2018年2月12日(月)

11R

2018年2月12日(月) | 1回東京6日 | 15:45発走

第53回デイリー杯クイーンカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 |

予想

◎本命はマウレア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.5

13年の桜花賞馬アユサンの全妹。前走・阪神ジュベナイルF(G1)は直線でスムーズさを欠きながらも、0秒2差3着に善戦した。今回の東京芝1600Mは新馬、赤松賞(500万下)を連勝した舞台。タイトル獲得の大きなチャンスとなりそうだ。

○対抗はツヅミモン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.36.2

前走・シンザン記念(G3)は低評価ながらもアーモンドアイの2着に健闘。好位からの正攻法でカシアス(函館2歳S覇者)ら牡馬に先着するなど、見せ場十分の内容だった。新馬勝ちが中山コースで、長距離輸送は克服済み。ここも好勝負が期待できる。

▲単穴はオハナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.36.0

デビューから芝1600Mで2連勝。道悪の新馬戦を勝ち上がると、菜の花賞(500万下)では急坂を苦にせず鮮やかに差し切った。小柄な牝馬で調整の難しいタイプだが、末脚は非凡。祖母にマイルG1・2勝の名牝ノースフライトを持つ血統からも、まだまだ奥がありそうだ。

△抑えはテトラドラクマ。△穴はレッドベルローズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

素質互角、アルーシャ

過去10年、連対馬は1-8、4-2、1-10、2-5、2-1、4-3、1-3、2-3、1-7、1-5番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は6、4、3連対とまずまずの成績で、さらに4、5番人気も2、2連対。連対馬の85%を5番人気以内が占め、伏兵馬は7、8、10番人気の計3頭だけとなっている。

馬連配当は
3けた…………2回
1000円台…4回
2000円台…3回
6000円台…1回

10番人気が2着に健闘した2010年に6240円の中穴配当になったが、9回は3000円台未満で決着。人気馬の好走で波乱度は低い。

一方、3着に4、8、2、4、6、2=8(3着同着)、5、1、6、2番人気が入った3連単配当は、3万円台、10万円台、4万円台、2万円台、1万円台、1万円台=4万円台(3着同着)、4270円、1万円台、1万円台、6820円。こちらも09年に10万馬券が飛び出した以外はほぼ平凡な配当に収まっている。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組12頭、オープン特別組1頭、500万下組5頭、新馬組1頭、未勝利組1頭。オープン組は20頭中13頭を占めているが、下級条件の500万下組にも出番は十分にある。

路線別(着順)は阪神ジュベナイルF(2、2、6、4、3、6、1着)組が7連対でトップ。4連対でフェアリーS(2、2、5、2着)組が続き、菜の花賞(1、2着)組2連対の順となっている。

また、連対馬20頭の前走成績は【7.6.2.2.1.2】(上から1〜5着、着外)。前哨戦で掲示板を外したのはわずか2頭で、ともに阪神ジュベナイルF6着からの参戦だった。

キャリアは1〜7戦以上馬が1、4、7、5、2、0、1連対。連対率は8、19、26、16、10、0、4%。2〜4戦のキャリアの馬が好走している。

所属別は関東馬が116頭出走して15連対(連対率13%)、関西馬は33頭で5連対(同15%)。連対数で関東馬が関西馬を大きくリードしているものの、率で関西馬が逆転している。なお、地方馬は9頭出走して3着が最高成績となっている。


◎……アルーシャはデビュー戦を飾れなかったが、2戦目で未勝利勝ち。スタートが合わなかったが、二の脚を使って好位に押し上げ、直線は余裕の差し切りを見せた。10キロ増をたたいた上積みは大きく、非凡なセンスを感じさせるレースぶり。重賞戦でもいきなり好勝負に持ち込める。

○……2走前にテトラドラクマはこの舞台で2着を5馬身ちぎる圧勝。勝ちタイムも前日の準オープンより0秒8も速かった。前走フェアリーS6着は不利な大外枠に加え、他馬と接触するアクシデント。末脚不発の前走を度外視して狙いたい。

▲……マウレアは東京のマイルで、新馬、500万下を連勝。前走の阪神ジュベナイルFは0秒2差の3着に敗れたが、直線で前が壁にならなければもっと差は詰まっていた。舞台は2戦2勝の東京。上位2頭をまとめて差し切っても不思議はない。

△1……ディープインパクト産駒のオハナが2戦2勝。新馬はレース最速の上がりで、前走は余裕の差し切りを見せた。412キロの小柄な牝馬で馬体維持に課題を残すが、ここ2戦のレース内容なら、ここでも優に通用してもおかしくない。

△2……ツヅミモンのデビュー勝ちはハナ差だったが、3着には0秒7差をつけた。前走のシンザン記念で牝馬のアーモンドアイに完敗した形だが、540キロの大型馬にしては前々で立ち回れるセンスを備えている。1勝馬でも軽視できない。

△3……ライレローズは2戦目の未勝利戦を勝ち、前走のフェアリーSで7着。スタートは互角に切れたものの、その後に行き脚がつかず後方に置かれたのが痛かった。中山から実績のある東京替わりは好材料。大駆けに警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ナラトゥリス        
1 2 フィニフティ        
2 3 アトムアストレア        
2 4 ハトホル      
3 5 ソシアルクラブ        
3 6 テトラドラクマ  
4 7 キャッチミーアップ        
4 8 ロフティフレーズ        
5 9 アルーシャ    
5 10 マウレア
6 11 ライレローズ    
6 12 レッドベルローズ  
7 13 ツヅミモン  
7 14 オハナ    
8 15 モデレイト        
8 16 マルターズルーメン        

買い目

大多10=13 10=14 10-6 10-12 13=14
綾恵10=12 10=13 10-9 10-11 12=13
山田6=10 6=12 6=4 10=12 10=4 12=4
たま9=6 9=10 9=11 9=13 9=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。