競馬 - 根岸ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年1月28日(日)

11R

2018年1月28日(日) | 1回東京2日 | 15:45発走

第32回根岸ステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

予想

◎本命はカフジテイク。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.22.0

全7勝中6勝をダート1400Mでマーク。前走・チャンピオンズC(G1)は久々の1800Mで7着に敗れたものの、得意の距離に戻れば見直しが必要だろう。昨年の当レースでは今回も対戦するキングズガードらを豪快な直線一気で一蹴。連覇を果たしてフェブラリーS(G1)に弾みをつけたいところだ。

○対抗はサンライズノヴァ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.22.2

前走・師走S(オープン)はマイペースで逃げた勝ち馬にこそ離されたものの、きっちりと連対確保。今回の東京ではユニコーンS(G3)制覇など4戦3勝の好成績を挙げており、コース替わりは歓迎だ。1400MのグリーンチャンネルC(オープン)快勝の実績から、距離短縮に不安なし。警戒しておく必要があるだろう。

▲単穴はキングズガード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.22.2

昨夏のプロキオンS(G3)で重賞初制覇。斤量差があったとはいえ、カフジテイクの追撃を振り切るなど非凡な決め手を持っている。前走・チャンピオンズC(G1)は8着と振るわなかったが、ベストの1400M(8勝)なら巻き返しがあっていい。

△抑えはアキトクレッセント。△穴はノンコノユメ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、サンライズノヴァ

過去10年、連対馬は1-5、4-5、11-1、2-3、4-9、5-1、4-8、1-2、1-6、1-3番人気で決まった。1番人気は6連対(4勝2着2回)とまずまずの成績を残しているものの、2、3番人気が2、2連対と不調。代わりに6〜11番人気から4頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
2000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

4、9番人気のワンツーで2012年に1万5660円と荒れたが、残る9回は7000円未満。無理な穴狙いは避けたい。

一方、3連単配当は2万、8万、15万、4万、37万、10万、15万、4万、3万円台と9330円。こちらは10万超の万馬券が4回も飛び出す荒れ模様となっている。ちなみに、3着は3、7、4、10、5、10、5、15、10、4番人気だった。

連対馬20頭の前走成績は【11.2.3.4】(1、2、3着、着外)。連対馬の8割は前走複勝対象の3着以内で、残る4頭も4〜6着。前哨戦で大敗した馬は割り引き対象としたい。

路線別はギャラクシーS組と武蔵野S組が3連対で並び、2連対のチャンピオンズC組、カペラS組、大和S組の順となっている。

所属別は関東馬が35頭出走して1連対(連対率3%)、関西馬は116頭で19連対(同16%)、地方馬は9頭で連対なし。関西馬が他所属馬を大きくリードしている。

年齢別は4〜8歳以上馬が16、33、42、30、39頭出走して、3、9、5、2、1連対。連対率は19、27、12、7、3%。5歳が好成績を残している。


◎……サンライズノヴァは東京で(3.0.0.1)と好成績。唯一の敗戦は過去最低体重が影響したか、2走前の武蔵野Sで12着だった。前走・師走Sは勝ち馬が逃げ切るスローの展開で2着が精いっぱいだったが、決め手は一級品。仕掛けどころひとつで突き抜けられる。


○……カフジテイクは昨年の覇者。ダート1400Mは全7勝中6勝(東京3戦3勝)を挙げている距離で、底を見せていない。前走のチャンピオンズCは距離が長く7着と敗れたが、7ハロン戦のここは負けられない。

▲……穴に狙いたいのが浦和から参戦のブルドッグボス。2走前のカペラSで0秒3差の3着。2着スノードラゴンとは0秒2差だった。もともとJRAでデビューして、地方に転出後は複勝率100%。過去データは地方馬に厳しいが、大駆けを警戒したい。

△1……前走のブラゾンドゥリスは内のラチ沿いで脚をためて、直線狭いところをこじ開けて0秒2差の2着まで迫った。1400Mは(3.2.1.2)と好成績で、東京コースでも4勝の実績。末脚勝負に徹すればV争いに浮上する。

△2……アキトクレッセントは2走前の武蔵野Sで3着に健闘しているが、やはり最適は6勝を挙げているダート1400M。かつては暴走気味になるときもあったが、最近は気性が成長して安定感が増した。

△3……前走のチャンピオンズCでキングズガードは0秒5差の8着。最後方からレース最速の上がりで詰めてきたが、道中の流れが落ち着き展開が向かなかった。1400Mで全8勝を挙げており、この距離がベスト。7歳馬でも侮れない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 イーデンホール        
2 2 アキトクレッセント    
3 3 ブラゾンドゥリス    
3 4 マッチレスヒーロー        
4 5 ノボバカラ        
4 6 カフジテイク
5 7 キングズガード
5 8 サンライズノヴァ  
6 9 モンドクラッセ        
6 10 サイタスリーレッド      
7 11 ラブバレット        
7 12 ブルドッグボス    
8 13 ベストウォーリア        
8 14 ノンコノユメ    

買い目

大多6=8 6=7 6-2 6-14 8=7
綾恵7=6 7=12 7-3 7-8 6=12
山田6=7 6=14 6=10 7=14 7=10 14=10
たま8=6 8=12 8=2 8=3 8=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。