競馬 - エリザベス女王杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2017年11月12日(日)

11R

2017年11月12日(日) | 5回京都4日 | 15:40発走

第42回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9300、3700、2300、1400、930万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はヴィブロス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

春は海外遠征に挑み、ドバイターフ(国際G1)を制覇。並み居る強豪たちを鮮やかに差し切り、ワールドクラスの能力を証明した。前走・府中牝馬(G2)はマイペースで逃げたクロコスミアを捕らえ切れなかったが、帰国初戦でクビ差2着なら上々の滑り出しと言える。ひと叩きされたことで状態はグンと良化。京都での成績も(2.1.0.0)と相性が良い。ライバルたちをまとめて破り、現役牝馬最強を証明する。

○対抗はミッキークイーン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.11.7

一昨年の2冠牝馬。前走・宝塚記念(G1)では一線級の牡馬相手に3着に健闘するなど、現役牝馬トップクラスの実績を誇る。昨年同様、ぶっつけ参戦となったが、休み明けは(1.2.1.0)と鉄砲は利く。今回は割り引いたが、クラシックホースの底力は侮れない。

▲単穴はスマートレイアー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.13.1

休み明けの前走・京都大賞典(G2)で牡馬を破り、重賞4勝目をマーク。7歳秋を迎えたが、能力は衰えるどころか更に高まっている。逃げ、差し自在の脚質は大きな武器で、当レースでは15年に0秒1差の5着。円熟期の今なら、待望のG1制覇も夢ではない。

△抑えはディアドラ。△穴はルージュバック。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

連覇へ態勢万全、クイーンズリング

過去10年、連対馬は1-3、4-1、11-12、4-2、1-2、7-1、2-6、3-1、6-1、3-12番人気の組み合わせで決着した。

1〜3番人気の6、3、3連対は可もなく不可もない成績だが、人気薄の6番人気以下からも6頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…4回
2000円台…1回
万 馬 券……2回

2009年に11、12番人気の1、2着で10万2030円と荒れ、昨年も12番人気が2着に食い込んで1万3710円の万馬券が出ている。しかし、2000円未満の配当も7回。堅いか荒れるかの見極めが必要となっている。

一方、3連単配当は6290円、1万円台、154万円台、1万円台、9430円、5万円台、6万円台、1万円台、2万円台、15万円台。馬連配当が万馬券となった09、16年に154万馬券と15万馬券が飛び出す波乱となっている。ちなみに、3着は2、2、1、1、4、5、5、6、4、2番人気だった。

クラス別は重賞組19頭と1000万下組1頭。オープン特別以下からの臨戦馬には厳しいデータとなっている。なお、重賞組の内訳は、G1組8頭、G2組9頭、G3組2頭となっている。

路線別は6連対で秋華賞組がトップ。これを4連対の府中牝馬S組が追い、オールカマー組と京都大賞典組が3連対で並んでいる。

連対馬20頭全馬が9月か10月に1度はレースに参戦。3着を見てみても10頭中9頭までが該当し、休み明けの馬はマイナス材料になる。

年齢別は3〜7歳以上馬が8、7、4、1、0連対。連対率はそれぞれ17、13、9、7、0%。3歳馬が世代をリードし、6歳以上馬は苦戦している。

また、所属別(外国馬を除く)は、関東馬46頭と関西馬116頭で争い5対13。連対率は11、11%。連対数で関西馬が圧倒しているものの、率は全くの互角となっている。


◎……クイーンズリングは前走出遅れて後方からとなったが、直線外から0秒3差の4着。5カ月ぶり、前の止まらない流れの中で次走につながる末脚を見せた。昨年のこのレースから勝ち星は遠ざかっているが、5カ月ぶりを一度使われた上積みは半端でなく、連覇に向けて万全の態勢で臨める。

○……前走の府中牝馬Sでヴィブロスはクビ差の2着。ドバイからの帰国初戦、6カ月半ぶりの実戦だったが、目標のこのレースへ向けて好発進を決めた。秋華賞、ドバイターフとG1レース2勝の実力馬。秋シーズンも(2.3.0.0)と強く、連を外したことがない。

▲……ルージュバックは前走、牡馬一線級相手のオールカマーを差し切り勝ち。好スタートから4番手に控え、直線インから力強く抜け出した。このレースは一昨年4着だったが、今の充実度なら悲願のG1にも十分に手が届く。

△1……リスグラシューは前走の秋華賞で0秒2差の2着。勝ち馬の決め手に屈したものの、勝負どころから進出して先に抜け出したモズカッチャン(3着)を力でねじ伏せた。3歳牝馬3冠で2、5、2着の実績。古馬相手でも大崩れは考えにくい。

△2……前走の秋華賞でモズカッチャンはリスグラシューとハナ差の3着。序盤に落鉄のアクシデントがあり、早めに抜け出したことで上位2頭の目標となりながらも4着には3馬身差をつけた。晴雨兼用。当日落ち着いていればV争いに浮上する。

△3……スマートレイアーは前走の京都大賞典をレース最速の上がり33秒4の末脚で重賞4勝目を挙げた。牝馬ではトップ級の力量馬だが、G1では秋華賞(13年)2着が最高とあと一押しが利かない。7歳牝馬が前走よりも斤量2キロ増。今回は△が妥当と見た。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 クインズミラーグロ        
1 2 ハッピーユニバンス        
2 3 トーセンビクトリー        
2 4 クロコスミア        
3 5 モズカッチャン    
3 6 リスグラシュー      
4 7 クイーンズリング      
4 8 タッチングスピーチ        
5 9 デンコウアンジュ        
5 10 ミッキークイーン  
6 11 ディアドラ    
6 12 スマートレイアー  
7 13 ジュールポレール      
7 14 ウキヨノカゼ        
7 15 マキシマムドパリ        
8 16 ヴィブロス
8 17 ルージュバック  
8 18 エテルナミノル        

買い目

大多16=10 16=12 16-11 16-17 10=12
綾恵11=16 11=10 11-5 11-17 16=10
山田10=16 10=12 10=13 16=12 16=13 12=13
たま7=16 7=17 7=5 7=6 7=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。