2018年5月27日(日)

10R

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第85回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

予想

◎本命はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の朝日杯FS(G1)を圧勝し、前走・弥生賞(G2)でも世代屈指の素質を披露。2番手から抜け出す盤石のレース運びで、他馬を相手にしなかった。皐月賞(G1)は無念の回避となったが、ここまで順調に調教メニューを消化。休養を挟みながら使われてきたこともあり、3カ月ぶりでも大きな割引は不要だろう。折り合いさえつけば、無敗のダービー馬が誕生する。

○対抗はブラストワンピース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.27.6

前走・毎日杯(G3)は早め先頭から押し切り、無傷の3連勝。2着ギベオン(次走NHKマイルC2着)らを寄せ付けなかったように、ポテンシャルは相当に高い。その後はダービーのみに狙いを定め、中間には好時計をマークするなどデキは良好。当舞台で前々走・ゆりかもめ賞(500万下)を圧勝しており、折り合いにも不安はない。戴冠の可能性も十分にある。

▲単穴はエポカドーロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

一戦ごとに着実に力をつけ、前走・皐月賞(G1)は7番人気の低評価を覆して1冠奪取。展開の後押しがあったとはいえ、直線で鋭く伸びて鮮やかに差し切った。年明けからコンスタントに使われてきたが、中間も順調に調整されている。距離や初の左回りがカギとなるが、皐月賞馬の底力は侮れない。

△抑えはワグネリアン。△穴はゴーフォザサミット。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

素質互角、キタノコマンドール

2015年に生まれたサラブレッド6955頭の頂点を決める「日本ダービー」。サバイバル戦を勝ち抜いて大舞台に立つことができるのはわずか18頭。後世に名を残すのはどの馬か。

過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-12、2-5、7-5、1-10、3-5、1-3、3-1、1-5、3-2、2-3番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の5、3、5連対は胸を張れる成績とはいえないものの、人気薄馬の連対も7、10、12番人気の3頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
3000円台…2回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

08、10年に1万3270円、1万6720円と荒れたが、ここ5年は2000円未満の堅い配当に収まっている。

一方、3連単配当は、20万、20万、15万、10万、8万、5万、10万、1万円台、4600円、1万円台。こちらは10万超の万馬券が5回も飛び出す大荒れ。伏兵馬の食い込みを警戒したい。ちなみに、3着は6、8、1、8、7、8、12、3、1、1番人気だった。

ステップ(着順)は皐月賞(9、14、13、3、4、1、3、2、4、1、1、2、3、5、6着)組が15連対と他路線を一蹴。現在、10年連続で連対を果たしている。あとは、青葉賞(1、1着)組と京都新聞杯(1、1着)組が2連対で並び、NHKマイルC(1着)組1連対。皐月賞組は前走成績は関係ないが、ほかの組は1着が連対への理想の条件となっている。

勝利数別は1〜5勝馬が0、4、13、2、1連対。1勝馬の連対はなく、2勝馬も最多の81頭が出走して4連対(2勝2着2回)では狙いづらい。3勝以上馬が有力となっている。

キャリア別は3〜11戦以上馬が0、3、7、5、1、2、1、1、0連対。連対率は0、13、23、10、3、13、9、17、0%。キャリアの浅い3戦以下や逆に豊富な11戦以上は連対していない。北野たけしさんが名付け親のキタノコマンドールには気になるデータだが、さかのぼれば1996年に2戦2勝ですみれSから挑んだフサイチコンコルドが優勝した例はある。

関東馬VS関西馬は55頭と123頭で争い、6対14で、連対率は11対11。連対数で関西馬がリードしているものの、率は互角となっている。

連対馬20頭の前走成績は【8.2.3.2.1.4】(左から1〜5着、着外)。前哨戦で掲示板を外した馬は割り引き対象となる。

先週同様にスタート地点は直線の坂を上がり切ったところ。枠別の成績は、
1枠【5.2.1.12】
2枠【1.1.3.15】
3枠【1.0.0.19】
4枠【0.3.2.14】
5枠【1.1.1.17】
6枠【1.2.1.16】
7枠【1.1.1.27】
8枠【0.0.1.28】
(フルゲートは18頭。10年は18番、14年は7番取り消し)

内の1〜4枠は13連対に対して、外の5〜8枠が7連対。勝利数、連対数で内枠が外枠をリードしている。


◎……キタノコマンドールは3戦のキャリアで、まだ2勝馬。データ的には狙いづらいが、2走前のすみれSの勝ち時計2分11秒7は、前日の古馬準オープンを2秒3上回る桁違いの速さだった。前走の皐月賞は5着だったが、大外を回ったコースロス、先行馬が残る展開を思えば負けて強しの内容。実績では劣るが、互角以上に戦える素質を備えている。

○……2歳王者ダノンプレミアムは皐月賞を直前で回避。4戦4勝の実績は抜けているが、無敗の強さを出せる状態にあるかどうかが問題となる。さらに、前走でやや行きたがったところを見ると、2400Mはやや長いか。今回は対抗にとどめたい。

▲……ブラストワンピースは3戦無敗で、ダービーと同じこの舞台のゆりかもめ賞を4馬身差で圧勝している。獲得賞金から皐月賞も使えたが、早々にパスしてここ一本に照準を合わせての参戦。追い出してからの加速度、馬群を気にしない精神力も買い材料だ。

△1……前走の皐月賞を2馬身差で快勝したエポカドーロ。前3頭が飛ばす4番手で脚をタメる理想の展開になったとはいえ、余裕の手応えで差し切った。ハナに立っても、2番手に控えてもOKという自在の脚質は大きなアドバンテージ。時計がかかれば2冠達成も可能だ。

△2……ゴーフォザサミットは年明けの共同通信杯4着、スプリングS7着。結果を出せずにいたが、トライアルの青葉賞を歴代5位の好時計で差し切った。重賞に昇格して以降、本番で優勝した例は見られないが、ここ10年で2、3着各2回。馬券対象には押さえておきたい。

△3……前走の皐月賞でジェネラーレウーノは0秒6差の3着。勝ち馬には離されたが、スタートから出して行って息の入らない厳しい流れでも、馬券圏を確保した。高速馬場では分が悪いが、スタミナ戦は大歓迎。距離延長も望むところだ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンプレミアム
1 2 タイムフライヤー        
2 3 テーオーエナジー        
2 4 アドマイヤアルバ        
3 5 キタノコマンドール    
3 6 ゴーフォザサミット  
4 7 コズミックフォース        
4 8 ブラストワンピース
5 9 オウケンムーン        
5 10 ステイフーリッシュ      
6 11 ジャンダルム        
6 12 エポカドーロ  
7 13 グレイル        
7 14 エタリオウ        
7 15 ステルヴィオ      
8 16 ジェネラーレウーノ      
8 17 ワグネリアン      
8 18 サンリヴァル        

買い目

大多1=8 1=12 1-6 1-17 8=12
綾恵1=8 1=5 1-6 1-12 8=5
山田1=15 1=8 1=10 15=8 15=10 8=10
たま5=1 5=8 5=6 5=12 5=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。