IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年6月3日(日)

11R

2018年6月3日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第68回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

予想

◎本命はペルシアンナイト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.33.8

昨秋のマイルCSを制し、初のG1タイトルを獲得。今回も有力なサングレーザーらをまとめて差し切り、3歳馬(当時)としては史上4頭目の同レース制覇を達成した。前走・大阪杯(G1)は2着に敗れたものの、勝ち馬のスワーヴリチャードとは0秒1差。得意の1600M戦(3.0.1.1)なら十分に逆転可能だろう。追い切りでも軽快な動きを見せており、秋春マイルG1制覇に期待がかかる。

○対抗はスワーヴリチャード。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の有馬記念(G1)は4着に敗れたものの、今年に入って2連勝。前走・大阪杯(G1)は向正面から一気に動いて先頭に立つと、そのまま力強く押し切ってG1初制覇を果たした。マイル戦は初めてだが、得意の東京コース(重賞4戦2勝、2着2回)なら対応しても驚けない。「2階級制覇」の偉業達成も可能だ。

▲単穴はサングレーザー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.3

昨年5月から7戦5勝、3着2回と好調。課題の折り合いに進境を見せ、前哨戦のマイラーズC(G2)ではコースレコードを叩き出してマイル戦初勝利を飾った。完全に本格化した印象で、父ディープインパクト譲りの末脚にも磨きがかかっている。デビュー戦(3着)以来の左回りに戸惑わなければ、一角崩しの場面も。

△抑えはリアルスティール。△穴はレッドファルクス。


今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、サトノアレス

東京の5週連続G1のラストを飾る春の「マイル王」決定戦。今年は香港馬ウエスタンエクスプレスと日本馬15頭で争われる。

過去10年、連対馬は2-5、1-2、8-6、9-5、2-13、1-3、1-16、1-3、8-1、7-8番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、3、2連対とほめられた成績とはいえず、代わりに、人気薄の6番人気以下から8頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
3000円台…2回
8000円台…1回
万 馬 券……4回

伏兵馬の大駆けが珍しくなく、10回中4回で万馬券が飛び出す波乱のレースとなっている。

また、3着に9、10、5、3、15、12、10、12、6、3番人気が入った3連単配当は14万、1万、34万、33万、46万、6万、37万、12万、15万、28万円台。こちらも10回中8回で10万超の万馬券が出る大荒れ。穴党には楽しみな一戦となっている。

路線別(着順)は5連対で京王杯スプリングC(1、4、7、2、9着)組がトップ。次いで、2連対でヴィクトリアマイル(2、1着)組、大阪杯(2、2着)組、チャンピオンズマイル(香港G1=2、1着)組、ダービー卿チャレンジT(1、2着)組が続いている。

京王杯スプリングC組が最多連対を果たしているが、3着を見てみると、1連対のマイラーズC組から7頭が入線。10回中7回で馬券の対象となる活躍を見せている。

連対馬の前走成績は【7.6.2.5】(左から1、2、3着、着外)。20頭中15頭が3着以内に好走。前哨戦で馬券対象になっていることが理想となっている。

年齢別は3〜8歳以上馬が1、4、6、6、3、0連対。連対率は33、13、11、12、13、0%。今年は3歳馬の参戦がなく、4〜7歳馬が狙い目となる。

関東馬、関西馬、外国馬がそれぞれ55、99、18頭出走して、8、11、1連対。連対率は15、11、6%。連対数で関西馬、率で関東馬が優勢となっている。なお、外国馬はすべて香港からの遠征で、10年前にアルマダが2着に入線しただけ。実績からは静観するのが得策か。

性別は、牡馬が157頭出走して18連対(連対率11%)、牝馬は15頭で2連対(同13%)。牝馬は出走頭数が少なく苦戦しているが、率で牡馬を上回っている。


◎……サトノアレスは前哨戦の京王杯スプリングCでアタマ+ハナ差の2着に敗れたが、外から突き抜けそうな勢いでぐぅ〜んと伸びた。最後は2頭に踏ん張られたが、上がり32秒7の決め手を見せつけた。マイルは朝日杯フューチュリティS勝ちを含め【2.2.0.1】。仕掛けどころひとつで差し切れる。

○……ここ1年でサングレーザーはG2のスワンSとマイラーズCの勝利を含め5勝。G1初挑戦の3走前マイルチャンピオンSでも0秒1差の3着と馬が大きく成長した。鞍上も先週ダービージョッキーの仲間入りをした乗れている福永騎手。2週連続G1制覇も十分ある。

▲……リスグラシューは前走のヴィクトリアマイルでハナ差届かず2着。内外の枠順の差が出たか。G1は6回挑戦して2着4回と善戦止まりだが、東京のマイルは重賞ばかり3戦して1、1、2着。3走前の東京新聞杯の勝ちっぷりから芝1600Mなら互角以上に渡り合える。

△1……金鯱賞、大阪杯と連勝してスワーヴリチャードは目下絶好調。前走は向こう正面から一気に先頭まで押し上げて、そのまま押し切る強い競馬だった。初のマイルに課題を残すが、1800Mの共同通信杯の圧勝から200Mの短縮をクリアする可能性も高い。

△2……前走の大阪杯でペルシアンナイトは0秒1差の2着。たたき2戦目で変わり身を見せた。昨秋のマイルチャンピオンSでG1初勝利し、マイル戦も【3.0.1.1】と好相性。一息入れての出走となるが、力差は少ない。

△3……アエロリットは昨年のNHKマイルCの優勝馬。ここまで通算成績は10戦して3勝、2着4回だが、牡馬混合戦では3戦2勝、2着1回とパーフェクト連対を誇っている。東京は1年前に栄光をつかんだ舞台。巻き返しがあっても驚けない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スワーヴリチャード  
1 2 サトノアレス    
2 3 ダッシングブレイズ        
2 4 アエロリット      
3 5 ペルシアンナイト
3 6 レーヌミノル        
4 7 ウエスタンエクスプレス        
4 8 キャンベルジュニア        
5 9 レッドファルクス    
5 10 モズアスコット        
6 11 リアルスティール    
6 12 ヒーズインラブ        
7 13 ブラックムーン        
7 14 リスグラシュー    
8 15 サングレーザー
8 16 ウインガニオン        

買い目

大多5=1 5=15 5-9 5-11 1=15
綾恵1=5 1=11 1-2 1-15 5=11
山田9=15 9=14 9=5 15=14 15=5 14=5
たま2=15 2=14 2=1 2=4 2=5
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。