sportsnavi

2018年1月13日(土)

11R

2018年1月13日(土) | 1回中京1日 | 15:25発走

第55回愛知杯(GIII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマキシマムドパリ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.1

昨年の当レースやマーメイドS(G3)を制している実力馬。今回のメンバーでは唯一の重賞ウイナーで、実績的に威張れる存在だ。近4走は勝ち鞍こそないものの、前々走・エリザベス女王杯(G1)で0秒2差4着、前走・中日新聞杯(G3)は牡馬相手に5着と健闘している。トップハンデでも連覇の期待十分だ。

○対抗はクインズミラーグロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.6

昨年の当レース3着を皮切りに、重賞戦線で5戦続けて複勝圏を確保。マーメイドS(G3)では勝ち馬のマキシマムドパリと0秒1差2着に好走しており、ハンデが2キロ有利な今回は逆転も視野に入る。近2走はG2、G1で結果が出ていないが、改めて注目したい。

▲単穴はリカビトス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・2.01.9

ここまで4戦3勝の素質馬。デビュー戦で上がり32秒8の豪脚を発揮するなど、勝ったレースでは全て鮮やかな差し切りを決めている。前走・秋華賞(G1)は道悪で末脚不発に終わったが、良馬場でハンデ51キロなら身上の決め手を存分に発揮できそうだ。

△抑えはキンショーユキヒメ。△穴はワンブレスアウェイ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、ワンブレスアウェイ

中京競馬場が改修された後に行われた2012年以降の過去5回(15年は実施せず)のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は7-10、12-14、1-2、8-5、1-10番人気で決まった。上位1〜3番人気は2、1、0連対と期待に応えられず、7番人気以下から6頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は1万4100円、5万8120円、1270円、1万5570円、7450円。14年は1、2番人気の組み合わせで堅く収まったが、4回は7000円以上の高配当となる波乱含みの傾向を見せている。

一方、3連単配当は、21万、471万、4万、34万、12万円台。こちらも471万馬券を筆頭に10万以上の高配当が連発する、一筋縄では収まらない様子を見せている。ちなみに、3着は2、13、10、4、6番人気だった。

連対馬10頭のクラス別は、重賞組4頭、準オープン組3頭、1000万下組3頭。重賞から下級条件の1000万下組まで、幅広いクラスから連対馬が出ている。

路線別はエリザベス女王杯組から唯一14年に2頭が連対しているが、強調できるステップとはいえない。

連対馬のハンデは(51=52)(50=51)(56=56)(55.5=50)(53=52)キロの1、2着で決まった。14年以外は軽ハンデの伏兵馬が波乱の立役者を演じている。

なお、トップハンデ馬の成績は、3、9、(1、2、6)、1、(12、13)着。ハンデ頭は3着以内に5回中3回で馬券に絡んでいるが、掲示板を外すことも多く、割引きが必要か。


◎……ワンブレスアウェイはここ2戦、府中牝馬S10着、ターコイズS8着。ともに掲示板を外したが、2走前は3カ月ぶりで16キロ増、前走は直線で馬群をさばけずと敗因ははっきりしている。血統から重賞で通用する力を秘めており、準オープン連勝の勢いを見直したい。

○……相手は4戦3勝のリカビトス。3連勝で挑んだ前走の秋華賞は10着に敗退したが、初のG1戦、力のいる馬場、出遅れと条件も厳しかった。休み休みの3連勝で、異なる距離で勝ち上がった実力馬。前走を度外視して狙える。

▲……前走のタニノアーバンシーは3カ月半ぶり、逃げて後続の目標となったが、0秒3差の6着と大きく崩れなかった。たたき2戦目の前進は確実で、2走前に1000万下を快勝したM.デムーロ騎手とのコンビが復活。前回より2キロ減のハンデも恵まれた。

△1……マキシマムドパリは秋華賞で0秒2差の3着、2走前のエリザベス女王杯でも0秒2差の4着。G1を勝ち切れずにいるが、現役牝馬の中ではトップ級の能力を秘めている。6歳牝馬で上がり目は少ないが、この距離も(3.1.3.3)と得意だ。

△2……前走のエリザベス女王杯でハッピーユニバンスは1秒1差の14着。G1戦は出遅れて見せ場を作れなかったが、3走前のTVh賞を中団待機からレース最速の上がりで鮮やかに差し切った。追い込み脚質で展開に注文はつくが、はまれば一発がある。

△3……ギモーヴは準オープンから格上挑戦。前走・逆瀬川Sは直線外から一気に伸びてアタマ差の2着。レース最速の上がり33秒0は秀逸だった。芝2000Mは4勝中2勝を挙げているベストの距離。牝馬限定戦で52キロの軽量なら大駆けも十分ある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ゲッカコウ        
1 2 ギモーヴ      
2 3 メイズオブオナー      
2 4 リカビトス    
3 5 タニノアーバンシー      
3 6 ブラックオニキス        
4 7 マキシマムドパリ
4 8 レイホーロマンス        
5 9 キンショーユキヒメ    
5 10 エテルナミノル      
6 11 シャルール        
6 12 クインズミラーグロ  
7 13 コパノマリーン        
7 14 クィーンチャーム        
7 15 ロッカフラベイビー        
8 16 ハッピーユニバンス      
8 17 アンドリエッテ      
8 18 ワンブレスアウェイ  

買い目

大多7=12 7=4 7-9 7-18 12=4
綾恵18=7 18=9 18-3 18-12 7=9
山田7=10 7=12 7=17 10=12 10=17 12=17
たま18=4 18=5 18=2 18=7 18=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。