2018年8月19日(日)

11R

2018年8月19日(日) | 2回札幌2日 | 15:45発走

第54回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサクラアンプルール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.9

休み明けの前走・函館記念(G3)で連対確保。勝ち馬には半馬身届かなかったが、トップハンデを思えば負けて強しの内容だった。小回り向きの器用さがあり、札幌コースでは昨年の当レースを制覇。他の有力馬の多くが休み明けで臨む中、ひと叩きされている点も強みだ。昨年と同じローテーションで連覇に挑む。

○対抗はマカヒキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.1

16年のニエル賞(国際G2)制覇以降は勝ち星から遠ざり、今回は骨折からの復帰戦。海外遠征の疲労が尾を引いた印象だが、昨年のジャパンC(G1)で4着に入るなど、トップ戦線で大崩れなく走った。今週の追い切りではブランクを感じさせない動きで状態の良さをアピール。条件は厳しいが、ダービー馬の意地を見せたいところだ。

▲単穴はネオリアリズム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.59.9

昨年のクイーンエリザベス2世C(国際G1)を制した実績馬。前走・ドバイターフ(国際G1)は8着と案外だったが、落鉄の影響もあり力を発揮できなかった印象だ。札幌で3戦3勝とコース適性が高く、一昨年の当レースではモーリス(G1・6勝)に快勝。海外遠征明けでも軽視は禁物だろう。

△抑えはミッキースワロー。△穴はサングレーザー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

連覇濃厚、サクラアンプルール

過去10年、連対馬は5-1、7-1、1-5、1-5、4-1、2-8、2-1、5-8、5-1、6-12番人気の組み合わせで決まった(2013年は函館競馬)。1番人気は7連対(2勝2着5回)と期待に応えているが、2、3番人気が2、0連対と不調。人気薄の6〜12番人気からも計5頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…5回
4000円台…1回
万 馬 券……2回

10回中7回は2000円未満に収まっているが、1、2番人気が連から消えた年に、1万4080円、3万7670円の高配当が飛び出している。

一方、3着に3、4、7、2、2、14、7、4、4、1番人気が入った3連単配当は、1万、3万、3万、1万、1万、7万、1万、23万、2万、20万円台。馬連で万馬券が出た年に2度20万円台の波乱となったが、8回は荒れても7万円台止まり。全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

連対馬のクラス別は、G1組9頭、G2組1頭、G3組10頭。重賞以外からの参戦馬は減点対象になる。

路線別(着順)は7連対の函館記念(7、3、1、3、6、9、7着)組がトップ。次いで、宝塚記念(3、13、9、1着)組が4連対、2連対のオークス(1、2着)組の順。上記路線からの参戦馬なら前走成績に関係なく巻き返しが可能となっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が11、28、40、30、35頭出走して、2、4、7、4、3連対。連対率は18、14、18、13、9%。5歳馬が他世代をリードしている。

性別は牡馬が122頭出走して17連対(連対率14%)、牝馬は22頭で3連対(同14%)。牝馬は出走頭数が少なく連対数で見劣るものの、率で互角に健闘している。


◎……サクラアンプルールは前走・函館記念で半馬身差の2着。先に動いた勝ち馬には及ばなかったが、4カ月ぶり、トップハンデ57.5キロで次走につながる鋭い伸びを見せた。もともとが叩き良化型。連覇への態勢は整った。

○……マイスタイルは1000万、準オープンと連勝。中でも前走の五稜郭Sは好スタートからハナに立ち、後続を3馬身ちぎる圧勝だった。実績では劣るが、連勝中の馬は1頭だけ。勢いなら一番だ。

▲……ゴーフォザサミットは今年のダービー7着。1コーナーの不利でラスト伸びを欠いたが、前哨戦の青葉賞を2馬身差で圧勝した力量馬だ。ダービーからの連対馬はいないが、一昨年、直行したレインボーラインが3着。3歳馬が連対率でトップタイのデータもある。

△1……クロコスミアは昨年、北海道シリーズをステップに府中牝馬Sを制覇。続く、エリザベス女王杯で2着と好走した。ここ2戦の京都記念8着、ドバイターフ7着は、2走前は道中で掛かり、前走は初の海外遠征と敗因はハッキリしている。札幌は4、3、4、1着と好相性。一変があっても驚けない。

△2……ネオリアリズムは春のドバイターフで見せ場なく8着と敗退。帰国後の立て直しがカギとなるが、香港G1勝ちの実力馬で、一昨年の当レース勝ち馬。久々も苦にしないだけに、連下には押さえておきたい。

△3……マカヒキはフランス遠征の反動か、昨年は未勝利。とはいえ、毎日王冠(6着)以外は掲示板を確保している。一昨年のニエル賞以来勝ち星から遠ざかっている上に、昨年のジャパンC以来の実戦。過大な期待はできないが、ノーマークにするのは危険か。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マルターズアポジー        
1 2 サングレーザー    
2 3 アストラエンブレム        
2 4 マイスタイル    
3 5 マカヒキ  
3 6 クロコスミア      
4 7 ゴーフォザサミット      
4 8 ネオリアリズム    
5 9 サクラアンプルール
5 10 スティッフェリオ        
6 11 ナイトオブナイツ        
6 12 サウンズオブアース        
7 13 スズカデヴィアス      
7 14 ミッキースワロー  
8 15 モズカッチャン      
8 16 アイトーン        

買い目

大多9=5 9=8 9-2 9-14 5=8
綾恵14=5 14=9 14-4 14-15 5=9
山田14=2 14=13 14=9 2=13 2=9 13=9
たま9=4 9=7 9=5 9=6 9=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。