2018年12月28日(金)

11R

2018年12月28日(金) | 5回中山9日 | 15:30発走

第35回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はニシノデイジー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

休み明けの前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)を制し、重賞2連勝。太め残りの印象だったが、ゴール前で4頭横一線の大接戦を制し、勝負強さをアピールした。持ち時計も大幅に短縮し、高速決着に対応できたことも大きな収穫。夏の北海道シリーズで小回りは克服しており、初の中山コースも問題はないだろう。叩き2戦目でG1タイトル奪取に挑む。

○対抗はサートゥルナーリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦→萩S(オープン)を断然の1番人気に応えて連勝。いずれも持ったままで他馬を一蹴し、能力の違いを見せつけた。母は名牝シーザリオ、半兄にもエピファネイア、リオンディーズというG1ホースを持つ超良血馬。相手は一気に強化されるが、ポテンシャルの高さであっさり克服してしまう可能性も。

▲単穴はブレイキングドーン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.6

前走・京都2歳S(G3)は勝ち馬に半馬身及ばず2着に敗れたものの、3着とは3馬身半差。5カ月ぶりに加えてキャリア1戦での重賞挑戦だったことを思えば、上々の結果と言える。父ヴィクトワールピサは皐月賞(G1)や有馬記念(G1)などを制した中山巧者。長距離輸送をクリアできれば、台頭のシーンもありそうだ。

△抑えはヴァンドギャルド。△穴はアドマイヤジャスタ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

まずは1冠、サートゥルナーリア

2008〜13年はオープン特別で、14〜16年がG2、昨年からG1に昇格して実施されている。過去10回のレースで傾向を見てみたい

連対馬は1-3、1-3、4-2、5-6、7-10、8-1、2-8、3-1、1-8、1-4番人気で決まった。上位1〜3番人気は6、2、3連対とパッとした成績とはいえず、人気薄の6、7、8、10番人気以下からそれぞれ1、1、3、1頭が連対している。しかし、1番人気に限ると、レイデオロ(16年)、タイムフライヤー(17年)が連勝中で、重賞に格上げされたここ4年は【2.1.0.1】と期待に応えている。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
2000円台…3回
5000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

12年に7、10番人気で決着して2万8380円と荒れ、14年にも9330円の高配当が出ている。ただ、3000円未満の堅めの配当も7回。全体的としての波乱度は低い。

一方、3連単配当は5910円、1万円台、2万円台、64万円台、37万円台、3万円台、34万円台、7790円、1万円台、5万円台。こちらは10万超の万馬券が3回も飛び出す荒れ模様となっている。ちなみに、3着は5、8、3、12、2、2、9、2、2、8番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は重賞=3頭、オープン特別=1頭、500万下=6頭、新馬=6頭、未勝利=4頭。新馬、未勝利を勝利して直行した馬が半数を占めている。

ステップは葉牡丹賞組から唯一3頭が連対しているが、今年この組から出走する馬はいない。

前走成績は【16.2.1.1】(1、2、3着、着外)。20頭中19頭は前走で馬券対象に好走し、うち16頭が1着馬。クラスを問わず前走1着が連対への理想となっている。

関東馬93頭と関西馬50頭で争った東西対決は12対8。連対率はそれぞれ13、16%。関東馬が連対数でリードしているが、率で関西馬が逆転している。なお、2頭参戦の地方馬は着外に敗れている。

キャリアは1〜5戦以上馬が6、7、2、3、2連対。キャリア1、2戦馬が好成績を残している。

距離別は1600M組4頭、1800M組6頭、2000M組10頭。このレースと同じ2000M戦から臨戦した馬が、半数の10連対を果たしている。


◎……サートゥルナーリアは新馬、萩Sを連勝。2戦ともほぼ馬なりのままで後続を0秒2、0秒3差離す大楽勝だった。母シーザリオは日米オークスを制覇し、半兄にG1馬エピファネイアとリオンディーズがいる良血馬。本気で走ったら、どこまで伸びるのかが楽しみな素材だ。

○……相手はヴァンドギャルド。出遅れたデビュー戦を内から差し切り。続く東京スポーツ杯2歳Sで3着と敗れたが、直線でいったんは先頭に立つ見せ場十分の内容だった。折り合いに不安のないタイプ。仕掛けひとつで勝ち負けに持ち込める。

▲……ニシノデイジーは新馬戦で2着に敗れたが、その後は重賞2勝を含め現在3連勝中。G3の2戦は伏兵馬の扱いだったが、前走・東京スポーツ杯2歳Sでは中団から堂々と差し切った。東京→小回り中山へ替わるが、札幌勝ちの実績から不安はない。

△1……未勝利、500万下特別とアドマイヤジャスタは連勝。レース前にテンションが上がったり、出遅れるなどまだ随所に課題を残しているが、能力の高さは確か。今回初めて長距離輸送を経験するが、クリアできれば当然上位争いに加われる。

△2……デビュー戦でヒルノダカールは3着。エリートコースに乗れなかったが、勝ち馬が500万下特別を連勝し、2着馬も次走で勝利とハイレベルだった。前走はひとたたきの効果で一変して余裕の勝利。まだまだ前進がありそうだ。

△3……コスモカレンドゥラは前走スローペースに折り合い、4コーナー先頭から楽々と押し切った。2走前のアイビーS(2着)では上がりの速い競馬に対応している。さらに、初勝利が中山の芝1800M(やや重)。混戦になれば豊富な経験が生かせる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ニシノデイジー
2 2 ブレイキングドーン    
3 3 キングリスティア      
4 4 ヒルノダカール    
4 5 サートゥルナーリア
5 6 ハクサンタイヨウ        
5 7 ミッキーブラック      
6 8 アドマイヤジャスタ    
6 9 ジャストアジゴロ        
7 10 マードレヴォイス        
7 11 ヴァンドギャルド  
8 12 タニノドラマ        
8 13 コスモカレンドゥラ      

買い目

大多1=5 1=2 1-8 1-11 5=2
綾恵1=5 1=4 1-3 1-7 5=4
山田5=1 5=2 5=11 1=2 1=11 2=11
たま5=11 5=1 5=4 5=8 5=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。