2018年3月24日(土)

11R

2018年3月24日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第66回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はキセキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨夏から一戦ごとに力をつけ、秋の菊花賞(G1)で最後の1冠を奪取。極悪馬場をものともせず、大外から1頭だけ違う脚色で突き抜けた。続く香港ヴァーズ(国際G1)は9着に終わったものの、激走明けの海外遠征で同情の余地あり。じっくりと立て直されて着実に上向いており、結果を出して春の盾取りに弾みをつけたい。

○対抗はトーセンバジル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前々走・京都大賞典(G2)ではシュヴァルグラン(次走ジャパンC制覇)に先着して2着を確保。前走・香港ヴァーズ(国際G1)では世界屈指の強豪と互角に渡り合って3着に善戦するなど、ここにきて一皮むけた感がある。舞台不問で久々の中山コースでも過度の心配は無用。充実期を迎えた今なら重賞Vも狙えそうだ。

▲単穴はソールインパクト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.30.4

勝ち鞍は1000万下までだが、格上挑戦した昨秋のアルゼンチン共和国杯(G2)で2着に好走。前走・ダイヤモンドS(G3)では積極的な仕掛けから3着に粘っており、長距離戦なら重賞でも上位争い可能な力がある。中山コースはここまで2勝。別定戦でも警戒が必要だろう。

△抑えはゼーヴィント。△穴はガンコ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・日経賞

1着馬に天皇賞(春)への優先出走権が与えられる。過去10年の連対馬は(1)(3)、(4)(7)、(6)(4)、(1)(2)、(12)(2)、(1)(9)、(1)(10)、(4)(5)、(2)(1)、(4)(7)番人気で決まった(11年は阪神競馬)。

馬連配当は
3けた…………3回
2000円台…2回
4000円台…1回
5000円台…2回
6000円台…1回
万馬券…………1回

12年に4万8480円と大きく荒れ、4000〜6000円台の配当も4回。波乱も視野に入れておきたい。

ロードヴァンドールは前走、日経新春杯で逃げて首差の2着。ゴール寸前でつかまったが、2キロの斤量差があってのもので悲観する内容ではない。2カ月の休み明けとなるが、強力な同型馬は不在。初のタイトル奪取のチャンスと見た。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アルター        
2 2 ショウナンバッハ        
2 3 チェスナットコート      
3 4 ロードヴァンドール  
3 5 ナスノセイカン        
4 6 ノーブルマーズ        
4 7 トーセンバジル
5 8 サイモントルナーレ        
5 9 ゼーヴィント  
6 10 ピンポン        
6 11 サクラアンプルール      
7 12 ガンコ      
7 13 アクションスター        
8 14 キセキ
8 15 ソールインパクト  

買い目

大多14=7 14=15 14-9 14-12 7=15
綾恵14=7 14=4 14-3 14-9 7=4
山田4=7 4=14 4=15 7=14 7=15 14=15
たま4=11 4=15 4=7 4=9 4=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。