2018年4月22日(日)

11R

2018年4月22日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第53回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はノームコア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦、アスター賞(500万下)と2連勝。いずれも先行策で危なげなく押し切る好内容だった。前走・フラワーC(G3)は3着に敗れたが、半年ぶりの実戦で0秒3差ならまずまずの結果。今回は叩き2戦目の好ローテで、開幕週の馬場も脚質的にプラスになりそうだ。初タイトルを獲得してオークス(G1)に弾みをつけたい。

○対抗はオハナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

こちらもデビューから2連勝。道悪の新馬戦を制すと、2戦目の菜の花賞(500万下)でも鮮やかな差し切りを披露した。前走・クイーンC(G3)は外枠のロスが響いたが、それでも0秒4差の4着。2ハロンの距離延長に対応できるようなら、上位争いに加わってくるだろう。

▲単穴はサトノワルキューレ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・ゆきやなぎ賞(500万下)で牡馬を相手に快勝。後方待機から向正面で早めにスパートすると、長く良い脚を使って差し切った。デビューから1、3、1着と崩れておらず、敗れたレースは直線で不利を受けた梅花賞(500万下)のみ。直線が長い東京コースなら、持ち味の末脚を存分に発揮できそうだ。

△抑えはサラキア。△穴はレッドベルローズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力上位、ノームコア

上位2頭にオークス(5月20日)への優先出走権が与えられるトライアル。

過去10年の連対馬は1-6、2-3、1-4、9-15、1-2、1-2、4-6、2-1、3-2、12-10番人気の組み合わせで決まった。

上位1〜3番人気は5、5、2連対と悪くない成績だが、6番人気以下からも6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…4回
2000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

9、15番人気で決着した2011年と12、10番人気で決まった17年に、それぞれ10万3540円、3万2010円の万馬券が飛び出す大荒れ。一方で3000円未満の堅い配当も7回と両極端な結果が出ている。

また、3着に8、4、2、3、18、9、13、3、13、2番人気が入線した3連単は、7万円台、1万円台、6830円、113万円台、16万円台、2万円台、108万円台、1万円台、22万円台、39万円台。100万馬券が2回あり、10万超の万馬券も3回と、難解なレースとなっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組7頭、オープン特別組1頭、500万下組10頭、未勝利組2頭。オークスへ上位2頭(昨年までは3着)が優先出走できるトライアルだけに、一発を狙った下級条件からの参戦馬が12連対と健闘している。

路線別(着順)はフラワーC(2、6、2、3、2、3着)組が6連対でトップ。君子蘭賞(1、1、1、2着)組4連対、ミモザ賞(2、1着)組2連対と続いている。


◎……前走のフラワーCでノームコアは0秒3差の3着。6カ月ぶり、14キロ増だったが、新馬、500万下特別を連勝した能力の高さを再認識させた。休み明けをたたき2戦目。展開不問の機動力でオークスへの切符を勝ち取る。

○……レッドベルローズは前走、このレースと同距離のミモザ賞を快勝。距離延長で追走が楽になり、正攻法の競馬であっさりと差し切った。東京でデビュー勝ちを飾っており、コース替わりは問題なし。2連勝で重賞Vも十分可能だ。

▲……ウスベニノキミは前走フラワーCで0秒4差の4着。スローペースの後方からで差し切れなかったが、レース2番目の上がりで追い上げた。前回は馬体重10キロ減。東京への長距離輸送がカギだが、能力は確か。

△1……新馬、500万下と連勝して挑んだオハナは、前走のクイーンCで0秒4差の4着。中団待機でジワジワと伸びていたが、前が止まらない流れに詰め切れなかった。父ディープインパクト譲りの決め手があり、新馬戦で見せた末脚を再現できれば怖い。

△2……サトノワルキューレはデビューから3戦して、1、3、1着と好走。前走は2400M戦の牡馬相手だったが、残り5ハロンからロングスパートで押し切る強い競馬を見せた。距離短縮で狙いを下げたが、持久力勝負になれば上位争いに浮上する。

△3……前走のチューリップ賞でサラキアは0秒7差の4着。発馬のタイミングが合わず、新馬V直後のG2戦を思えば悲観する内容ではない。2戦連続で出遅れという課題はあるが、スタートさえ決めれば反撃も十分ある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サラキア  
1 2 オスカールビー        
2 3 ウスベニノキミ      
2 4 サトノワルキューレ  
3 5 ノーブルカリナン      
3 6 ファストライフ        
4 7 デュッセルドルフ        
4 8 ラブラブラブ        
5 9 ハイヒール        
5 10 オハナ
6 11 カーサデルシエロ        
6 12 レッドベルローズ  
7 13 ヴェロニカグレース      
7 14 ディアジラソル        
8 15 パイオニアバイオ        
8 16 ノームコア

買い目

大多16=10 16=4 16-1 16-12 10=4
綾恵10=4 10=16 10-5 10-13 4=16
山田10=1 10=16 10=12 1=16 1=12 16=12
たま16=12 16=3 16=1 16=4 16=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。