2017年11月19日(日)

11R

2017年11月19日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第34回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10300、4100、2600、1500、1030万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はレッドファルクス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.6

秋初戦のスプリンターズS(G1)を制し、史上3頭目の連覇(G1昇格以降)を達成。これで近8戦で5勝(ダート含む)とまさに絶頂期と言える充実ぶりを見せている。春の安田記念ではキャリア2戦目の1600Mでクビ+クビ差3着の接戦を演じており、距離適性は証明済み。京都は初めてだが、目下の勢いなら2階級制覇も十分に可能とみる。

○対抗はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.9

前哨戦の富士S(G3)で連対確保。休み明けで斤量58キロを背負っていたことを思えば、上々の滑り出しと言える。14年の皐月賞(G1)を制するなど重賞5勝の実績を誇り、春に当舞台で行われたマイラーズC(G2)ではエアスピネルに快勝している。当レースでは一昨年3着、昨年2着と悔しい思いをしているが、3度目の正直で雪辱を果たしたい。

▲単穴はエアスピネル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.7

芝1600Mでは(4.2.1.1)と相性抜群。前哨戦の富士S(G3)では不良馬場を苦にせず、豪快に差し切った。京都マイルでは重賞2勝を挙げるなど、舞台適性も高い。これまでG1では2、4、4、3、5着と善戦止まりだが、得意舞台なら待望の戴冠まである。

△抑えはサングレーザー。△穴はペルシアンナイト。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

2刀流でV、レッドファルクス

秋のマイル王決定戦。今年は確たる主役不在の混戦模様となっている。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は1-4、4-1、1-14、13-1、5-11、4-1、2-3、8-3、4-2、3-2番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は5、3、3連対と威張れる成績ではないが、伏兵馬の連対も8番人気以下の4連対と少ない。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…4回
2000円台…1回
3000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……2回

14番人気が2着に食い込んだ2009年に6690円の中波乱となり、その後2年も1万4240円、1万2800円と荒れた。しかし、ここ5年は4000円未満でほぼ平穏に収まっている。

一方、3連単の配当は2万、5万、10万、47万、27万、5万、1万、19万、1万、4万円台。こちらは10万超の高配当が4回も飛び出す波乱含みとなっている。ちなみに、3着は5、10、2、6、4、5、1、9、1、7番人気だった。

連対馬20頭のステップ(着順)はスワンS(1、8、1、2、3、2着)組が6連対でトップ。次いで、富士S(9、1、1、7、2着)組5連対、3連対で天皇賞・秋(9、1、8着)組が続き、2連対のスプリンターズS(6、2着)の順。なお、残る4頭は安田記念(1着)組、京都大賞典(3着)組、毎日王冠(1着)組、府中牝馬S(1着)組だった。

ただ、2走前に注目すると、安田記念組が7連対、毎日王冠組も4連対。前哨戦としては1連対と目立たないが、この2路線を経由して出走してくる馬には警戒が必要となっている。

出走間隔は一昨年に安田記念から直行したモーリスを除くと19頭は10月以降に最低1度はレースに参戦していた。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、8、8、3、1連対。連対率はそれぞれ0、22、14、9、5%。4、5歳馬が8連対で並んでいるが、率で4歳馬が一歩リードしている。

性別は牡馬148頭と牝馬31頭で争い19対1。牝馬は苦戦している。

東西対決(外国馬を除く)は関東馬が58頭出走して5連対(連対率9%)、関西馬は114頭で15連対(同13%)。関西馬が強いが、ここ2年に限ると関東馬は、(1、3着)(2、3着)と好走している。

また、枠別成績(14年以外はフルゲート18頭立て)は
1枠(1.1.1.17)
2枠(1.1.1.17)
3枠(2.0.1.17)
4枠(2.5.0.13)
5枠(0.1.0.19)
6枠(1.0.1.18)
7枠(1.1.5.22)
8枠(2.1.1.26)

一見すると枠の内外による有利不利は見られないが、内の1〜4枠の13連対に対して、外の5〜7枠が7連対。勝利数、連対数とも内枠が外枠を上回っている。


◎……本命にレッドファルクスを指名する。距離不安をささやかれた2走前の安田記念で外からよく伸びてクビ+クビ差の3着。直線で外にチェンジするロスがなければという脚色だった。スプリンターズSを連覇した末脚は強烈。スプリンター、マイラーの2刀流でG1レース3勝目を奪取する。

○……イスラボニータは皐月賞Vを含めてG1で1、2、3、9、3、3、5、2、8着の成績。馬券圏外が3回あったが、共通点は左回りの東京コースだった。前走の富士Sを勝ち切れなかったが、久々、58キロで道悪。2着はむしろ負けて強しの競馬だった。京都は(1.1.1.0)と好相性。悲願のG1レース2勝目に全力投球で臨む。

▲……昨年の3冠レースでエアスピネルは4、4、3着。G1タイトルに届かなかったのは、結果として距離が向かなかったか。今年はマイル戦に矛先を変えて、1月に京都金杯、前走・富士Sと重賞を制覇した。京都コースは(2.1.1.0)と得意。マイルで悲願のG1奪取を狙う。

△1……サトノアラジンは前走の天皇賞(秋)で大差の18着負け。ただでさえ道悪ベタが、あの不良馬場では力を出し切れない。3走前に安田記念を勝ち、続く毎日王冠でもクビ差の2着。このメンバーでも十分通用する地力を秘めている。良馬場での反撃に警戒したい。

△2……勢いならサングレーザーが一番。5月から4連勝中で、道悪だったとはいえ、前走ではレッツゴードンキ(桜花賞馬)を降している。マイルは(0.1.2.1)の成績。勝ち星はないが、初勝利が芝1800Mなら心配ない。速い持ち時計がなく、唯一の不安は高速決着か。

△3……3番人気に支持された前走の富士Sでグランシルクは9着。道悪で自慢の末脚を発揮できなかったのが痛かった。その前走を除くと、今年は(1.3.2.0)と常に上位争いを続けている。関西遠征は過去1度だけで、京都コースも初というマイナス材料を露出しなければV争いに浮上する。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラックムーン        
1 2 アメリカズカップ        
2 3 ヤングマンパワー        
2 4 サングレーザー    
3 5 サトノアラジン  
3 6 ダノンメジャー        
4 7 レッドファルクス
4 8 マルターズアポジー      
5 9 レーヌミノル        
5 10 クルーガー        
6 11 エアスピネル
6 12 イスラボニータ  
7 13 グランシルク      
7 14 ガリバルディ        
7 15 ムーンクレスト        
8 16 ウインガニオン        
8 17 ジョーストリクトリ        
8 18 ペルシアンナイト    

買い目

大多7=12 7=11 7-4 7-18 12=11
綾恵12=11 12=5 12-7 12-8 11=5
山田5=7 5=11 5=18 7=11 7=18 11=18
たま7=12 7=11 7=4 7=5 7=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。