誕生の可能性は高い。

○対抗はラッキーライラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞(G1・2着)のリベンジを狙った前走・オークス(G1)は3着。前2頭に離される不本意な結果となったが、最後まで脚を使って2歳女王の意地は見せた。全4勝がマイル戦だったことを思えば、距離短縮はプラスに働きそう。立ち回りが上手いタイプなだけに、京都内回りも歓迎だろう。前哨戦は回避したものの、世代上位の1頭として格好はつけてくれるはずだ。

▲単穴はカンタービレ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

オークス(G1)は13着と春の時点では力不足だったが、秋初戦の前走・ローズS(G2)を快勝。早め先頭の積極策で瞬発力勝負を制し、ひと夏越えての成長を感じさせた。小柄なだけに、長距離輸送の心配がない点は好材料。上記2頭と違い、前哨戦を使われた強みもある。内回りコースで持ち前の機動力を生かせれば、上位進出は可能とみる。

△抑えはミッキーチャーム。△穴はサラキア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

ラスト1冠奪取、サラキア

今週から暮れのホープフルSまで、京都開催のJBC3レースを含めて12週連続でG1競走が行われる。

まずは牝馬3冠の最終レース「秋華賞」。圧倒的な強さで桜花賞、オークスを制したアーモンドアイが史上5頭目の3冠牝馬になるか。それとも17頭のライバルの中からラスト1冠を阻止する馬が出現するのか。

過去10回のレースを参考に傾向を探ってみたい。

連対馬は11-8、2-3、1-6、2-7、1-2、3-2、3-1、1-5、3-4、3-4番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は4、4、5連対とまずまずの成績だが、6番人気以下からも4頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…2回
万 馬 券……1回

2008年に2万3080円と荒れたが、その後は4000円未満で決着。フルゲート18頭(14年は17頭)立てでも平穏に収まる傾向にある。

一方、3着に16、1、2、1、6、15、4、8、8、5番人気が入った3連単配当は、1098万円台、4640円、1万円台、1万円台、3660円、23万円台、1万円台、8万円台、9万円台、1万円台。こちらも08年の1098万馬券と13年の23万馬券を除くと、あっと驚くような高配当は出ていない。

連対馬20頭のクラス別は重賞組18頭、オープン特別組1頭、1000万下組1頭。重賞組が格上の貫禄を見せている。なお、3着馬を見てみても10頭中8頭が重賞からの参戦。オープン特別組以下から馬券圏に入線するのは難しくなっている。

ステップは14連対のローズS組が他路線を圧倒し、紫苑S(15年まではオープン特別)組4連対。東西のトライアルレースが連対馬の90%を占めている。残る2頭はクイーンS組と夕月特別(1000万下)組となっている。

ローズS組が好相性を見せているが、紫苑S組は重賞に格上げされた16年から現在2連勝中で、一昨年は1、2着を独占。以前とは明らかに傾向が変わってきた。

連対馬20頭の前走成績は、1〜5着の7、6、2、2、2頭と15着1頭。08年にブラックエンブレムがローズS15着から勝利して波乱を演じたが、19頭は掲示板を確保。前走6着以下からの反撃は厳しくなっている。

また、出走間隔は中2週組1頭、中3週組14頭、中4週組4頭、中8週組1頭。連対馬の90%は中3〜4週組で、3カ月以上の休養明けで連対した馬はゼロ。オークス以来5カ月ぶりで臨むアーモンドアイには気になるデータとなっている。


◎……サラキアがアーモンドアイの3冠を阻止する。2走前に500万下を後方から差し切ってレコードV。前走のローズSも中団から追い込んで小差の2着に健闘した。430キロ台の小型馬だったが、夏場から大きく成長した。スタートに課題を残すものの、決め手は一級品。ラスト1冠を奪取する。

○……アーモンドアイは3冠への王道ローテーションを覆して、オークスへ直行。能力、実績は抜けているが、「オークス以来のぶっつけ本番」「秋最大の目標はジャパンC」「脚質的に京都内回りは不向き」という死角がちらつく。今回は○とした。

▲……前走のローズSでラテュロスは0秒3差の3着。これまで逃げ、先行で結果を出していたが、控える競馬で本番への出走権をもぎ取った。折り合いが良く、馬群にひるまない勝負根性がセールスポイント。混戦になれば一気にV戦線に浮上する。

△1……カンタービレは最有力トライアルのローズSを勝利して重賞2勝目。スローペースだったとはいえ、4コーナーで早め先頭に立ち、そのまま押し切る強い競馬だった。オークスは13着に敗れたが、秋に1戦した臨戦過程は大きなアドバンテージ。潜在能力も高い。

△2……関東のトライアル紫苑Sでパイオニアバイオは4着。直線追い出せないシーンもあったが、前が開くと勝ち馬に次ぐ33秒8の上がりで迫った。たたき2戦目の前進は明らか。立ち回りひとつで上位争いに加われる。

△3……穴を出せば夏の北海道で3連勝した上がり馬ミッキーチャームか。特に前走は前半1000M通過が58秒6というハイペースの中、後続を3馬身半ちぎって逃げ切った。ひと夏を越して馬が一変。内回りコースでは、あの先行力も大きな武器となる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ラテュロス      
1 2 カンタービレ  
2 3 スカーレットカラー        
2 4 ランドネ        
3 5 サラキア
3 6 パイオニアバイオ      
4 7 ラッキーライラック  
4 8 トーセンブレス        
5 9 サトノガーネット        
5 10 オールフォーラヴ        
6 11 アーモンドアイ
6 12 オスカールビー        
7 13 ミッキーチャーム  
7 14 ゴージャスランチ        
7 15 ハーレムライン        
8 16 プリモシーン      
8 17 サヤカチャン        
8 18 ダンサール        

買い目

大多11=7 11=2 11-5 11-13 7=2
綾恵11=5 11=16 11-2 11-7 5=16
山田11=13 11=5 11=7 13=5 13=7 5=7
たま5=11 5=1 5=2 5=6 5=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。