sportsnavi

2018年3月4日(日)

11R

2018年3月4日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第55回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから無傷の3連勝。前走・朝日杯フューチュリティS(G1)は圧巻のレースレコードで他馬を一蹴し、文句なしの2歳王者に輝いた。好位で運ぶレースぶりは安定感抜群で、決め手も非凡。前々走では東京のサウジアラビアRC(G3)を快勝しており、長距離輸送の不安もない。初の2000Mをクリアしてクラシック1冠目に王手をかけたいところだ。

○対抗はワグネリアン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.04.7

前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)を3馬身差で快勝し、こちらもデビューから3連勝。父ディープインパクト譲りの瞬発力があり、新馬戦でマークした上がり3ハロン32秒6は中京競馬史上最速のタイム(古馬含む)だった。折り合い面にも心配がなく、2000Mで勝っている点は強み。末脚勝負になるようなら、まとめて差し切る場面があっていい。

▲単穴はオブセッション。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・2.07.5

道悪の新馬戦を勝ち上がると、2戦目の前走・シクラメン賞(500万下)は2歳レコードで圧勝。それぞれ馬場状態、ペースも対照的な競馬だったが、ともに高いパフォーマンスを見せている。500キロを超える恵まれた馬格があり、秘めた素質も一級品。重賞初挑戦でも警戒しておきたい。

△抑えはジャンダルム。△穴はサンリヴァル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

無傷で皐月賞へ、ワグネリアン

過去10年、連対馬は2-1、1-5、1-2、1-7、9-3、6-10、1-4、2-4、2-1、1-8番人気で決まった。1〜3番人気馬は7、4、1連対の成績。1、2番人気は期待に応えているものの、3番人気が1連対と不振。代わりに、6番人気以下から5頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

13年に6、10番人気の順でゴールして5万2300円と荒れたが、ほかは8000円未満で決着している。

一方、3連単配当は、2万円台、2万台円、5050円、1万円台、12万円台、46万円台、3850円、18万円台、830円、4万円台。10万円を超す万馬券が3回も飛び出す波乱含みの傾向を見せている。ちなみに、3着は7、7、7、5、5、2、2、10、3、5番人気だった。

連対馬20頭はすべて芝から出走し、距離別は1600M組5頭、1800M組6頭、2000M組9頭。マイルや中距離から参戦した馬が好成績を残している。

クラス別は重賞組13頭、オープン特別組3頭、500万下組3頭、未勝利組1頭。オープン組が連対馬の8割を占め、下級条件からの臨戦馬は苦戦傾向を見せている。

前走成績は1〜5着馬の12、2、0、3、1頭と7着馬2頭。前哨戦で5着以内に好走していることが、連対への理想となっている。ちなみに掲示板を外した2頭はともに重賞からの出走馬だった。

ステップ(着順)は朝日杯フューチュリティS(2、4、7、1着)組とラジオNIKKEI杯2歳S=現ホープフルS(1、1、4、1着)組が4連対でトップ。次いで、若駒S(4、1、1着)組が3連対で続いている。

キャリア別は、1〜7戦以上馬が5、14、29、26、21、12、18頭出走して、0、3、5、5、3、3、1連対。連対率はそれぞれ0、21、17、19、14、25、6%。キャリア2〜6戦馬が狙い目となる。

関東馬57頭、関西馬66頭、地方馬2頭で戦った所属別は、7、13、0連対。連対率は12、20、0%。関西馬が他所属馬をリードしている。


◎……本命にワグネリアンを指名する。前走・東京スポーツ杯2歳Sは3馬身差の楽勝で、勝ちタイムも同開催の古馬準オープンよりも1秒6も速かった。2カ月、2カ月とゆったりとしたレース間隔で出走して3連勝中で、今回も3カ月半ぶり。無傷の4連勝で皐月賞に堂々と駒を進める。

○……相手はオブセッション。デビュー戦は重馬場で勝ち時計は目立たなかったが、上がり3ハロン34秒5は良馬場並みの速さだった。前走も出遅れながら33秒5の末脚で2歳レコードV。激走の反動がなければ◎を下しても不思議はない。

▲……2頭に割って入ればダノンプレミアム。新馬、サウジアラビアロイヤルC、朝日杯フューチュリティSと危なげのない競馬で3連勝。スピード能力の高さに加えて、レースセンスの良さが光り、クラシックを意識させる強さ。初の2000M戦でも侮れない。

△1……ジャンダルムは芝1600M戦を2連勝。距離が一気に延びた前走のホープフルSでも0秒2差の2着と健闘した。マイル戦ほどの末脚は使えなかったが、この距離へのメドは立てた。距離2度目、G1戦でもまれた経験を生かせれば上位争いに浮上する。

△2……サンリヴァルは新潟の新馬勝ちに続き、中山の2000M芙蓉Sを制した。前走のホープフルSは4着に敗れたが、ハイペースの2番手からいったん先頭に立つスピードを見せた。今回と同じ舞台を2回経験しているのは大きな強み。混戦での食い込みに警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オブセッション
2 2 アラウン        
3 3 ジャンダルム
4 4 リビーリング        
5 5 ヘヴィータンク        
6 6 アサクサスポット        
7 7 トラストケンシン        
7 8 ワグネリアン
8 9 ダノンプレミアム
8 10 サンリヴァル  

買い目

大多9=8 9=1 9-3 9-10 8=1
綾恵8=9 8=10 8-1 8-3 9=10
山田9=1 9=8 9=3 1=8 1=3 8=3
たま8=1 8=9 8=3 8=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。