IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年9月17日(日)

11R

2017年9月17日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第35回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

予想

◎本命はリスグラシュー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.2

阪神コースは2度のG1レース(阪神JF、桜花賞)2着を含め(1.2.1.0)の好成績。前走・オークス(G1)は行きたがったうえに直線で進路が狭くなったが、それでも5着に食い込むあたり、相当な能力を秘めている。1800Mの未勝利戦でレコード勝ちを収めたことからも距離短縮はプラスに働きそう。スムーズな競馬で秋の主役に躍り出る。

○対抗はファンディーナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.48.7

69年ぶり牝馬Vに挑んだ前走・皐月賞(G1)は堂々の1番人気。7着に敗れ偉業達成とはならなかったが、レコード決着で勝ち馬と0秒5差なら悲観する内容ではない。中山1800MのフラワーC(G3)を圧勝したように、急坂を問題にしないパワータイプ。大型馬の休み明けだが、牝馬相手なら格好はつけてくれるはずだ。

▲単穴はレーヌミノル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

阪神コース(1.1.1.0)が舞台なら、桜花賞馬のプライドが黙っていない。前走・オークス(G1)は折り合いこそついたものの直線で失速。2400Mは長すぎたようで、実力を発揮できなかった。今回も初距離への対応がカギとなるが、克服できれば2冠達成へ視界が開ける。

△抑えはモズカッチャン。△穴はミリッサ。


今週のワンポイントアドバイス

女傑への序章、ファンディーナ

牝馬3冠の最終秋華賞の切符3枚をかけて、18頭の乙女が仁川の舞台で激戦を繰り広げる。過去10回のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は1-2、7-9、5-1、4-6、1-10、1-2、1-9、2-15、7-1、1-11人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は7、3、0連対の成績。1番人気は期待に応えているが、2、3番人気は3、0連対と不振で、6番人気以下から8頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
5000円台…1回
7000円台…3回
万 馬 券……2回

伏兵馬の健闘で2008年と14年に2万3040円、2万1060円の万馬券が飛び出している。

また、3着に3、1、10、5、7、3、10、9、2、6番人気が入線した3連単配当は、1080円、15万円台、9万円台、19万円台、13万円台、800円、26万円台、75万円台、2万円台、10万円台。こちらも10回中6回で10万超の万馬券が出る難解なレースとなっている。

クラス別は重賞組16連対、オープン特別組1連対、500万下組2連対、未勝利組1連対。重賞組の強さは認めるものの、500万下組と未勝利組の3連対は13〜15年にマークしたもの。実績で見劣る下級条件馬にも警戒が必要となっている。

路線別(着順)はオークス組が13連対と他路線を圧倒。そのときの成績は2、9、(4、2)、4、(3、6)、(1、2)、3、1、1、1着。1、2着を独占した3回を含めて、現在10年連続で連対を果たしている。


◎……ファンディーナはデビュー3連勝で殴り込みをかけた皐月賞で0秒5差の7着。69年ぶりの牝馬優勝はかなわなかったが、牡馬一線級を相手に4コーナー入り口でいったん先頭に立つなど並みの馬ではないことをアピールした。芝1800M戦は3戦全勝。ローズS優勝を女傑への序章としたい。

○……前走のオークスでリスグラシューは5着。道中折り合いを欠き、直線でも窮屈になるなど不利がありながら0秒8差と大きく崩れなかった。G1の阪神ジュベナイルFと桜花賞での2着実績は世代トップ級。レコード勝ちした阪神の芝1800Mで巻き返す。

▲……古馬混合の五頭連峰特別(1000万下)をメイショウオワラは快勝。4カ月ぶりの実戦だったが、32秒7の末脚で差し切った。1800MはスイートピーSの1回だけだが、出遅れを挽回した直線の追い上げは際立っていた。重馬場で2勝。台風にも強そうだ。

△1……やや重の桜花賞をレーヌミノルは好位から鮮やかに差し切り勝ち。2冠を狙った前走オークスはリズム良く追走したが、直線を向いて後退。やはり2400Mは長かった。立て直しての参戦となったが、スピード能力は世代屈指。桜の女王の復権に期待したい。

△2……ミリッサは昨年の当レースの覇者シンハライトの妹。前走の有松特別は古馬が相手だったが、着差以上に強い競馬でレコード勝ちした。5戦中3戦でレース最速の上がりをマーク。先行勢が止まる流れになれば出番は十分にある。

△3……カラクレナイは桜花賞4着。オークスをパスして臨んだNHKマイルCだったが、初の左回りと長距離輸送で力を出し切れなかった。ひと夏を越して馬体が一回り成長。距離を克服すれば上位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 クイーンマンボ        
1 2 モズカッチャン    
2 3 サトノアリシア        
2 4 ミスパンテール        
3 5 ミリッサ  
3 6 リスグラシュー
4 7 メイズオブオナー        
4 8 ブラックスビーチ      
5 9 アロンザモナ        
5 10 レーヌミノル
6 11 メイショウオワラ      
6 12 ブライトムーン        
7 13 ハローユニコーン        
7 14 ラビットラン        
7 15 カラクレナイ    
8 16 カワキタエンカ        
8 17 ファンディーナ  
8 18 ヤマカツグレース        

買い目

大多6=17 6=10 6-2 6-5 17=10
綾恵2=6 2=17 2-8 2-10 6=17
山田6=10 6=5 6=15 10=5 10=15 5=15
たま17=6 17=11 17=5 17=10 17=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。