IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年7月15日(日)

11R

2018年7月15日(日) | 2回函館4日 | 15:45発走

第54回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサクラアンプルール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.0

昨夏の札幌記念(G2)覇者。前走・日経賞(G2)は不慣れな長距離戦ながら0秒2差3着に善戦し、地力の高さを示した。ベストの2000M(3勝)への距離短縮はプラス材料で、洋芝も歓迎。休み明けでも順調に乗り込まれており、トップハンデ克服は可能とみる。

○対抗はスズカデヴィアス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

前走・新潟大賞典(G3)を差し切り、重賞初制覇。キャリアを重ねて着実に力をつけ、7歳にして充実期を迎えた印象だ。ひと息入ったものの、ここに向けて調整は順調。小回りコースも苦にしないため、洋芝に対応できれば今回も有望だろう。

▲単穴はトリコロールブルー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.7

昨秋から(3.0.1.1)と好調をキープ。レコード決着となった前走・鳴尾記念(G3)でも3着を確保するなど、地力強化がうかがえる。まだ気性面に課題を残すため、輸送のない滞在競馬はプラスになりそう。叩き2戦目の好ローテで初タイトルを狙う。

△抑えはブラックバゴ。△穴はブレスジャーニー。


今週のワンポイントアドバイス

たたき上昇、ブレスジャーニー

過去10年、連対馬は4-1、4-10、2-1、4-12、4-8、3-7、2-8、3-10、3-13、5-14番人気の組み合わせで決まった(2009年は札幌競馬)。上位1〜3番人気は2、2、3連対と不調で、7〜14番人気から計8頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
8000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……3回

上位人気が不振で、3けた配当で収まったことはなく、万馬券が3回も出る波乱となっている。

また、3連単配当は1万、12万、2万、40万、15万、10万、8万、12万、23万、91万円台。10回中7回で10万超の高配当が飛び出す難解なレースとなっている。ちなみに、3着は2、8、5、7、7、8、7、7、9、7番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組11頭、オープン特別組9頭。重賞組とオープン特別組はほぼ互角となっている。

路線別(着順)は巴賞(4、1、3、6、5、8、6着)組が7連対でトップ。次いで、目黒記念(1、2、6着)組が3連対、2連対でエプソムC(3、3着)組、新潟大賞典(4、10着)組などが続いている。

年齢別は3〜8歳以上馬が0、5、4、3、4、4連対。連対率は0、31、11、6、14、15%。幅広い世代から連対馬が出ているが、率で4歳馬が他世代を大きくリードしている。

トップハンデ馬は4、7、10、8、8、1、2、4、10、11着。ハンデ頭は10回中2回で連対しただけ。トップハンデ馬はアテにならない。

また、10年以降に函館競馬場でフルゲート(16頭立て)で行われた8回の枠番別成績を見てみると、
1枠【0.1.2.13】
2枠【3.2.1.10】
3枠【3.0.0.13】
4枠【1.2.1.12】
5枠【0.1.1.14】
6枠【1.1.0.14】
7枠【0.1.1.14】
8枠【0.0.2.14】
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠の7勝2着5回に対して、外の5〜8枠が1勝2着3回。内枠が外枠を圧倒している。


◎……ブレスジャーニーは前走の巴賞で5着。大外からレース最速の脚で追い込んたが、上位勢とは道中の位置取りの差で0秒1差届かなかった。2歳時とはいえ、重賞を2連勝した実力馬。3カ月半ぶりをたたき2戦目で一変する。

○……7歳にしてスズカデヴィアスは前走で重賞初制覇。何度も上位争いしてきた馬が、念願の初タイトルを獲得した。長くいい脚を使ってベテラン健在をアピールした。全5勝は2000〜2200M戦。重賞連覇も視野に入る。

▲……前走の日経賞でサクラアンプルールは0秒2差の3着。ハイレベルのG2戦を外からレース最速の上がりで追い込んだ。目標は連覇のかかる札幌記念で、トップハンデ57.5キロも気にかかるが、洋芝適性は高い。

△1……トリコロールブルーは今年に入って準オープン、オープン特別を連勝。ともにレース最速の上がりで差し切った。初重賞挑戦の前走・鳴尾記念は3着に敗れたが、3カ月ぶりを思えば内容は悪くない。昨年に札幌で1000万下勝ち。この時期を得意にしている。

△2……エアアンセムは7歳馬。1年間の休養で条件クラスが長かったが、3走前にオープン入りして、2、5着。3歳時代に重賞でも活躍していた片鱗を見せた。相手なりに走れるタイプ。軌道に乗れば怖い存在だ。

△3……前走の中山金杯でブラックバゴは0秒1差の4着。差し切りはならなかったが、次走につながる豪快な追い込みを見せた。昨年この舞台で1分58秒8の好時計で準オープン勝ち。6カ月ぶりの実戦でも大駆けに警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラックバゴ  
2 2 カデナ        
2 3 サクラアンプルール
3 4 クラウンディバイダ      
3 5 スズカデヴィアス
4 6 エアアンセム    
4 7 トリコロールブルー    
5 8 ロジチャリス        
5 9 カレンラストショー        
6 10 ブレスジャーニー  
6 11 マイネルハニー        
7 12 ナスノセイカン        
7 13 ナイトオブナイツ      
8 14 エテルナミノル        
8 15 ゴールドサーベラス        

買い目

大多3=5 3=7 3-1 3-10 5=7
綾恵3=5 3=13 3-4 3-6 5=13
山田5=10 5=1 5=3 10=1 10=3 1=3
たま10=5 10=3 10=1 10=6 10=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。