IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年12月17日(日)

11R

2017年12月17日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

予想

◎本命はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.33.0

前走・サウジアラビアRC(G3)を制し、デビュー2連勝で重賞制覇。好位から楽々と後続を突き放し、圧巻の2歳コースレコードを叩き出した。稍重馬場で翌日の古馬1000万下を1秒7も上回っており、素質の高さは計り知れない。阪神の急坂も既にクリアしており、無傷での戴冠も十分可能とみる。

○対抗はタワーオブロンドン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから4戦3勝、2着1回。前走・京王杯2歳S(G2)は中団待機から豪快に差し切り、非凡な瞬発力を披露した。スローペースでもしっかり折り合った内容から、1ハロン延長も問題ないだろう。前々走・ききょうS(オープン)では関西遠征をものともせずに快勝しており、長距離輸送も克服済み。G1でも好勝負が期待できる。

▲単穴はステルヴィオ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.33.3

前走・サウジアラビアRC(G3)はダノンプレミアムに敗れたものの、上がり3ハロンはメンバー最速の33秒5。4コーナー16番手から猛追して2着に入ったように末脚は確かだ。初年度から好調な成績を挙げているロードカナロア産駒の筆頭格。決め手が生きる展開になれば出番は大いにある。

△抑えはファストアプローチ。△穴はダノンスマッシュ。


今週のワンポイントアドバイス

G1に王手、タワーオブロンドン

中山競馬場で行われていた2007〜13年の7回分と、阪神の3回分を合わせた過去10回のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は3-10、2-5、1-2、5-4、1-4、7-1、4-6、1-14、2-1、6-7番人気の組み合わせで決着。上位1〜3番人気は5、3、1連対で、6番人気以下からも伏兵馬が6頭連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
4000円台…1回
5000円台…1回
7000円台…1回
8000円台…1回
万 馬 券……1回

半数の5回は2000円未満の堅い配当で決まっているが、14年の1万4050円の万馬券や7000円以上の高配当も2回。人気薄の馬の食い込みにも警戒が必要となっている。

一方、3着には4、1、5、2、8、3、5、3、11、12番人気が入線し、3連単配当は13万円台、1万円台、6720円、6万円台、3万円台、5万円台、16万円台、13万円台、3万円台、22万円台。09年こそ4けたの堅い配当で収まったものの、10回中4回も10万円超の万馬券が飛び出す難解なレースとなっている。

また、連対馬のクラス別は、重賞組13頭、500万下組6頭、新馬組1頭。10年までは重賞組同士が1、2着するハイレベルの組み合わせだったが、その後の6回は条件組が必ず連に絡んでいる。重賞組が強いというデータは出ていない。

ステップは6連対の京王杯2歳S組がトップ。次いで、東京スポーツ杯2歳S組が4連対で続き、ベゴニア賞組3連対、デイリー杯2歳S組2連対の順となっている。

連対馬20頭のキャリア別は1〜6戦以上馬が5、27、50、47、20、15頭出走して、1、6、6、4、3、0連対。連対率は20、22、12、9、15、0%。19頭までがキャリア2〜5戦馬だった。

関東馬53頭、関西馬110頭、地方馬1頭で争った所属別は11、9、0連対。連対率は各21、8、0%。関東馬が優勢だったが、中山から阪神に舞台が替わった3年に限ると、2対4。ホームで戦える関西馬が反転攻勢を見せている。

なお、阪神競馬場で開催された3回の枠別成績を見ると、
1枠(1.0.0.5)
2枠(0.0.1.5)
3枠(0.1.0.5)
4枠(0.0.0.6)
5枠(0.1.0.5)
6枠(0.1.0.5)
7枠(0.0.2.6)
8枠(2.0.0.6)
(14、16年はフルゲート18頭、15年は16頭立て)

内の1〜4枠の(1.1.1.21)に対して、外の5〜8枠が(2.2.2.22)。回数は少ないものの、内枠より外枠が有利の数字が出ている。


◎……タワーオブロンドンは重賞を含む4戦3勝と実績ナンバーワン。前走の京王杯2歳Sは直線で追い出しを待つ余裕の競馬で、上がり33秒2をマークして2馬身差で圧勝した。決め手は世代トップ級で、阪神は2走前に勝利したコース。G1奪取のチャンスだ。

○……相手は中央転入初戦となるダブルシャープ。3走前のクローバー賞で◎を下してオープン入り。その後2戦はまともに競馬をしておらず決して力負けではない。芝適性は明らかで能力はここでも通用する。

▲……ダノンプレミアムはやや重の新馬戦を4馬身差で圧勝し、続くサウジアラビアロイヤルCもレコード勝ち。いずれも2番手から危なげなく抜け出す強い競馬だった。前走の反動が気がかりで3番手としたが、無傷の3連勝も十分可能だ。

△1……前走のサウジアラビアロイヤルCでステルヴィオは2着。外16番枠で後ろからとなったが、レース最速の上がりで猛追し、0秒3差まで迫った。3戦して2勝2着1回と資質は確か。このメンバーでも侮れない。

△2……ファストアプローチは前走の芙蓉Sで2着。勝ち馬に0秒2差をつけられたが、枠順の内外によるもので力負けとはいい切れない。大きなフットワークから阪神の外回りコースは歓迎。混戦になれば出番はある。

△3……ダノンスマッシュは2戦目の未勝利戦を2馬身差で勝ち、続くオープン特別のもみじSも3馬身差で圧勝した。初のマイル戦となるが、阪神コースに勝ち鞍があり、折り合いにも不安はない。強敵相手でも軽視は禁物か。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンプレミアム
1 2 フロンティア        
2 3 タワーオブロンドン
2 4 ライトオンキュー        
3 5 ケイアイノーテック      
3 6 アサクサゲンキ      
4 7 ヒシコスマー        
4 8 ファストアプローチ    
5 9 ムスコローソ        
5 10 ステルヴィオ  
6 11 カシアス      
6 12 ダノンスマッシュ    
7 13 アイアンクロー        
7 14 ダブルシャープ    
8 15 ケイティクレバー        
8 16 イシマツ        

買い目

大多1=3 1=10 1-8 1-12 3=10
綾恵1=3 1=11 1-5 1-6 3=11
山田10=1 10=3 10=14 1=3 1=14 3=14
たま3=14 3=1 3=8 3=10 3=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。