sportsnavi

2017年4月30日(日)

11R

2017年4月30日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第155回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 |

予想

◎本命はサトノダイヤモンド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

ここまでG1レース2勝を含め(7.1.1.0)の好実績。不利を受けた皐月賞(G1)と落鉄した日本ダービー(G1)以外は負けたことがない。昨年の有馬記念(G1)ではキタサンブラックを破り、今年初戦の阪神大賞典(G2)でもコースレコードに0秒1差まで迫る好時計で快勝。4歳を迎えて一流馬の貫禄を漂わせており、今回初めて背負う斤量58キロにも難なく対応できそうだ。さらにG1タイトルを積み重ね、現役最強を証明する。

○対抗はキタサンブラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・3.15.3

昨年は当レースやジャパンC(G1)を制するなど大活躍し、年度代表馬のタイトルを獲得。前走・大阪杯(G1)では好位からの横綱相撲でG1レース4勝目を飾り、格の違いを改めて見せつけた。馬体重も過去最高の540キロまで増え、さらにパワーアップした印象。非凡な先行力とスタミナを誇り、自分でレースを作れるのが最大の強みだ。連覇を成し遂げ、サトノダイヤモンドに敗れた有馬記念の雪辱を果たしたい。

▲単穴はシュヴァルグラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・3.15.5

前走・阪神大賞典(G2)はサトノダイヤモンドの2着に敗れ、連覇達成ならず。相手が強すぎたが、3角から早めに動く積極策で0秒2差に粘った内容は高く評価できる。芝2500M以上で重賞2勝を挙げるなどスタミナに優れ、昨年の当レースでも3着に好走。休み明けをひと叩きされ、上積みも見込めるだけに、一角崩しの場面も考えておきたい。

△抑えはシャケトラ。△穴はディーマジェスティ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力G1級、シャケトラ

今週から6週連続でG1が行われる。第1弾は春の長距離王決定戦。淀の芝3200Mに昨年の年度代表馬キタサンブラックや菊花賞、有馬記念を連覇したサトノダイヤモンドなど17頭の精鋭が結集した。

2強対決に注目が集まるが、2頭のマッチレースになるのか、それとも第3の馬が楯を奪取するのか。過去10年のデータからレース傾向を探ってみたい。

連対馬は2-11、3-2、12-4、2-4、7-3、14-3、2-3、4-3、2-7、2-13番人気の組み合わせで決まった。上位1〜4番人気は0、6、5、3連対の成績。1番人気は絶不調で、2006年のディープインパクト以降連対できず、ここ10年の成績は4、3、9、6、13、11、5、4、7、12着と期待を裏切り続けている。

馬連配当は
2000円台…3回
3000円台…1回
6000円台…2回
万 馬 券……4回

1番人気不振の影響は大きく、10回中4回で万馬券が出る波乱となっている。

また、3着に4、1、5、16、5、2、6、12、10、3番人気が入線した3連単配当は、30万、1万、22万、91万、18万、145万、11万、21万、23万、24万円台。こちらも12年に145万馬券が飛び出し、そのほか10万超の高配当も8回と荒れに荒れまくっている。

ステップは7連対の日経賞組がトップ。次いで、大阪杯組6連対、阪神大賞典組4連対、京都記念組2連対、ダイヤモンドS組1連対の順。20頭中19頭がG2からの臨戦馬だった。

年齢別は4〜7歳上馬が6、7、5、2連対。連対率は13、15、16、4%。7歳以上の高齢馬は苦戦している。

東西対決は関東馬が45頭出走して6連対(連対率13%)、関西馬は124頭で14連対(同11%)。連対数で関西馬が大きくリードしているが、率では関東馬が上回っている。

また、枠順別の成績を見ると、
1枠(5.1.1.12)
2枠(0.2.2.15)
3枠(2.0.1.17)
4枠(1.0.1.18)
5枠(0.1.0.19)
6枠(1.1.3.15)
7枠(0.2.1.24)
8枠(1.3.1.23)
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠と外の5〜8枠に分けると、連対数は11対9。内枠と外枠であまり差はないが、1着回数では内枠が8回、外枠2回。単勝馬券やWIN5を狙うなら内枠からというデータが出ている。


◎……「2強は並び立たず」。強い馬が2頭いる場合、お互いがけん制しすぎてレースにアヤが生じ、どちらか、あるいは両馬が敗れるという競馬の格言だ。そこで本命に第3の馬シャケトラを抜擢する。前走の日経賞は1頭だけ外を回り、レース最速の上がりで先行勢をまとめて差し切った。まだキャリア6戦だが、ここにきての勢いと充実度は群を抜いている。前走最多連対の日経賞を勝ち上がったことから能力G1級は疑いなく、ここでも十分勝ち負けに持ち込める。

○……サトノダイヤモンドは神戸新聞杯→菊花賞→有馬記念と連勝し、昨年の最優秀3歳牡馬に選出された。今年も初戦の阪神大賞典を勝ち重賞4連勝中。走破時計も含めて文句なく、人気のプレッシャーを払しょくできれば当然V争いだ。

▲……前走の阪神大賞典でシュヴァルグランはサトノダイヤモンドと1馬身半差の2着。3コーナー過ぎからロングスパートをかけ直線いったん先頭に立ったが、結果的に追い出しが早かったか。3カ月の休み明けをたたき2戦目。上積みは十分にある。

△1……キタサンブラックはG1レース5勝馬で、ダービー(15年)の14着を除くと(9.2.3.0)。馬券圏を外れたのは1回だけ。ここを勝てば現役最強馬の称号は確実だろう。ただ忘れてならないのは、母の父がサクラバクシンオー。短距離の血がいつ鎌首を上げても不思議はなく、今回は押さえに回した。

△2……一昨年4連勝でゴールドアクターは有馬記念を制覇。その後もG2レース2勝を挙げた力量馬だが、ここ3戦は4、3、5着と結果を出せずにいる。年を重ねて勝ち星から見放されているが、現役屈指の実力馬であることは間違いない。大駆けに警戒したい。

△3……アルバートは3000M以上のレースで4戦3勝。敗れたのは昨年の当レース6着だけ。長距離戦はめっぽう強く、ステイヤーズS2勝、前走のダイヤモンドS1勝。得意のスタミナ戦で昨年の雪辱を果たしても驚けない。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シャケトラ  
1 2 ラブラドライト        
2 3 キタサンブラック
2 4 スピリッツミノル        
3 5 ファタモルガーナ        
3 6 シュヴァルグラン  
4 7 アルバート    
4 8 タマモベストプレイ        
5 9 ディーマジェスティ      
5 10 アドマイヤデウス        
6 11 プロレタリアト        
6 12 ゴールドアクター  
7 13 トーセンバジル        
7 14 ワンアンドオンリー        
8 15 サトノダイヤモンド
8 16 レインボーライン        
8 17 ヤマカツライデン        

買い目

大多15=3 15=6 15-1 15-9 3=6
綾恵3=15 3=1 3-6 3-12 15=1
山田15=12 15=3 15=7 12=3 12=7 3=7
たま1=15 1=6 1=3 1=7 1=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。