2017年6月25日(日)

11R

2017年6月25日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第58回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.12.8

天皇賞・春(G1)を連覇し、G1レース5勝目をマーク。ライバルのサトノダイヤモンドを圧巻のレコードで破り、現役最強を堂々と証明した。昨年の当レースは3着に敗れたが、馬場が悪い中、ハイペースの逃げで僅差に粘っており、負けて強しと言える内容。当時より格段に力をつけており、勝負付けがほぼ済んでいる今回のメンバーなら当然最有力だ。ファン投票1位に応え、春の古馬3冠を達成する。

○対抗はシュヴァルグラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.11.9

前走の天皇賞・春(G1)はキタサンブラックの2着に善戦。本馬も以前のレコードを大きく上回るタイムをマークし、2強の一角だったサトノダイヤモンド(3着)に先着を果たした。晩成傾向の強いハーツクライ産駒の5歳馬で、円熟期はこれから。この中間は攻めを強化し、臨戦態勢も万全だ。虎視眈々と逆転を狙う。

▲単穴はゴールドアクター。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.11.9

3走前の有馬記念(G1)は連覇こそを逃したものの、僅差の3着。好位からの正攻法で粘り強く脚を伸ばし、キタサンブラック(2着)から半馬身差に食い下がった。非根幹距離に強いタイプで、2200Mは(2.1.0.0)と得意。阪神は初めてだが、内回りコースなら、立ち回りの上手さを発揮できそうだ。グランプリホースの底力に要警戒。

△抑えはシャケトラ。△穴はサトノクラウン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、シャケトラ

ファン投票で選出された精鋭11頭が夏のグランプリで激戦を繰り広げる。

堂々の1位で選出されたキタサンブラックが期待に応えて優勝し、春の古馬3冠(大阪杯、天皇賞・春、宝塚記念)勝利で褒賞金2億円を獲得するか。それともライバルたちが3連勝を阻止するのか。

過去10年のデータからレース傾向を見てみたい。

連対馬は3-2、5-1、2-3、8-1、6-1、1-2、2-5、1-9、6-10、8-1番人気の組み合わせで決着した。

上位1〜3番人気は6、4、2連対と威張れる成績ではなく、6〜10番人気以下からも6頭が連対している。

馬連配当は
1000円台…4回
2000円台…2回
5000円台…2回
8000円台…1回
万 馬 券……1回

一昨年、6、10番人気の伏兵馬同士のワンツーフィニッシュで1万2900円と荒れたが、9回は1、2番人気のどちらかが連対。最高配当は8000円台止まりとなっている。

また、3着に4、11、1、3、3、6、1、8、11、2番人気が入った3連単配当は、1万、5万、1万、7万、1万、1万、2万、25万、52万、2万円台。14年に25万1440円と荒れ、15年にも52万8510円の波乱となっている。フルゲート18頭立ては1回だけだが、2けた人気馬の健闘も目立っている。

クラス別はG1組12頭、G2組4頭、G3組3頭、オープン特別組1頭。10年にメトロポリタンSからナカヤマフェスタが優勝しているが、19頭は重賞組。上半期の最強馬を決定するレースだけに、オープン特別からの連対馬はめったに現れない。なお、今年は11頭すべてが重賞からの臨戦となっている。

路線別は7連対の天皇賞(春)組がトップ。3連対で金鯱賞組と鳴尾記念組が続き、これをクイーンエリザベス2世C組とヴィクトリアマイル組が2連対で追っている。

最多連対の天皇賞(春)組は3回連を外しているが、そのうち2回は3着を確保。この組が複勝の対象とならなかったのは1回。天皇賞(春)組絡みの馬券は必ず押さえておきたい。

連対馬の前走成績は【7.4.4.1.1.3】(上から1〜5着、着外)。20頭中17頭は前走5着以内に好走している。掲示板を外して巻き返した3頭はともに天皇賞(春)からの参戦で、11、7、10着からの巻き返しだった。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、7、9、4、0連対。連対率はそれぞ0、14、21、14、0%。5歳馬が他世代を一歩リードしている。

所属別は関東馬が3連対(連対率10%)、関西馬17連対(同14%)、地方馬は2頭で連対なし。関西馬が他所属馬を引き離している。

過去57回のファン投票第1位馬は、23勝、2着16回。勝率40%、連対率68%とファンの期待に応えている。なお、今年のファン投票上位10頭からはキタサンブラック(1位)、シュヴァルグラン(3位)、ゴールドアクター(5位)、ミッキークイーン(6位)、サトノクラウン(8位)の5頭が出走している。


◎……天皇賞(春・G1)で本命に推したシャケトラでもう一度勝負する。デビューから7戦で(4.1.1.1)の成績。前走で初めて複勝圏を外して9着と敗れたが、序盤に掛かって行ってしまった分、直線でスタミナが切れ、距離3200Mも長かったか。2走前の日経賞でゴールドアクターらを豪快に差し切り勝ち。G1で通用することは証明済み。阪神は3戦3勝の舞台で、距離短縮も買い材料だ。

○……シュヴァルグランは前走の天皇賞(春)で0秒2差の2着。キタサンブラックには完敗したが、サトノダイヤモンドに競り勝って地力をアピールした。展開不向きの昨年のジャパンCで3着、有馬記念でも0秒5差の6着と善戦。仕掛けどころひとつで差し切れる。

▲……1番人気に応えてキタサンブラックは大阪杯、天皇賞(春)を連勝し、G1レース5勝目を挙げた。特に前走はディープインパクトのレコードを0秒9も上回る高速時計で圧勝した。2億円のボーナス獲得を狙う現役最強馬の壁は厚いが、春のG1も3戦目。そろそろ疲労が出ても不思議はないはず。人気集中で馬券的な妙味の薄い今回は単穴の評価とした。

△1……ゴールドアクターは15年の有馬記念でキタサンブラックを破り、昨年のグランプリでも0秒1差の3着と好走した。ここ2戦で5、7着と連対を外しているが、2走前は3カ月の休み明け、前走はパドックの気配が今ひとつだった。昨秋のオールカマー以来勝ち星から遠ざかっているが、互角の能力を秘めている。

△2……昨年末の香港ヴァーズでサトノクラウンは世界の強豪を撃破。続く遠征帰り初戦の京都記念も快勝した。前走の大阪杯6着は、スピード勝負の良馬場では分が悪く、2000Mの距離も忙しかったようだ。天気予報が当たれば道悪馬場。ライバルが苦にするようだと一気に首位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミッキーロケット        
2 2 ゴールドアクター  
3 3 スピリッツミノル        
4 4 クラリティシチー        
5 5 シュヴァルグラン
6 6 シャケトラ  
6 7 レインボーライン        
7 8 ミッキークイーン    
7 9 ヒットザターゲット        
8 10 キタサンブラック
8 11 サトノクラウン  

買い目

大多10=5 10=2 10-6 10-11 5=2
綾恵10=11 10=5 10-6 10-8 11=5
山田10=5 10=8 10=2 5=8 5=2 8=2
たま6=5 6=10 6=2 6=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。