sportsnavi

2018年12月2日(日)

11R

2018年12月2日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第19回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はルヴァンスレーヴ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.54.8

デビューから7戦6勝、2着1回の好成績を収めている砂の大器。前走・マイルCS南部杯(交流G1)はゴールドドリームら古馬の一線級を破り、3歳馬として史上初となる同レース制覇を達成した。中京コースは初めてだが、左回りは5戦5勝とパーフェクトな戦績。再び古馬をまとめて一蹴し、ダート王の座を奪取する。

○対抗はケイティブレイブ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.4

休み明けから重賞2連勝。前走のJBCクラシック(交流G1)では、得意の先行押し切りではなく、差し切り勝ちを収め、脚質の幅を広げた。大型馬の叩き3戦目で、状態はさらに良化。昨年の当レースは4着に敗れたものの、完全に本格化した今なら好勝負になる。

▲単穴はサンライズソア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・1.51.1

ダート通算(4.3.5.2)と安定した成績。前走・JBCクラシック(交流G1)は3着に敗れたものの、早めに突かれる厳しい展開の中、しぶとく逃げ粘り、力は示した。今回のメンバーではスピード上位で、マイペースの逃げが打てそう。急坂や左回りも苦にしないタイプだけに、粘り込みを警戒したい。

△抑えはオメガパフューム。△穴はサンライズノヴァ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1連覇、ケイティブレイブ

2013年まで「ジャパンCダート」として行われていたが、14年にレース名が「チャンピオンズC」と変更され、同時に阪神から中京に舞台を移して施行されている。今年は日本のG1馬5頭(統一ダートG1を含む)に加え、外国馬パヴェル(米国)が参戦。秋の最強ダート馬決定戦にふさわしい豪華メンバーが顔をそろえた。過去10年のデータからレース傾向を見てみた。

連対馬は4-7、1-5、1-8、1-5、6-3、3-6、2-8、12-3、6-1、8-1番人気の組み合わせで決着。1〜3番人気は5、1、3連対と不調。代わりに、6〜12番人気から計8頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台…3回
4000円台…4回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

08年と15年に1万1710円、1万1040円の万馬券が出て、4000〜5000円台の中穴配当も5回。毎年多頭数で行われていることもあり、波乱含みとなっている。

また、3着に1、12、11、2、9、1、3、5、10、9番人気が入線した3連単配当は、6万円台、13万円台、9万円台、6180円、16万円台、2万円台、7万円台、31万円台、8万円台、15万円台。こちらも13万、16万、31万、15万馬券が飛び出す大荒れ。難解なダートG1戦となっている。

所属別は関東馬が25頭出走して2連対(連対率8%)、関西馬が125頭で18連対(同14%)、外国馬と地方馬は6、1頭出走して連対なし。関西馬が好成績を挙げている。

なお、今年は米国からパヴェルが出走するが、外国馬の連対は03年のフリートストリートダンサー(米国=1着)までさかのぼらないと見られない。近年は日本馬のレベルアップが著しく、馬券的には静観した方がよさそうだ。

路線別はJBCクラシック組が7連対と好相性で、みやこS組5連対。次いで、武蔵野S組4連対、南部杯組2連対と続いている。ちなみに、残る2頭はJBCレディスクラシック、トパーズSからの臨戦馬だった。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、4、7、6、1連対。連対率はそれぞれ9、12、18、19、3%。4〜6歳馬が有力世代で、3歳、7歳以上馬は勝利した例がなく、連対率でも苦戦している。世代交代を目指す3歳馬ルヴァンスレーヴにとっては気になるデータとなっている。

枠別の成績を見ると、
1枠【1.1.2.15】
2枠【2.2.0.16】
3枠【0.1.4.15】
4枠【1.1.0.18】
5枠【3.1.2.14】
6枠【1.2.2.15】
7枠【1.2.0.16】
8枠【1.0.0.18】
(フルゲートは16頭で、16年は15頭立て。08、17年は13、15番が取り消し)。

内の1〜4枠の【4.5.6.64】に対して、外の5〜8枠が【6.5.4.63】。馬券対象の上位1〜3着は内枠、外枠ともほぼ同数で、枠の内外による差は見られない。


◎……ケイティブレイブはスピード決着を疑問視されていた前走JBCクラシックを快勝。統一G1・3勝目を挙げた。いつもより後ろからの競馬で勝利できたのも大きな収穫。昨年4着のリベンジを果たす。

○……相手は3歳馬の2頭。中でも前走のJBCクラシックで0秒1差に迫ったオメガパフューム。勝負どころで外に逃げ気味になったが、古馬を相手に負けて強しの内容だった。まだ伸びしろは十分にあり、斤量1キロ増でも目が離せない。

▲……ルヴァンスレーヴはデビュー以来7戦して6勝、2着1回と抜群の成績。レース内容も優秀で、前走・南部杯でゴールドドリームを2着に下した末脚も素晴らしかった。好調期間が長いのが気になるが、順調ならダート界を背負う能力を秘めている。

△1……前走のJBCクラシックでサンライズソアは0秒3差の3着。道中後続に突かれてペースアップしたが、最後までしぶとい粘りを見せた。好位で立ち回れる器用さがあり、左回りも得意。初の中京でも好勝負が期待できる。

△2……サンライズノヴァのここ1年は、ダート1400〜1600Mで7戦して【3.3.0.1】。連を外したのはフェブラリーSの4着1回だけ。末脚一手ながら堂々の実績を残している。1800M戦は久々となるが、末脚を生かせる展開になればV争いに浮上する。

△3……ノンコノユメは春にフェブラリーSで悲願の中央G1制覇を達成。後方待機から直線一気に差し切った。その後は勝ち切れずにいるが、ここ2戦は出負けが着順に影響した。左回りは得意。スタートを決めれば侮れない存在だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アンジュデジール        
2 2 ルヴァンスレーヴ
2 3 パヴェル      
3 4 アポロケンタッキー        
3 5 ノンコノユメ    
4 6 アスカノロマン        
4 7 サンライズノヴァ  
5 8 ケイティブレイブ
5 9 サンライズソア  
6 10 センチュリオン        
6 11 オメガパフューム  
7 12 ウェスタールンド        
7 13 ミツバ        
8 14 ヒラボクラターシュ        
8 15 インカンテーション        

買い目

大多2=8 2=9 2-7 2-11 8=9
綾恵2=8 2=11 2-3 2-9 8=11
山田2=5 2=7 2=8 5=7 5=8 7=8
たま8=11 8=2 8=5 8=7 8=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。