IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月7日(日)

11R

2018年10月7日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第69回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアエロリット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.7

昨年のNHKマイルC(G1)覇者。今年もヴィクトリアマイル(G1)、安田記念(G1)で僅差の4、2着に粘り込むなど、トップクラスの実力をアピールしている。1800MではクイーンS(G3)を勝っており、2月の中山記念(G2)でもクビ差の2着。4カ月ぶりとなるが、まずは得意の東京コース(2.2.0.1)で幸先の良いスタートを切りたい。

○対抗はサトノアーサー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.8

キャリアを重ねて着実に地力をつけ、前走・エプソムC(G3)で待望の重賞タイトルを獲得。道悪をこなして力強く差し切り、本格化の兆しを感じさせた。ここまで2000M以下では(4.3.1.0)と安定度は抜群。久々の実戦で強敵揃いだが、再び東京1800Mなら好勝負になっていい。

▲単穴はケイアイノーテック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・NHKマイルC(G1)は豪快な追い込みを決めて初戴冠。出遅れて後方からの競馬となったが、4角15番手から前をまとめて抜き去った。その後はじっくりとリフレッシュされ、減っていた馬体も回復。距離延長が課題となるものの、末脚勝負になれば出番がありそうだ。

△抑えはキセキ。△穴はステルヴィオ。


今週のワンポイントアドバイス

距離ベスト、ステルヴィオ

1着馬に天皇賞(秋)への優先出走権が与えられるステップレース。過去10年で12頭が馬券対象(1着5頭、2着3頭、3着4頭)に好走している。

レースは16、11、10、11、16、11、15、13、12、12頭立て。連対馬は2-1、4-1、6-8、1-2、1-12、4-6、8-11、1-4、1-3、3-5番人気で決着。1番人気は6連対と可もなく不可もない成績だが、2、3番人気が2、2連対と不調で、6番人気以下から計6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……2回

フルゲート18頭で行われたことはないが、2012、14年に1万2640円、2万7780円の万馬券が出る大荒れ。ただ、3けた配当も4回もあり、荒れるか堅いかの両極端の傾向を見せている。

また、3着に10、10、9、5、9、5、5、7、11、4番人気が入線した3連単配当は、3万円台、5万円台、31万円台、5660円、32万円台、5万円台、38万円台、2万円台、6万円台、2万円台。こちらは11年こそ4けた配当で収まったものの、30万馬券が3回も飛び出す波乱の決着。人気薄馬にも警戒が必要となっている。

連対馬20頭はすべて重賞からの臨戦。内訳はG1(8、1、4、1、13、9、1、1、11、3、16、1着)組12頭、G2(5、1、8着)組3頭、G3(1、2、7、1、1着)組5頭。G1組が貫禄の最多連対を果たしている。

また、そこでの成績を見てみると、G1組なら2けた着順からの反撃も可能だが、G3組は1、2着に好走していることが理想となっている。

ステップ(着順)は5連対で安田記念組がトップ。3連対でエプソムC組が続き、2連対で宝塚記念組、ダービー組、NHKマイルC組、札幌記念組、関屋記念組が並んでいる。

決め手は、逃げ4頭、先行4頭、差し・追い込み12頭。直線526Mと長い東京コースだが、意外にも逃げ、先行馬の健闘が目立っている。

年齢別は3〜7歳以上馬が14、28、34、23、28頭出走して、5、6、5、3、1連対。連対率は36、21、15、13、4%。3〜5歳馬が連対数でトップ争いを繰り広げているものの、率では3歳馬が他世代を圧倒している。

◎……本命はステルヴィオ。3走前にエポカドーロ(次走・皐月賞V)を差し切って堂々と重賞初勝利。皐月賞、ダービーは4、8着と敗れたが、世代トップ級の能力を秘めていることは間違いない。芝1800Mは2戦2勝。ベストの距離で復活ののろしを上げる。

○……サトノアーサーは前走のエプソムCで重賞初制覇。デビュー当初から高く評価されていた素質がようやく開花した。3歳時は期待ほど良績を残せなかったが、ダービー(10着)、菊花賞(11着)は距離も長かった。芝9ハロン戦は(2.2.1.0)と底を見せていない。

▲……割って入ればアエロリット。ここ3戦は、中山記念2着(クビ差)、ヴィクトリアマイル4着(0秒1差)、安田記念2着(クビ差)。と勝ち切れずにいるが、G1のNHKマイルC制覇、クイーンS勝ちの実績は上位にランクされる。休み明けだが、鉄砲もOKだ。

△1……ダイワキャグニーは全5勝を東京で挙げているコース巧者。2走前にメイSでマークした勝ち時計1分45秒6は毎日王冠でも十分通用する。鉄砲に不安はなく、前走のエプソムC14着は道悪が敗因。良馬場なら怖い。

△2……菊花賞勝ち後は不振の続いているキセキだが、前走の宝塚記念(8着)は3着と0秒4差。久々+距離短縮が課題となるが、2000Mの持ち時計1分56秒9が優秀で、新馬勝ちが1800M戦。力を出し切れば馬券圏内に食い込める。

△3……ケイアイノーテックは新馬から一貫して芝1600M戦に出走。NHKマイルC勝ちを含め(3.2.1.1)の成績。馬券圏外に敗れたのは2歳時の朝日杯フューチュリティSだけ。5カ月ぶり、初の1800Mとなるが、G1馬の底力は軽視できない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キセキ  
2 2 ケイアイノーテック  
3 3 ステファノス        
4 4 サトノアーサー
4 5 ステルヴィオ
5 6 サンマルティン        
5 7 ダイワキャグニー    
6 8 アクションスター        
6 9 アエロリット
7 10 スズカデヴィアス        
7 11 サウンズオブアース        
8 12 カツジ        
8 13 レアリスタ        

買い目

大多9=4 9=2 9-1 9-5 4=2
綾恵9=4 9=7 9-2 9-5 4=7
山田4=5 4=9 4=1 5=9 5=1 9=1
たま5=4 5=9 5=1 5=2 5=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。