2018年5月13日(日)

11R

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第13回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

予想

◎本命はリスグラシュー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.6

マイル戦はG1レース2連対を含め(2.3.2.0)。特に東京1600Mでは前々走の東京新聞杯(G3)で牡馬を一蹴するなど2戦2勝と相性が良い。前走の阪神牝馬S(G2)はスローペースが響き3着に敗れたが、アタマ+クビ差まで追い上げ、負けて強しの内容だった。中間は好時計を出しており、動きも良好。悲願のG1初制覇へ態勢は万全だ。

○対抗はアエロリット。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.3

昨年のNHKマイルC(G1)覇者。地元・関東圏のレースでは(2.4.0.0)と底を見せていない。前走・中山記念(G2)は好メンバー相手にクビ差2着。冬を越して馬体もひと回り大きくなり、さらなる成長を感じさせた。得意の東京(2勝)で牝馬戦なら、2つ目のG1タイトルも視野に入る。

▲単穴はミスパンテール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.5

昨秋に準オープンを勝ち上がると、以降は破竹の重賞3連勝。前走・阪神牝馬S(G2)ではそれまでの差す競馬から一転、逃げて後続を完封し、脚質の幅を広げた。中間の動きは上々で、ここに向けて好調をキープ。経験の少ない左回りやテンションの高さなど課題はあるが、目下の勢いは無視できない。

△抑えはアドマイヤリード。△穴はデンコウアンジュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚強烈、アドマイヤリード

春の古馬女王決定戦、今年で13回目を迎える。例年豪華メンバーによって激戦が繰り広げられているが、今回もG1馬(交流重賞を含む)6頭が参戦する。

過去10年、連対馬は5-1、1-11、1-8、2-1、4-7、1-12、11-3、5-12、7-1、6-11番人気の組み合わせで決まった。

1番人気は6連対(3勝、2着3回)とまずまずの成績を挙げているものの、2、3番人気が1、1連対と絶不調。代わりに、6番人気以下から計9頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…1回
5000円台…2回
8000円台…2回
万 馬 券……2回

5、12番人気で決まった2015年に3万6880円の高配当が出て、昨年も6、11番人気のワンツーで4万2710円の万馬券が飛び出す大荒れとなっている。

一方、3着に4、7、11、3、3、5、6、18、2、7番人気が入った3連単配当は、2万円台、8万円台、8万円台、3620円、7万円台、19万円台、40万円台、2070万円台、4万円台、91万円台。2けた人気の伏兵馬の台頭は珍しくなく、10万超の万馬券が4回も出る波乱で、中でも15年の2070万馬券はJRA史上第5位の高額配当となっている。

連対馬の出走間隔は、中2週組2頭、中3週組1頭、中4週組7頭、中5〜8週組9頭、4カ月組1頭。20頭中19頭は3月か4月に1度はレースに出走している。

路線別は阪神牝馬S組が7連対でトップ。2連対で大阪杯組、中山牝馬S組、福島牝馬S組などが続いている。

このレースは前年連対した馬がリピーターとして活躍することでも知られている。ウオッカ(08、09年=2、1着)、ブエナビスタ(10、11年=1、2着)、ホエールキャプチャ(12、13年=1、2着)、ヴィルシーナ(13、14年=1、1着)、ストレイトガール(15、16年=1、1着)が、2年連続で連対している。今年は昨年1、2着のアドマイヤリード、デンコウアンジュが該当する。

年齢別は4〜8歳以上馬が13、4、2、1、0連対。連対率はそれぞれ15、7、7、13、0%。4歳馬が他世代をリードしている。

関東馬67頭と関西馬は111頭で争われ、東西対決は4対16。連対率は6、14%。関西馬が強い。


◎……昨年の勝ち馬アドマイヤリードは前走・阪神牝馬Sで0秒1差の4着。手応え十分で4コーナーを回ったが、直線で前が壁になり完全に脚を余した。決め手は一級品。力を出し切ればヴィルシーナ、ストレイトガールに次ぐ史上3頭目の連覇も十分にある。

○……不振の続くソウルスターリングだが、昨年、桜花賞3着からオークスを制覇した実力馬。前走の阪神牝馬Sは10着に敗れたが、4カ月半の休み明けと道中掛かって失速した。父フランケル、母スタセリタと世界的な良血馬が、G1奪取の舞台で反撃する。

▲……キャリア3戦で挑んだ昨年の桜花賞でミスパンテールは16着、続くオークス10着。キャリア不足を露呈したが、秋を迎えて馬が一変。目下、重賞3勝を含め4連勝と、素質が開花した。自在の立ち回りが自慢の武器。待望のG1奪取も十分可能だ。

△1……リスグラシューはG1に5回出走して、阪神ジュベナイルF、桜花賞、秋華賞で2着。今年は東京新聞杯を勝ち、前走の阪神牝馬Sで3着と好走している。G1の女神には見放されているが、マイルは(2.3.2.0)と得意。いつタイトルを勝ち取ってもいい力を秘めている。

△2……ここ2戦のスプリント戦でレーヌミノルは6、7着。ともに掲示板を外したが、着差は0秒1、0秒3差と着順ほど大きく負けていない。もともとは昨年の桜花賞馬で、秋のマイルCSでも0秒2差の4着と好走。芝1600Mで大駆けしても驚けない底力を備えている。

△3……アエロリットは昨年のNHKマイルCを制覇したマイル巧者。前走4カ月半ぶりの中山記念でクビ差の2着と力走したが、ベストは芝1600Mだろう。東京コースに(2.1.0.0)と良績があり、鉄砲駆けするタイプ。マイルは1年ぶりとなるが、2個目のG1タイトルを奪取するスピードを秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レッツゴードンキ      
1 2 ミスパンテール
2 3 ラビットラン        
2 4 ジュールポレール        
3 5 レーヌミノル      
3 6 レッドアヴァンセ        
4 7 カワキタエンカ        
4 8 クインズミラーグロ        
5 9 ソウルスターリング      
5 10 アエロリット  
6 11 アドマイヤリード
6 12 エテルナミノル        
7 13 ワントゥワン        
7 14 リエノテソーロ        
7 15 デアレガーロ        
8 16 リスグラシュー
8 17 デンコウアンジュ    
8 18 メイズオブオナー        

買い目

大多16=10 16=2 16-11 16-17 10=2
綾恵16=11 16=10 16-1 16-2 11=10
山田2=16 2=11 2=17 16=11 16=17 11=17
たま11=9 11=2 11=5 11=10 11=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。