2018年1月14日(日)

11R

2018年1月14日(日) | 1回中山5日 | 15:35発走

第58回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はジェネラーレウーノ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.4

デビュー戦こそ3着に敗れたものの、その後は逃げる競馬で2連勝。前走・葉牡丹賞(500万下)では直線で物見して若さを見せながらも、迫る後続を二枚腰で振り切った。前々走から時計を2秒短縮しており、引き続き同舞台で行われることは歓迎。同型の出方は気になるものの、ペースを握って行ければ前走の再現もありそうだ。

○対抗はダブルシャープ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

近2走は結果ひと息だが、夏のクローバー賞(オープン)ではタワーオブロンドン(京王杯2歳S覇者)を負かしている力量馬。続く札幌2歳S(G3)でも僅差3着まで追い上げ、素質の高さを見せている。中山は初めてでも小回りコースは苦にしないタイプ。ややズブい面があるため、距離延長で更に良さが出る可能性も。

▲単穴はイェッツト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

中山コースでデビュー戦を快勝。2着馬とは小差だったが、ラスト2ハロン11秒4-11秒3の速いラップを豪快に差し切った末脚は評価するべきだろう。道中の折り合いもつくことから、1ハロン延長はこなせるはず。キャリア2戦目での重賞挑戦は楽ではないが、警戒はしておきたい。

△抑えはコスモイグナーツ。△穴はデルタバローズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞Vの好機、ジェネラーレウーノ

過去10年、連対馬は1-12、2-1、1-3、2-8、2-5、7-5、5-1、3-1、5-7、1-7番人気の組み合わせで決着した。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
2000円台…2回
4000円台…1回
6000円台…1回
7000円台…1回
8000円台…1回

上位1〜3番人気の6、3、2連対はほめられた成績ではないが、最高配当は12番人気が2着に健闘した2008年の8380円。全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

また、3連単配当は8万円台、10万円台、3170円、15万円台、1万円台、16万円台、4万円台、1万円台、7万円台、2万円台。こちらは10万円台の万馬券が3回も出る波乱含みとなっている。ちなみに、3着には4、13、2、7、1、9、4、6、2、3番人気が入線した。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組8頭、オープン特別組3頭、500万下組6頭、未勝利組3頭。オープン組が11連対と格上の貫禄を見せているが、500万下組からも9頭が連対。ほぼ互角の成績を残している。

路線別はホープフルS組が3連対でトップ。次いで、朝日杯フューチュリティS、東京スポーツ杯2歳S、葉牡丹賞組などが2連対で続いている。

連対馬の前走成績は【10.2.2.1.3.2】(1〜5着、着外)。20頭中18頭は5着以内に好走、前哨戦で掲示板を外した馬の巻き返しは厳しくなっている。なお、着外の2頭は6、7着だった。

キャリア別は2〜5戦以上馬が2、9、8、1連対で、連対率は4、25、36、2%。キャリア3、4戦馬が好成績を残している。

地方馬1連対を除く所属別は、関東馬が10連対(連対率10%)、関西馬は9連対(同19%)。関東馬が連対数でリードしているが、率では関西馬が上回っている。


◎……ジェネラーレウーノは未勝利と葉牡丹賞を連勝。前走時計は同開催のG1ホープフルSと同タイムと優秀だった。2000Mで2勝の実績とこの舞台を経験していることは大きなアドバンテージ。重賞奪取のチャンスとみた。

○……ホッカイドウ競馬所属時にダブルシャープは、クローバー賞を勝ち、札幌2歳Sでクビ+アタマ差の3着。前走の朝日杯フューチュリティSで9着と敗れたが、2着とは差がなく、実績では最上位といえる。小回りコースは得意。オープン特別勝ちの力を見直す手だ。


▲……コズミックフォースは新馬戦で3着だったが、2戦目の未勝利戦(芝2000M)を快勝。直線で馬群の中から内に進路を切り替えて、最後は余裕のゴールだった。エンジンのかかりは遅いが、しまいの切れは一級品。昇級戦でも初戦から侮れない。

△1……デルタバローズは東京のマイル戦を1分37秒9で差し切り、デビュー勝ちを決めた。重馬場で勝ちタイムは目立たないが、馬場状態を考慮すればレース最速の上がり35秒1は優秀だ。キャリア1戦は気になるものの、時計のかかる決着になれば上位争いに浮上する。

△2……昨夏の新潟でサクステッドは2着を0秒3突き放してデビュー勝ち。前走の萩Sは5着に敗れたが、勝ち馬がタイムフライヤー(G1ホープフルS勝ち)では仕方なかったか。G3戦、良馬場なら差のない競馬に持ち込める。

△3……タイキフェルヴールはダート1800Mで未勝利、500万下と連勝。パワー勝負のイメージが強いが、芝の未勝利戦で2着した実績がある。高速決着では厳しいが、上がりがかかるようだと出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 イェッツト      
2 2 コスモイグナーツ    
2 3 ヤマノグラップル        
3 4 ロジティナ        
3 5 コズミックフォース  
4 6 スラッシュメタル      
4 7 エイムアンドエンド        
5 8 ダブルシャープ
5 9 サクステッド      
6 10 デルタバローズ  
6 11 ライトカラカゼ        
7 12 タイキフェルヴール      
7 13 ギャンブラー        
8 14 ジョリルミエール        
8 15 ジェネラーレウーノ

買い目

大多15=8 15=1 15-2 15-10 8=1
綾恵15=8 15=5 15-6 15-10 8=5
山田8=15 8=2 8=5 15=2 15=5 2=5
たま15=8 15=5 15=9 15=10 15=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。