sportsnavi

2018年4月15日(日)

11R

2018年4月15日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第78回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

予想

◎本命はステルヴィオ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

トライアルの前走・スプリングS(G2)で重賞初制覇。これまでの後方に控える競馬ではなく、中団から流れに乗る形で結果を出せたことは大きな収穫だった。堅実な末脚が持ち味で、デビューから(3.2.0.0)と連対率100%。折り合い面に問題はなく、1ハロン延長にも不安は感じられない。これまで唯一先着を許したダノンプレミアムは挫跖のため出走回避。天敵不在のここは1冠目奪取の好機だ。

○対抗はワグネリアン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.2

新馬戦でマークした上がり3ハロン32秒6は中京競馬史上最速。父ディープインパクトを彷彿させる瞬発力で初勝利を挙げると、その後も東京スポーツ杯2歳S(G3)まで無傷の3連勝を飾った。休み明けの前走は2着に敗れ初黒星を喫したものの、勝ち馬ダノンプレミアムとは小差。課題の気性面にも進境を見せており、まだまだ奥があるはず。決め手勝負なら、まとめて差し切るシーンも。

▲単穴はキタノコマンドール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.06.1

デビュー2連勝中の逸材。前走・すみれS(オープン)は先行勢が残る展開で外から鮮やかに差し切り、新星誕生を印象づけた。開幕週だったとはいえ、走破時計も優秀でポテンシャルは相当に高い。目下リーディングを走るM.デムーロ騎手の手綱も心強く、一線級相手に大仕事をやってのけても驚けない。

△抑えはタイムフライヤー。△穴はジャンダルム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1奪取の好機、オウケンムーン

春のクラシック第2弾。大本命のダノンプレミアムが出走回避して、上位混戦ムードとなった。ここでは2011年に東京競馬場で行われた分を含めた過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

過去10年、連対馬は7-6、3-8、1-6、4-1、4-2、1-2、2-1、3-2、8-3、9-4番人気で決まった(2011年は東京競馬)。上位1〜3番人気は4、4、3連対とほめられた成績とはいえず、6〜9番人気から計6頭の伏兵馬が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
6000円台…1回
8000円台…1回
万 馬 券……2回

上位1、2番人気が連から消えた年に6220〜1万1940円の高配当が4回出ている。ただ、2000円未満の人気サイド決着も6回。堅いか、荒れるかの両極端な結果が出ている。

一方、3着に1、4、11、8、3、3、8、4、1、12番人気が入った3連単配当は、8万、39万、3万、5万、1万、5920円、3万、1万、7万、106万円台。9、4、12番人気の順で決着した昨年、106万馬券が飛び出し、09年にも39万馬券となる大荒れ。波乱も視野に入れておきたい。

クラス別は重賞組の17連対に対して、オープン特別組が3連対。連対馬の85%を重賞組が占め、オープン特別組以下は苦戦している。

ステップは弥生賞組が7連対でトップ。次いで、スプリングS組と共同通信杯組が4連対で続き、若葉S組3連対の順。上位4組が有力路線で、残る2頭は17年の毎日杯とアーリントンCからの臨戦馬だった。

連対馬20頭のキャリア別は、2〜8戦馬が0、2、7、7、2、2、0連対。キャリアの浅い2戦以下や逆に過多の8戦以上馬は苦戦している。タレントのビートたけしが名付け親で、話題を集めているキタノコマンドールにとっては気になるデータとなっている。


◎……オウケンムーンはデビュー戦こそ4着に敗れたが、未勝利から3連勝で共同通信杯を制覇。スパッと切れる脚ではないが、直線で力強く伸びて差し切った。走破時計、勝ちっぷりとも地味だが、レースセンスは抜群。2カ月のロング開催最終日で雨予報。時計のかかる馬場になれば、さらにVチャンスが広がる。

○……休み明けの弥生賞でワグネリアンは1馬身半差の2着。東京スポーツ杯2歳Sに続く重賞連覇はならなかったが、世代トップ級の破壊力をアピールした。ただ、どうしてもエンジンのかかりが遅く、差して届かないケースも考えておきたい。

▲……ステルヴィオは前走のスプリングSを制して念願の重賞初制覇。ハナ差勝ちだったが、3カ月ぶりを思えば着差以上に強い内容だった。ここまで3勝、2着2回。2度敗れた宿敵ダノンプレミアムが不在のここは上位争いは必至とみた。

△1……昨年からG1に昇格したホープフルSをタイムフライヤーは快勝。皐月賞候補の1頭に名乗りを上げたが、前走の若葉Sは0秒5差の5着。序盤に不利があったとはいえ、やや負けすぎか。G1馬だが今回は△の評価にとどめたい。

△2……ジェネラーレウーノは新馬戦で3着と敗れたが、その後に一気の3連勝。ここ2戦は今回と同舞台で葉牡丹賞、京成杯を連勝している。前々で立ち回れる脚質は中山向きで、豊富なコース経験も軽視できない。

△3……前走のスプリングSでエポカドーロはハナ差の2着。直線で抜け出したところを差し切られたが、相手はダノンプレミアム以外に負けていないステルヴィオ。3着には3馬身半差をつけた。2走前にやや重馬場で3馬身半差の圧勝。時計のかかる馬場なら出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タイムフライヤー    
1 2 ワグネリアン
2 3 ジャンダルム    
2 4 スリーヘリオス        
3 5 キタノコマンドール    
3 6 アイトーン        
4 7 エポカドーロ    
4 8 ケイティクレバー      
5 9 オウケンムーン      
5 10 ジェネラーレウーノ    
6 11 マイネルファンロン        
6 12 グレイル        
7 13 ダブルシャープ        
7 14 サンリヴァル        
8 15 ステルヴィオ
8 16 ジュンヴァルロ        

買い目

大多15=2 15=5 15-1 15-3 2=5
綾恵15=2 15=3 15-7 15-10 2=3
山田5=15 5=2 5=8 15=2 15=8 2=8
たま9=2 9=15 9=1 9=7 9=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。