IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年7月21日(土)

11R

2018年7月21日(土) | 2回福島7日 | 15:45発走

白河特別

芝・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | 1000万下 (混合)[指定] ハンデ | 本賞金:1500、600、380、230、150万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はラストプリマドンナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.08.9

デビューから5戦して(2.3.0.0)のパーフェクト連対。前走(500万下)は出遅れた上に前が残る展開だったが、外から豪快に差し切った。父ダイワメジャー(G1・5勝)、母シルクプリマドンナ(オークス馬)の良血馬で、伸びしろも十分。ハンデ51キロなら、古馬相手でも即通用する。

○対抗はエルカミーノレアル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.07.6

現級で2着2回、3着4回の実績。前走・御池特別は8着に敗れたが、初めての連闘だったため、同情の余地はある。ひと息入れて立て直し、今回は実績のある福島コース(2.0.3.2)。改めて期待してみたい。

▲単穴はシンボリバーグ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.9

△抑えはムスコローソ。△穴はカイザーメランジェ。


今週のワンポイントアドバイス

能力上位、シンボリバーグ

芝1200Mで行われた過去5回、連対馬は8-6、1-5、1-2、1-3、5-11番人気の組み合わせで決まった(2015年は定量戦)。

上位1〜3番人気は3、1、1連対とまずまずの成績だが、人気薄の5〜11番人気からも計5頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
5000円台…1回
万 馬 券……1回

昨年、11番人気のリバティーホールが2着と健闘して3万5930円と荒れたが、2000円未満の人気サイド決着も3回ある。

また、3着に5、3、3、2、3番人気が入線した3連単配当は、12万円台、1万円台、2820円、9220円、60万円台。こちらは13年と17年に12万、60万馬券が出るなど波乱含みとなっている。

連対馬10頭の距離別は1000M組1頭、1200M組9頭。スプリント戦から臨戦した馬が連を独占している。

クラス別(着順)は準オープン(8着)組1頭、1000万下(3、3、2、2、13、3、6着)組7頭、500万下(1、1着)組2頭。500万下組は1着が連対条件となるが、ほかの組なら成績に関係なく巻き返しが可能となっている。

ステップはさくらんぼ特別が唯一3連対(2勝2着1回)と好相性。今年この組から2頭が出走している。

年齢別は3〜8歳馬が1、4、1、3、0、1連対。連対率は10、31、5、18、0、20%。4、6歳馬が好成績を残している。

東西対決は関東馬60頭と関西馬10頭で争い、8対2。連対率はそれぞれ13、20%。連対数で関東馬が大きくリードしているが、率では関西馬が上回っている。

性別は牡馬が35頭出走して5連対(連対率14%)、牝馬も35頭で5連対(同14%)。牡馬VS牝馬は全く互角となっている。

ハンデ戦で施行された4回の1、2着馬は、(56、54)(55、54)(54、56)(52、50)キロで決着。53キロ以下の軽ハンデ馬は苦戦中だったが、昨年のワンツーゴールで反撃の兆しを見せている。

また、ハンデ頭は1、(1、12、13)、2、7着。4回中3回で連対なら軽視できない存在となっている。


◎……シンボリバーグは降級戦の前走を好位から余裕の差し切り勝ち。着差は半馬身だったが、勝ち時計は翌日のさくらんぼ特別(1000万下)よりも0秒5速かった。パワータイプで最終週の力のいる馬場は歓迎。2連勝で準オープン入りする。

○……前走さくらんぼ特別でミエノドリーマーは0秒6差の7着。ハイペースの3番手を追走し、直線を向いたときには余力がなくなっていた。57→54キロへの斤量減は好材料。500万下を3馬身差で圧勝した福島で反撃する。

▲……カイザーメランジェも前走、このレースと好相性のさくらんぼ特別で鋭く差し込んでクビ差の2着。勝ちは逃したものの、芝1200Mだと末脚の切れが違う。芝の6ハロン戦は(1.1.0.0)と得意。引き続き同舞台ならV争いは必至だ。

△1……前走の御池特別でエルカミーノレアルは0秒6差の8着。新潟遠征からの連闘策で馬体重6キロ増とやや太め残り、スピード決着も合わなかった。一息入れて立て直して、福島コースは(2.0.3.2)と好相性。最終週の馬場で巻き返す。

△2……ラストプリマドンナは昨年8月にデビューして、2、1、2、2、1着。出世は遅れているが、素質上位は明らか。昇級戦、古馬相手と条件は厳しいが、安定したレースぶりから今回も好勝負に持ち込める。

△3……前走の袖ケ浦特別でジュンザワールドは9着。後方で脚をためていたが、ペースが落ち着き展開が向かなかった。一息入れて立て直されての参戦となるが、休み明けを苦にしないタイプ。仕掛けどころ次第で上位争いになる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 タイキパラドックス        
1 2 ムスコローソ    
2 3 カイザーメランジェ    
2 4 ジョンブリアン        
3 5 ウィズアットレース        
3 6 エルカミーノレアル
4 7 ヴェアリアスサマー      
4 8 ジュンザワールド    
5 9 ナムラアッパー        
5 10 ラストプリマドンナ
6 11 レヴァンタール        
6 12 シンボリバーグ    
7 13 クラウンアゲン      
7 14 ミエノドリーマー    
8 15 リバティーホール        
8 16 ビリーバー        

買い目

大多10=6 10=12 10-2 10-3 6=12
綾恵6=10 6=2 6-13 6-14 10=2
山田6=7 6=10 6=8 7=10 7=8 10=8
たま12=14 12=3 12=6 12=8 12=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。