sportsnavi

2018年2月17日(土)

11R

2018年2月17日(土) | 1回東京7日 | 15:45発走

第68回ダイヤモンドステークス(GIII)

芝・左 3400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はフェイムゲーム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・3.30.2

前走・ステイヤーズS(G2)はアルバートの決め手に屈したものの、きっちりと連対確保。14、15年と当レースを連覇した実績があり、16年は今回と同じハンデ58.5キロで2着に入っている。8歳になる高齢馬だが、中間の気配は上々。3度目の制覇に期待がかかる。

○対抗はプレストウィック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・3.35.9

前走・ステイヤーズS(G2)でフェイムゲームに次ぐ3着。息の長い末脚が特長で、これまで3000M超のレースでは掲示板を外したことがない。ハンデ戦の今回はフェイムゲームとの斤量差が1キロから3.5キロに拡大。逆転の可能性もありそうだ。

▲単穴はレジェンドセラー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

2400M以上のレースでは(3.0.1.1)と成績が安定。前走・アメリカJCC(G2)は7着と重賞の壁に跳ね返された形だが、距離短縮もマイナスになったようだ。長丁場のスタミナ勝負なら、巻き返しがあっていい。

△抑えはソールインパクト。△穴はホウオウドリーム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇東京11R・ダイヤモンドS

過去10年、連対馬は(1)(2)、(2)(12)、(1)(6)、(2)(4)、(15)(1)、(1)(4)、(1)(5)、(1)(2)、(4)(2)、(1)(6)番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は
3けた…………1回
1000円台…3回
2000円台…3回
3000円台…1回
万馬券…………2回

2009年と12年に12、15番人気が連に食い込んで1万4890円、5万2520円の万馬券が飛び出したが、8回は4000円未満に収まっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組10頭、オープン特別組6頭、1600万下組3頭、1000万下組1頭。オープン組が連対馬の80%を占めているが、下級条件からも4頭が連対している。

路線別(着順)は万葉S(4、1、5、2着)組が4連対でトップ。次いで3連対でアメリカJCC(3、3、12着)組、2連対で有馬記念(4、7着)組、日経新春杯(1、12着)組などが追っている。

トップハンデ馬は1、(7、9、12)、5、12、(10、14)、2、2、1、2、(1、6)着の成績。ハンデ頭は5年連続で連対を果たしている。


レジェンドセラーは500万下で2600メートルを勝ち、その後2400メートルで1000万下、1600万下と連勝した。中距離で頭角を現せなかったが、長距離で高い適性を示した。アメリカJCCはG2戦で、距離も1ハロン不足。前走を度外視して狙う手だ。

馬単は(8)←→(6)、(8)←→(3)、(8)←→(14)、(8)←→(5)、(8)←→(1)。

3連単は(8)←→(6)から(3)(14)(5)(1)と、(8)←→(3)から(6)(14)(5)(1)への3着流し。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 リッジマン    
2 2 ハッピーモーメント        
3 3 プレストウィック
3 4 ラブラドライト      
4 5 ホウオウドリーム  
4 6 ソールインパクト  
5 7 リッチーリッチー        
5 8 レジェンドセラー  
6 9 トウシンモンステラ        
6 10 ダウンザライン        
7 11 サイモントルナーレ        
7 12 グランアルマダ        
8 13 トレジャーマップ        
8 14 フェイムゲーム

買い目

大多14=3 14=8 14-5 14-6 3=8
綾恵14=8 14=1 14-3 14-5 8=1
山田14=6 14=3 14=4 6=3 6=4 3=4
たま8=6 8=3 8=1 8=5 8=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。